トラベルジャーナ

完全個人運営の現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡の旅行&ブラタモリ情報

ブラタモリのまとめ

【十和田湖・奥入瀬観光】ブラタモリおすすめスポットのまとめ~歴史・地形・穴場~#80

2017/09/03

NHK番組のブラタモリで、十和田湖・奥入瀬の歴史や地形を踏まえた穴場観光スポットが紹介されました。旅行の備忘録や教養のためにぜひご利用ください。この記事では、十和田湖・奥入瀬のブラタモリ紹介地へのアクセスや関連情報を扱っています。

#81 2017年9月2日 十和田湖・奥入瀬~十和田湖はなぜ神秘の湖に~

更新告知 ブラタモリFacebook(フォローすると更新時に記事が流れてきます)

前回の長瀞編は、下をクリックしてください。

長瀞でブラタモリ

広告

十和田湖とは/ブラタモリ十和田湖・奥入瀬

ブラタモリは、十和田湖を望む紫明亭展望台からスタートします。想像以上の大きさに、タモリさんたちは驚きます。十和田湖の広さは、山手線の内周と同程度もあります。大きな特徴は、湖内に2つの半島があること。これは、十和田湖の成り立ちを解く鍵になります。

  • 紫明亭展望台:JR十和田南駅からバスで45分 。発荷峠から徒歩10分。

青森と秋田の県境に広がる十和田湖には、その美しさから、年間100万人の観光客が訪れます(奥入瀬渓流との合算)。十和田湖はなぜ神秘の湖になったのでしょうか?

広告

十和田湖の成り立ちを知る/ブラタモリ十和田湖・奥入瀬

ブラタモリは、十和田湖の中山半島の付け根に移動します。

  • JRバス東北十和田駅すぐ。喫茶店・十和田湖マリーナ付近

晴れていると、十和田湖の湖畔、岸近くに白い筋が見えます。これは何なのでしょうか? タモリさんは、桟橋に移り、浅瀬から砂を採取します。

正体は軽石でした。軽石は、火山の噴火があった証拠となります。

※注 砂を採取した桟橋は写真の桟橋ではなく、近くにある、喫茶店・十和田湖マリーナ所有の桟橋です。砂の採取は、特別な許可が必要です。

軽石の存在は、何を示しているのでしょうか?

十和田湖は、火山が噴火し中央が陥没したカルデラ湖だったのです。写真を見ると、周囲を、垂直な壁のような地形に囲まれていることが分かります。

写真:十和田湖マリーナ公式サイト

案内人は、タモリさんを喫茶店・十和田湖マリーナに案内します。

マグマに見立てたコンデンスミルクに、火山の山体に模したココアパウダーをかけ、火山の模型を作ります。噴火しマグマが噴出した状況を、作るためにコンデンスミルクを底から抜くと、火山が爆発した後のカルデラの形がわかります。

新しいカルデラには、垂直な壁ができていることが特徴です。

十和田湖の奇跡を知る/ブラタモリ十和田湖・奥入瀬

使用許諾済。加工は当サイト。

ブラタモリは、チャーター船で、御倉半島の付け根から中湖(なかのうみ)に移動します。327mもの深さがあり、東京タワーがほぼ沈むほど。日本で3番目の深さです。

  • 中湖 … 十和田湖マリーナ付近の遊覧船乗り場から、中湖1周の遊覧船が運航されています(大人1400円)。

タモリさんが訪ねた、十和田湖の最深部は、半島の間に位置し、新しい火山特有の急な壁が見られます。このことから中湖は、直近(約1000年前)の噴火によって形成された、新しいカルデラ湖であることが分かります。外側は、古いカルデラ湖。十和田湖は、2重のカルデラから形成されていることがわかります。

十和田湖では、約5〜1万年前に噴火があり、さらにその後、もう1度約1000年前に噴火があったと推測されているのです。地球の歴史は約46億年。タモリさんは、46億円を持つ資産家なら、千円も1万円もはした金だという例えで、1000年前がほぼ直近であることを説明しました。

名産のヒメマスも十和田湖の奇跡/ブラタモリ十和田湖・奥入瀬

ブラタモリは、チャーター船の船着き場に戻ります。名産となるヒメマスを見せてもらいます。

流れ込む川がなく、栄養分に乏しいため、もともと魚が棲んでいなかった十和田湖。不思議なことに、現在はヒメマスが獲れ、多くの釣り人が集まります。なぜなのでしょうか?

十和田湖では、様々な魚を放流してきましたが、ほとんど失敗に終わりました。最後に挑戦し、定着したのがヒメマスです。

  • ヒメマスは、栄養分を多く必要しないことから、十和田湖で生き延びることができた。
  • 十和田湖の底の方には、1年中5度から15度に保たれる、ヒメマスに合った水域が存在した。
  • 栄養分が少ないことから浅い水域にほかの魚がおらず、酸素が深い水域に届いたことも、ヒメマスの生存につながった。

十和田湖の代表的なホテルが十和田ホテル。政府の要請で建てられた、格式の高いホテルです。タモリさんが、ブラタモリ取材時に宿泊したという情報もあります。絶景の露天風呂が魅力で、もちろんヒメマス料理も提供されます。

奥入瀬渓流/ブラタモリ十和田湖・奥入瀬

銚子大滝

ブラタモリは、十和田湖の水が唯一流れ出る、奥入瀬(おいらせ)渓流を訪ねます。

ブラタモリのルート

  • 玉簾の滝 …徒歩約33分… 九段の滝 … 徒歩約8分 … 銚子大滝

奥入瀬渓谷には、14もの滝があります。滝が生まれるためには、垂直の段差が必要。これは、火山による柱状節理(岩に入った柱状の割れ目。溶岩などが冷却固結するさい、収縮して生じる)が崩れて生成したものです。

奥入瀬渓流は、V字型の渓谷になっていないため、脇に遊歩道が取り付けられ、車道も作られています。なぜ、奥入瀬渓流はU字型に形成されたのでしょうか?

これは、十和田湖から、毎秒2万トンから30万トンの巨大洪水が流れ降りたことによります。このことで、奥入瀬渓流には多くの観光客が、気軽に訪ねることが可能になりました。

奥入瀬渓流に300種も見られるコケは、奥入瀬の森の成り立ちと関係があるようです。どのようなつながりがあるのでしょうか?

コケのむした岩をよく観察すると、岩から木から生えているように見えることがあります。よく見ると、岩を上から手でつかむような形で、木が生えています。

コケは、水分を含むだけでなく、抗菌性があり、苦みが動物に嫌われ食害も少ないので、樹木にとって優れた環境を作ることができます。噴火のあとの焼け野原から、わずか1千年ほどの短い期間で森が再生したのです。

以上、十和田湖・奥入瀬のブラタモリおすすめスポットのまとめでした。

十和田湖と同時取材された、弘前のまとめは下のリンクから。

【弘前観光】ブラタモリおすすめスポットのまとめ~歴史・地形・穴場~#78

 

1レースから購入できる予想記事
競馬予想のレジまぐ

トラベルジャーナでは、記事に関連した情報をお待ちしています。
コメント欄をご利用ください。

関連記事(一部広告を含む)

-ブラタモリのまとめ