千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

【ブラタモリ那須編】那須の歴史・地形・観光ルートまとめ #110

更新日:


NHK番組のブラタモリ那須編で、タモリさん推奨の那須の歴史・地形を踏まえた観光ルートが紹介されます。この記事では、ブラタモリ那須編のルートを、アクセスなどの情報とともに紹介します。


那須とは:ブラタモリ那須

東京駅から那須塩原駅までは約70分。首都圏から気軽に行ける高原リゾートとして、那須一帯には年間に1400万人もの人が訪れます。タモリさんによると、森田姓は那須が発祥とも(※諸系統があるようです)


旅行や外出の前に、旅行先でのヘアスタイル維持はブラシとシャンプー選びでほぼ決まるをお読みください。

那須はどうしてリゾート地に?:ブラタモリ那須

那須一帯は、もともとは石が広がる荒れ地でした。現在は、さまざまな観光スポットのほか、御用邸もあります。どのように那須は、一大リゾートになったのでしょうか?

那須を支えるものは、酪農、温泉、レジャー施設、別荘の4つです。

千本松牧場

写真は千本松牧場公式サイトから

ブラタモリは、酪農を生かした施設である千本松牧場を訪ねます。千本松牧場の乳製品は、栃木県を旅する人にはおなじみです。

  • アクセス:JR西那須野駅から、JRバス関東 塩原温泉バスターミナル行きで約15分千本松下車。

写真は千本松牧場公式サイトから

タモリさんは、牛を見学したあと、馬車に試乗します。千本松牧場は、834ha、東京ドーム178個分もの広さがあります。明治26年に、千本松農場として開かれたものです。

松方別邸

タモリさんは、馬車で、千本松牧場内の謎の別荘に横づけします(一般非公開、外観は見学可能)。この別荘は、明治政府が松方正義(内閣総理大臣)のために千本松農園内に建てたものでした! なぜ明治政府は、那須の荒野に別荘を建てたのでしょうか?

  • アクセス:千本松牧場正門から場内を北東へ徒歩約10分

当時華族のあいだでは、西洋風の巨大農場を持つことが、ステータスだったのです。

農家を訪問

ブラタモリは、江戸時代から代々農家を営んでいる個人宅(場所は非公開)を訪ねます。敷地内には、趣味の碍子(がいし、電線に持ちる絶縁体)が飾られており、タモリさんと意気投合します。農地改良された畑ですが、現在でも石が大量に出てきます。かつてはもっと大きな石ころだらけで、耕作は不可能でした。なぜ那須には石が多いのでしょうか?

出典:ブログ「栃木、福島の戊辰戦争史跡」内那須野ヶ原の開拓より。ルビと扇状地の目安の記述は当サイト。

ブラタモリが以前に扱った京都の宇治同様、那須は扇状地だったのです! 上の地図で、那珂川(なかがわ)、箒川(ほうきがわ)に挟まれた部分が扇状地です。蛇尾川(さびがわ)は、扇状地特有の特徴を持った川で、後半に登場します。

※扇状地の範囲は目安となり、正確なものではありません。

扇状地は、川が運んできた土や石からなる地形です。広大な扇状地は、石が多く、水も確保できないため、明治時代まで有効利用されていませんでした。

那須疏水:ブラタモリ那須

ブラタモリは、日本3大疏水のひとつ、那須疏水を訪ねます。

  • アクセス:那須疏水蛇尾川伏越出口は、那須塩原駅からクルマで20分。3台駐車可能。

那須疏水は、明治18年に、明治政府が全国から石工を集め最新技術で作った人工の水路です。70キロの疎水は、手作業ながら約5カ月という驚異的な早さで作られました。これは、華族農場に便宜を図ることが、大きな理由でした。

那須疏水は、1級河川の蛇尾川(さびがわ)を交差します(地図でB地点と那須疏水蛇尾川伏越出口の間)。川には水が流れていません。なぜなのでしょうか?

ブラタモリがペットボトルで水をまきますが、すぐに水は地中に染み込んでしまいます。地下7mに水が流れ、雨の時にだけ水流が地表に現れるのです。これは扇状地の川の大きな特徴です。

普段は水がないため、那須疏水の水道管を地下に敷設するのは、比較的容易でした。この水無し川の特徴を利用し、那須疏水は、広い範囲の華族農場に行き渡りました。華族農場が増えると別荘地となり、御用邸も那須にやってきたのです。

南ヶ丘牧場:ブラタモリ那須

ブラタモリは、千本松牧場の北北東、那須岳に近い南ヶ丘牧場を訪ねます。

南ヶ丘牧場は、標高が高く涼しく、那須観光の有力な訪問先の1つです。すぐ北には那須温泉郷がひろがり、レジャー施設や温泉ホテルもそろいます。

那須温泉郷はホテル旅館の激戦区で、那須温泉 ホテルサンバレー那須(楽天トラベル)など、大規模な露天風呂やバイキング形式の宿が多くあります。しかし、ブラタモリのファンに多い、静かな環境で良い温泉と手の込んだ食事をリーズナブルにという選び方なら、清水屋が断然です。

南ヶ丘牧場に見られる岩石

南ヶ丘牧場には、各所に巨大な岩石が転がっています。

分類は、安山岩です。那須連山の、火山活動に関連する山体崩壊により、大量の安山岩が流れ着いたのです。戦後まで、ほとんど訪ねる人のなかった土地です。

昭和23年、旧満州から帰還した人たちは、那須一帯に残された土地を手に入れ開拓を始めました。標高から耕作は難しく、酪農の選択肢しかありませんでした。

那須の温泉と南ヶ丘牧場

また、那須の開発には、温泉の存在が大きく関わりました。約2キロの場所に温泉地(湯治場)があったのですが、娯楽がなく、牧場を見物に来る人が現れました。これに目をつけ、食事や乳製品の提供など、観光開発が始まったのです。


りんどう湖:ブラタモリ那須

ブラタモリは、ボートが浮かぶりんどう湖を訪ねます。敷設の遊園地は、昭和40年に開業した、那須でもっとも老舗の観光施設で、家族連れに人気のある場所です。りんどう湖はどのようにして、生まれたのでしょうか?

りんどう湖の周囲には、こんもりした場所がいくつかあります。噴火による山体崩壊のときに、山の形を維持したまま流れ着いたながれ山です。りんどう湖は、ながれ山をうまく利用して作られた、人工湖だったのです。人気のある芦ノ湖(ブラタモリ箱根#71 72)や中禅寺湖(ブラタモリ奥日光#26)を参考に整備され、多くの観光客を集めてきました。

関連記事(一部広告を含む)

-千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.