トラベルジャーナ

完全個人運営の現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡の旅行&ブラタモリ情報

ブラタモリのまとめ

【ブラタモリ】洞爺湖の歴史・地形が分かる旅行見どころのまとめ #88

2017/11/06

NHK番組のブラタモリで、洞爺湖の歴史や地形を踏まえた旅行の見どころが紹介されました。旅行の備忘録や教養のためにぜひご利用ください。この記事では、洞爺湖のブラタモリ紹介地へのアクセスや関連情報を扱っています。

  • #89 2017年11月4日(土)  洞爺湖 ~なぜ “世界の洞爺湖”になった?~

更新告知 ブラタモリFacebook(フォローすると更新時に記事が流れてきます)

関連記事 ブラタモリ函館 ブラタモリ知床

広告

洞爺湖/ブラタモリ洞爺湖

ブラタモリは、洞爺湖を見下ろす、ザ・ウィンザーホテル洞爺からスタート。洞爺湖は、有珠山や昭和新山の景観で知られる、北海道有数の観光地で、広さは東京ドーム1500個分。年間に300万人の旅行客が訪れています。洞爺湖は、日本で初めて、ユネスコが世界ジオパークに認定しました。

ブラタモリ洞爺湖編のテーマは、なぜ “世界の洞爺湖”になった?です。

  • 洞爺湖:新千歳空港または新函館北斗駅から洞爺駅まで約1時間40分。路線バス。

洞爺湖の南には、有珠山と昭和新山があります。

写真は、有珠山中腹のロープウェイ上から、昭和新山を見た様子です。

2008年に、ザ・ウィンザーホテル洞爺で北海道洞爺湖サミットが開催されたことで、世界中から観光客が訪れるようになりました。タモリさんも、ザ・ウィンザーホテル洞爺の建物を背景に、記念撮影します。

広告

洞爺湖の島/ブラタモリ洞爺湖

ブラタモリは、洞爺湖の南側にある、洞爺湖温泉のとうやこぐるっと彫刻公園から、洞爺湖の中にある中島を望みます。高所にあるザ・ウィンザーホテル洞爺横から見た光景に比べ、横から見ると意外に複雑な形をしています。なぜなのでしょうか?

ブラタモリは、洞爺湖温泉からチャーター船で、中島の右手を通り、中島の向こう側を目指します。

  • 中島巡り遊覧船:所要50分、1420円。4月下旬~10月末日までは、中島での下船が可能(所要計80分)。

中島を近くから見ると、複数の島が湖から隆起していることに気づきます。5万年前に、湖の中心で複数の噴火が起き、現在のような複雑な形になったのです。

ブラタモリは、ボートで中島の北東の沖に到着します。ここでは、水の中に不思議な現象が起きています。最大水深180mの洞爺湖に、水深1m前後の浅瀬があるのです。なぜ、一部に浅瀬があるのでしょうか?

浅瀬の岩石は、形状から溶岩とわかります。浅瀬は、水中に沈んでいる火山の、山頂部にあたるのです。

洞爺湖温泉/ブラタモリ洞爺湖

洞爺湖温泉に戻った、ブラタモリは、洞爺湖畔亭の足湯を試してみます。源泉は100度以上、足湯の泉温は45度あり、慣れるまでは熱く感じます。写真は楽天トラベルのサイトに掲載されています。

洞爺湖温泉の源泉は、有珠山の裾野にあたります。洞爺湖温泉一帯は、以前から地下水を大量に含んでおり、火山活動を契機に温泉になったのです。

洞爺湖温泉の歴史は、どのくらいなのでしょうか? 100年以上前の地図を見ると、洞爺湖温泉の温泉街はありません。1910年の噴火で、洞爺湖温泉が誕生しました。そして、1944年の噴火で、ある有名なものが生まれました。昭和新山です。

昭和新山/ブラタモリ洞爺湖

ブラタモリは、1945年9月に、民間の私有地だったのどかな麦畑に突如として誕生した、昭和新山の秘密に迫ります。昭和新山は、1945年生まれのタモリさんにとって同級生ともいえる火山。念願かなって、ついに対面を果たします。

昭和新山は、まだ噴煙をあげています。昭和新山は、赤い山肌が特徴。土が焼け、レンガと同じような仕組みで、赤くなっているのです。

ブラタモリは、ヘルメットを着用し、昭和新山の中腹まで登ります(一般非公開のルート。無許可で入山はできません)。昭和新山は、なぜなだらかなすそ野を持たず、握りこぶしのような形をしているのでしょうか?

溶岩の性質に秘密があります。相当粘性が高いということです。粘性が高いため、通常の溶岩のように流れて行かず、チューブから絞り出した絵の具のように、その場で固まります。

ブラタモリ富士山編でも、昭和新山が取り上げられています。

  • 昭和新山:粘性が高く、握りこぶしのような形。
  • 富士山:粘性が適度なため、すそ野が長く均整の取れた形。
  • キラウエア火山:粘性が低く、お盆のような形。

【ブラタモリ】富士山(静岡側)登山の歴史・地形が分かる旅行見どころのまとめ #19 20 21

昭和新山の成長の様子は、手書きの断面図の形で、時系列を追って記録され、世界的に注目されました。

昭和新山の記録を残したのは、郵便局員の三松正夫さんです。戦時中のため、関心が低く、スパイの疑いすらかけられかねない行動でした。しかし、三松正夫さんは、将来の住民の安全のために昭和新山の成長を記録し、観光資源として保存するために、資材で昭和新山を買い取りました。

新田次郎の『昭和新山』には、短編の1つとして、昭和新山と三松正夫さんの観察記録「ミマツダイアグラム」の逸話が記されています。

有珠山/ブラタモリ洞爺湖

ブラタモリは、洞爺湖温泉近くの、有珠山の麓に移動します。有珠山は1977年に噴火を起こし、数名が犠牲になりました。

その後、有珠山は、2000年に3500mの噴煙を上げる大噴火を起こします。噴火口は50以上もあり、道路や住宅地のなかに火口ができたケースもあります。通常なら大惨事だったケースですが、事前の予兆により約1万人が避難を終え、死傷者はゼロでした。これは火山噴火史上の奇跡と言われます。

ブラタモリは、噴火で道路が埋まり、カーブさせ付け替えられた場所を訪ねます。カーブから、以前道路だった場所を見ると、下り坂の道路だった場所が、噴火の影響で、盛り上がり道路はところどころ寸断されています。

洞爺湖周辺では、次の世代へ教訓を残すため、噴火の爪痕をそのままの状態で残しています。

付近には、道路が変形し断層崖となっている場所があります。地元客や旅行客が見学できるように、散策路として整備されています。

これらの事業がユネスコに評価されたのが、ジオパークに早くに指定された一因です。洞爺湖は、火山の噴火とともに、生きてきたのです。

ブラタモリのルートは図の通り。洞爺湖温泉から徒歩33分(タクシー8分)。

洞爺湖の口コミNo1ホテル

ブラタモリが足湯(宿泊者専用)を借りたホテル

手塚治虫の短編集『火の山』には、昭和新山と三松正夫さんをモデルにしたストーリーが収録されています。

関連記事

1レースから購入できる予想記事
競馬予想のレジまぐ

トラベルジャーナでは、記事に関連した情報をお待ちしています。
コメント欄をご利用ください。

関連記事(一部広告を含む)

-ブラタモリのまとめ