ブラタモリ全放送回まとめ

【ブラタモリ・鳴門編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #129

更新日:

NHK番組のブラタモリ・鳴門編で、徳島県・鳴門市の地形・歴史を踏まえた、穴場観光地を含むルートが紹介されました。この記事では、ブラタリ鳴門編の全ルートを、写真やアクセスなどの情報とともに紹介します。再放送予定も掲載。

再放送、見逃し配信:【ブラタモリ見逃した?】再放送予定と時間帯、無料配信もあります

再放送は、翌火曜日の23時55分から(休止の場合あり)。再放送でなくすぐに見たい場合や、スマホから見たい場合は上のリンクをご利用ください。

鳴門海峡:ブラタモリ鳴門

ブラタモリは、大鳴門橋の下の船上からスタート。左が四国、右は淡路島です。船からは、鳴門の渦潮が目の前に見えます。大きいもので直径20m。世界三大潮流とされる潮の流れは、大きな音が鳴り、鳴門の名前のもとになったとも言われます。

鳴門の渦潮は、満潮、干潮のあいだを流れる急流から発生します。ブラタモリのテーマは、鳴門が四国の玄関口となるとは?

現在、鳴門海峡は、大鳴門橋(1985年開通)で簡単に渡ることができます。現在も3つのルートのうち、最大の利用者を誇りますが、以前から四国の玄関口でした。なぜ、四国への旅人は、危険を冒してまで鳴門海峡を渡ったのでしょうか?

小鳴門海峡と撫養街道:ブラタモリ鳴門

ブラタモリは、鳴門海峡から南西へ向かい、小鳴門海峡の南の入口にチャーター船で向かいます(営業運行はないルート)。小鳴門海峡は、波が穏やかで、鳴門海峡のバイパスのような存在です。

(注)地図のように小鳴門海峡を北から南へ進めることで、鳴門海峡を通らずに、四国へたどり着くことができた。

小鳴門海峡の南には、撫養(むや)という港(=地図の岡崎海岸付近)が作られ、多くの旅人が訪れました。撫養は、四国側には撫養街道が続き、陸路との接続が良い便利な場所でした。

もともと湿地帯だった場所に、撫養街道は通されました。タモリさんが、撫養街道周辺を歩くと、少し遠くの家屋が低く見え、一帯が高まっていることがわかります。なぜなのでしょうか?

日本有数の断層が高まりを作ったのです。中央構造線は、全長1000キロに渡る、日本最長の断層です。撫養街道は、四国内の中央構造線に沿って敷かれています。ちなみに、伊勢神宮も豊川稲荷も中央構造線上にあります。

(注)ブラタモリのルートは、脇坂呉服店から撫養川を渡るまで。高低差を確認しつつ、地質図を確認し、中央構造線の上を歩いていることに気づいた。

妙見山、讃岐山脈の間の切れ目

ブラタモリは、撫養川を東から西へ渡る付近で、後ろの妙見山(お城がある山)と、前の讃岐山脈の間に切れ目があることを確認します(Googleマップのマイナスボタンを押してください)。

撫養(むや)港は、佐貫山脈‐妙見山のラインの北。撫養街道は、南。切れ目があるからこそ、本州から四国へのルートが開かれたと言えます。

讃岐山脈は、砂と泥が水平に重なった地層がもとになっています。南からのプレートからの圧力に、断層(中央構造線)による左横ずれの相乗効果で、砂と泥の地層が90度傾いた形で地表に現れました。そして、崩れやすい砂の部分が削られたことで、切れ目ができたのです。

鳴門海峡の海底でも、砂の部分が流されたことで高低差が連続する地形となっており、渦潮が発生する1つの要因になっています。

四国八十八ヶ所の最初の霊場:ブラタモリ鳴門

弘法大師(空海)が巡った霊場をめぐる、四国八十八ヶ所霊場の1番目は、霊山寺(りょうぜんじ)。

撫養街道は、霊山寺への道でもあり、多くの人が訪ねました。

四国八十八ヶ所霊場の1番から10番札所は、撫養街道沿いの平地にありますが、その後は厳しい山道となります。白衣は死装束の備えであり、杖(つえ)は墓標への備えでした。

お遍路は、自然の摂理を見て回り、歴史や文化を再発見し、自分を見つめ直す旅の道です。それは、ブラタモリの旅に似ているかも知れません。

お接待と大谷焼:ブラタモリ鳴門

四国には、弘法大師が一緒に回っているという、同行二人の考え方から、お遍路さんをもてなす習慣があります。お接待と呼ばれます。

お接待のお返しとして、大谷焼の知識がもたらされました。大谷地区には、日本最大とも言われる登り窯があります。

  • アクセス:阿波大谷駅を北へ徒歩4分
大谷焼

大谷焼の壺は、徳島の藍染めにも欠かせないものでした(前回のブラタモリで紹介)。

兵舎の跡:ブラタモリ鳴門

鳴門には、第1次世界大戦時のドイツ兵の捕虜を収容していた場所があります。1000人も捕虜を、鳴門の人々は温かく受け入れ、家庭にも招き入れました。ドイツ人は、さまざまな技術(パン、ソーセージ、チーズなど)を現地に伝えました。病気などで命を落としたドイツ人のために、慰霊碑も残っています。

  • 板東俘虜収容所跡地(ドイツ村公園):坂東駅から徒歩17分

1918年、第九がアジアで初めて、ドイツ兵捕虜によって全曲演奏されました。

旅行先探しに

関東甲信越の方または、関東甲信越へ向かう方向け。

2018年に泊まってよかった、知られざる「穴場」のホテル・旅館 ベスト15(姉妹サイト)

春!関東1泊2日旅行 おすすめの旅行地・温泉ベスト28 関東近郊や東京発

春!関東2泊3日旅行 おすすめの旅行地・温泉ベスト11 関東近郊や東京発

ブラタモリ

-ブラタモリ全放送回まとめ

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.