トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

チェーン店・その他

丸源ラーメン・丸源二代目の違い~感想と辛口評価~

丸源ラーメン・丸源二代目は、愛知県から全国進出を果たしたラーメンチェーンです。

広告
人気・新着の記事
 

トリバゴ? 楽天トラベル?
トリバゴ検証&使ってみた

丸源ラーメンと丸源二代目の違いは?

丸源 らーめん

写真:丸源ラーメン戸田店

・丸源ラーメンと丸源二代目は、経営は同じです。

・丸源ラーメンのほうが歴史が古く、看板メニューは肉そば(650円)です。

・丸源二代目は、ラーメンマニア向けの形態で、きゃべとん(680円)が看板メニューですが、丸源の肉そばのほうが完成度は高いです。

丸源ラーメンの看板メニュー「肉そば」の評価

戸田駅 ラーメン

丸源の看板メニューは、熟成肉そば(650円)です。開業後しばらくしてから期間限定メニューとして登場し、好評のため通年化、看板メニューまで上り詰めました。

熟成醤油肉そば

脂が浮いており、こってりに見えますが、印象よりもさっぱりしています。脂が表面を覆うため、冷めにくいスープです。

バランスの取れた味で、豚骨・鶏ガラ・カツオがよく調和しています。熟成醤油。チェーン店としては、突出した完成度と言って良いでしょう。調味料感は多少ありますが、原材料の方が前面に出ています。肉がスープに良くなじみ、もみじおろしの適度な苦味や辛さがアクセントになります。広めのカウンターに加え多数のテーブル席を置き、駐車場も準備した上で650円という価格設定は、競合店に取って大きな脅威となるはずです。

接客は悪くありませんが、空いているカウンターに奥から詰めさせる方針や、割引券の有無を聞くことはマイナス評価です(券を持っていない客に、損をしているとわざわざ伝えるようなもの)。

丸源二代目の看板メニュー「きゃべとん」の評価

IMG_1394

写真:二代目丸源ラーメン富士宮店(静岡県)

丸源二代目は、ラーメンマニア向けの形態です。

丸源二代目

丸源二代目の看板メニューは、きゃべとん(680円)です。

きゃべとん(680円)です。丸源ラーメンのスープと共通項もあるようですが、背脂と醤油が前面に出ています。やや調味料感もあります。キャベツの食感は悪くないですが、直前に油をくぐらせた感じです。麺は、細い縮れ麺で小麦感がしっかりと出ています。チャーシューは薄く、見た目の印象より弱いです。

ラーメンマニア向けをうたっていますが、きゃべとんは、まとまりや味の広がりが薄い印象で、丸源ラーメンの肉そばには及ばないと感じました。

丸源二代目

サイドメニューとして人気がある餃子は、焼きが良いものの、オーソドックスすぎ特徴には欠きます。辛味調味料を効かせた「どろだれ」はまずまず。

(まとめ)丸源ラーメン・丸源二代目の違い~感想と辛口評価~

丸源ラーメン、丸源二代目のお店の内観は、余裕のあるカウンターに加えテーブル席も多数あり、ゆったりとできるものです。チェーンのラーメン店は、激安系を除き、お店の外観、内観、駐車場に投資している分、材料費や人件費(職人さんの各店への配置)が削られるのが特徴です。

丸源ラーメンは、上の事情プラス低額の価格設定にも関わらず、中堅個人店では到底かなわない「肉そば」(650円)という強力なメニューを持っています。チェーン店嫌いの方も、一度試す価値はあるでしょう。一方、ラーメンファン向けという丸源二代目は、やや期待はずれです。味の構成のさらなる工夫が期待されます。

現状なら、丸源ラーメン・丸源二代目では、丸源ラーメンをおすすめします。またラーメンチェーン全体では、丸源ラーメン、壱角屋をおすすめします(首都圏の場合)。

広告

 

-チェーン店・その他