ブラタモリのまとめ

【広島】ブラタモリ紹介の歴史・地形観光スポットまとめ…2016.9.25

2017/01/02

ブラタモリ広島編が紹介した、広島の歴史や地形がわかる独自の観光スポットをまとめました。広島旅行や教養のためにぜひご覧ください。

広告

平和記念公園(原爆ドーム)からスタート/ブラタモリ広島

ブラタモリ広島編は、敷地内に原爆ドームを含む、平和記念公園からスタートしました。原爆ドームは、広島駅から広島電鉄で約20分、原爆ドーム前電停すぐ。

テーマは、広島は「ス」テキなシティ。タモリさんは、テーマを聞いた途端に、三角州関連ではと言い当てます。地図を見ても分かるように、平和記念公園も三角州にあり、広島全体には5つの三角州があります。

三角州には地盤が弱いという欠点があります。三角州がどのように、ステキなシティに変わったのでしょうか? 広島カープ、カキ、お好み焼き。いずれも登場しません!との、ナレーションがありました。

しらかみしゃ(白神社)から広島の成り立ちを探る/ブラタモリ広島

shirakami-sha

出典:ウィキペディア

原爆ドームから南東方向へ、10分ほど歩くと、ビルの谷間に小さな神社があります。境内には岩が多数みられます。また、しらかみしゃ(白神社)の名前に、430年前の広島の痕跡が残っています。ヒントは、白い紙。

白神社のある中町一帯がまだ海であった頃、現在神社のある地点は海面から突き出た岩礁であった。そこに衝突する船が後を絶たないため、当時の船人により岩礁上に白い紙がたてられ、海難事故を防止する役目を果たしていた。

しらかみしゃ(白神社)の由来から、430年前、この場所の南には海があったことが分かります。

しらかみしゃ(白神社)は現在の海岸線よりも、4~5キロほど内陸部に位置します。広島のかなり広い部分が、海だったことが分かります。神社の本殿近くにある岩は、海沿いにあった時代の岩礁の名残です。

今から約430年前の1598年、広島城の築城が、広島の発展の原点です。毛利輝元は、山中の吉田郡山城(広島県安芸高田市)を居城としていましたが、大阪城や聚楽第(=豊臣秀吉の政庁・邸宅)を見て、城下町と一体化した城の必要性を感じ取りました。

瀬戸内海沿岸を高い場所から視察し、「最も広い島地」である場所に、広島城の築城を決めました。付近は城下町として発展し、現在の繁栄の原点となりました。

広大附属学校近くの坂道の謎/ブラタモリ広島

タモリさんは、広島電鉄の広大附属学校前電停を降り、広大附属学校の反対側を歩きます。すると、扇状地に似つかわしくない、不思議な坂道がいくつか発見されます。

なぜ三角州に坂道があるのでしょうか?

タモリさんは、広島電鉄の広大附属学校前電停(印)を降り、広大附属学校の反対側(東側)をA地点からB地点へ歩きました。すると坂道は単なる坂道ではなく、堤防のような地形を形成していることが分かります。この堤防は、何のために作られたのでしょうか?

この付近は、八丁堀を中心とした広島の中心部にあるしらかみしゃ(白神社)よりも、1.5キロほど南にあります。つまり、約430年前に広島城ができた当初は、海の底だった場所です。堤防の正体は、干拓堤防です。江戸時代に、三角州の先にある浅瀬を囲い込むように干拓堤防を設け、水抜きをして陸地を広げた名残りです。地元では通称土手と呼ばれていますが、タモリさんが江戸時代にできたことから「江戸堤」(えどつつみ)と命名しました。

江戸堤の痕跡を見たあと、そのまま南西に下り、県病院前電停を過ぎると「黄金山通り」に入ります。広島市立翠町中学校付近のA地点から正面(東側)を見ると黄金山が見えます。

sp_mg_8011

出典:「アウトバック 大好き!」のブログ内「広島の夜景(黄金山)」(fc2ドメインのためリンクを張れませんでした)

黄金山は、広島県民には夜景の美しい場所として知られています(23時~5時は山頂車両規制)。なぜ海のなかに山があったのでしょうか?

黄金山は、干拓以前は、島だったのです。室町時代から戦国時代にかけては、島城である仁保城があったことがわかっています。遺構はほとんど残されていませんが、石垣の一部が残存しているとの情報もあります。

地図右下のA地点から黄金山を見たあと、江戸堤の痕跡を求めて東に歩いていくと、広島南警察署前付近で、江戸堤が大きくねじ曲がることが分かります。現在の山城町公園付近に、海辺を残そうとした所作と見られます。なぜなのでしょうか?

現在の山城町公園付近は、江戸時代には港として機能していたのです。そのため、干拓堤防を南側に作り、水を抜くことを避け、北側に堤防が迂回しています。港の名残として、公園と道路の段差には、舟から陸に上がるために使われた、金属製の足場がまだ残っています。港は、最終的に昭和55年までに全て埋め立てられ、現在水辺は残っていません。

広島の原風景 縮景園/ブラタモリ広島

広島城は、今から約430年前の1598年、広島駅の西側に当たる「最も広い島地(中洲)」である場所に、築城されました。広島城がある大きな中州の周辺には、「雁木」(がんぎ)が多数残されています。川と陸の間にある、階段状のものを指しますが、何のために使われたのでしょうか?

b1b73fb1b819f304ee9ac67fa1c90391_s

広島城のある大きな三角州には、縮景園があり、名所旧跡となっています。場所は、広島駅と広島城の中間で、広島駅から徒歩10分。広島藩主別邸であり、世界の名景を凝縮したとされる回遊式庭園です(※由来は別の説もあり)。

縮景園の東側には、階段状の雁木が多数見られます。これは階段状の船着場であり、川の水位が変化しても、スムーズに乗降ができる工夫です。

広島の原風景 雁木タクシー/ブラタモリ広島

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32222222222

ブラタモリでは、民間企業のため伏せられましたが、タモリさんは「雁木タクシー」に乗っています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3222

ブラタモリが組んだコースに最も近いのが、京橋オープンカフェ~平和(記念)公園コースです。番組では、航路の一番北(工兵橋の先)で、広島の原風景と言える手つかずの、サギが多く生息する中洲を見学し、JR線の線路をくぐる付近で、しじみ摂りと試食をしています。航路付近は、海水と淡水が混ざる汽水域のため、しじみが生息しています。川底の砂がきれいなため、黄みがかった殻を持つのが特徴で、タモリさんも身が大きい!と驚いていました。

乗船料は1500円。所要30分のコースです。乗り場は、銀山町電停から徒歩3分の京橋オープンカフェ前。しじみ摂りはできません。

雁木タクシー公式サイト

雁木の3つの意味を知っていますか?

雁木 上越市高田

雁木(がんぎ)は、主に3つの意味で使われます。

①雁木(家屋)…  雪国の商店街などで見られる、雪よけの屋根。写真は、上越市高田の雁木です。
②雁木(港湾)…  船着場における、階段状の構造物。広島の雁木。
③雁木(城郭)…  石垣や土塁の昇降用に作られた石の階段。金沢城、姫路城など。

【金沢】ブラタモリおすすめの観光スポットまとめ……2015.4.25

原爆ドームと広島の復興/ブラタモリ広島

6d6825a6538b79af0244e532d5b11710_s

原爆ドームは、産業奨励館だった建物です。広島城の南西にあるこの場所は、かつての商業地でした。

a1267e7fc6c6d3288f53aa3d589d33ff_s

三角州は地盤が弱く、地下鉄の建設は難しい土地です。その反面平坦地が多く、動力に限界がある路面電車向けです。

651_652_

出典:http://www.lok.jp/prototyp/hiroden/651_652_.htm

広島電鉄には新旧の車両が揃っています。タモリさんが乗車した651号は木の床の古い型です。爆心地から700mの地点で被爆しましたが、大破や焼失を免れ、いまも現役で走り続けています。広島電鉄は、原爆が投下されたあと、3日で一部開通し、復興の大きな支えとなりました。

ブラタモリでは車庫を訪ね、タモリさんのふるさと福岡市内電車を再利用したものなど、全国から来たバラエティ豊かな路面電車を見学しました。車庫は非公開ですが、市内で走行中の車両を見ることができます。

【広島】ブラタモリ紹介の歴史・地形観光スポット

  1. 平和記念公園(原爆ドーム)からスタート
  2. しらかみしゃ(白神社)から広島の成り立ちを探る
  3. 広大附属学校近くの坂道の謎
  4. 広島の原風景 縮景園
  5. 広島の原風景 雁木タクシー
  6. 原爆ドームと広島の復興

【高尾山】ブラタモリおすすめの観光スポットまとめ…2016.9.18

広告

-ブラタモリのまとめ