トラベルジャーナ

現地取材の旅行サイト! 関東・甲信越・静岡の旅行&ブラタモリ情報

東京都(ランチ・観光)

【現地取材】ふるさと祭り東京2018 混雑予想、おすすめグルメとレポート

2018/01/20

東京ドームで、1月12日(金)からご当地グルメファンお待ちかねのふるさと祭り東京2018が開幕します。この記事では、2018年の混雑予想(平日、土日祝日)、チケット、さらにおすすめグルメを、写真で紹介します。

広告

ふるさと祭り東京2018 日時とチケット事前入手方法

写真:ふるさと祭り2018 初日金曜日午後の様子

ふるさと祭り東京2018の基本(これだけ)

  1. 2018年1月12日(金)~1月21日(日)開催。
  2. 基本は10時~21時(最終日は18時まで)。
  3. チケットは1700円。平日は1400円。イブニング(土日祝日含む16時以降)は1200円。
  4. 土日13時以降や平日なら現地購入で問題なし(入口わきの、緑色の看板の屋外売り場)。
  5. 土日祝日は、チケット購入と入場で2回並ぶことになるため、事前購入がおすすめ。セブンイレブンのコピー機などで購入可能(セブンは昨年まで、どんぶりセット券のみだったが、2018年からチケット単独発売を開始)

※各地のお祭りの踊りなど、催し物にかなりの興味がある方(1時間程度は座って見学したい方)以外は、特別観覧席のチケット購入は必要ありません。

※入口の大行列は、土日の午前のみ。場内のどんぶり券売り場の大行列は、土日の13時までのみです。土日午後はドーム内の出店周辺は大混雑しますが、食べる場所(ドーム観覧席)は満席には至りません。

ふるさと祭りあるある 4回行列に並んでヘトヘト

ふるさと祭りでよくある失敗が、4回行列に並んでヘトヘトになるケースです。

  1. 混雑が激しい、土日午前来訪なのに前売りチケットを買っておらず、まずチケット売り場に並ぶ。
  2. 次に、長い本行列に並ぶ。
  3. さらに、場内のどんぶりチケットの行列に並ぶ。
  4. 最後に、人気のどんぶりの購入行列に並ぶ。

以上が、最悪のケースです。土日の午前中から13時までに到着の場合は、8時45分には並び、入場後すぐさまどんぶりチケットを購入、または、セブン限定のどんぶり券付チケットを購入しておくのがおすすめです。なお、どんぶり選手権を外しても、選択肢は非常に多くあります。

ふるさと祭り東京2018 セブンでチケットを取り扱い

セブンイレブンでは、昨年までどんぶり券付のチケットしか販売していませんでした。確かにどんぶり選手権は、ふるさと祭り東京の目玉ですが、ほかに多くの出店があり、絶対に食べるかは微妙。2018年より、チケット単独での発売を開始しました。

★ただし、土日の午前から13時までに会場に到着し、必ずどんぶり選手権のどんぶりを食べるという方は、セブン限定のどんぶり券付のチケットが便利です。ドーム内のどんぶり券売り場で、100名以上の行列が発生します。

ふるさと祭り2018入場券はPコード991-286です。平日券は991-287です。セブンイレブンのコピー機で、チケット購入→チケットぴあの順に選び、Pコードを入力するだけです。

※土日の午後または平日に訪問の場合、東京ドームのふるさと祭り入口付近のチケット売り場が、空いていることも多くあります。

チケット購入→チケットぴあと進み、Pコードを入力します。画面は平日券ですのでご注意ください。

当日でも前売り料金で購入する方法

JR水道橋駅東口近くの、水道橋チケットでは、当日でも前売り同様、200円引きのチケットを購入することができます。土日は1700円ですが、1500円でチケットを販売すると見られます。

広告

昨年初日(土曜日)の現地の様子/ふるさと祭り東京

2017年開幕日(土曜日)の現地の開門直前の様子です。2018年1月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)は、似た状況になると予想されます。

チケット購入済の列の行列状況です。土日の午前に到着の場合は、必ずセブンイレブン等で、チケットを購入のうえ向かいます。

  1. 土曜日8:30 行列はまだ200人、30mほど。10時開門後4分待ち予想(実測3分45秒でした)。
  2. 土曜日8:45 行列は400人、60mほど。開門後8分待ち予想。←おすすめの時刻
  3. 土曜日9:00 行列は600人、80mほど。開門後12分待ち予想。
  4. 土曜日9:15 行列は1000人、150mほど。開門後20分待ちと予想。
  5. 土曜日9:30 行列は1200人、180mほど。開門後25分待ちと予想。
  6. 土曜日9:55(写真) 行列は1600人、240mほど。開門後30分〜40分待ちと予想。
  7. 土曜日12:00以降に行列解消(待っても50人程度)。

なお、当日券の行列は、9:55現在で、200人ほど。購入後、本行列に並び直しとなります。

速報:2018年1月13日(土)9:20の行列は約1000人と判明。上の一覧通りの状況と考えられます。

ふるさと祭り東京2018 東京ドームの混雑予測

ふるさと祭り東京2017

写真は、ふるさと祭り2017の開催初日・土曜日11時頃の観客席の様子です。お店の前の通路は混雑しますが、食べるために使う観客席はかなり余裕があります。

東京ドームは5万人の収容力があるため、観客席が埋まることはまずありません。ふるさと祭り東京2018では、全体の来場者数よりも、入口の荷物検査とチケット扱いによる、ボトルネックを意識することが、攻略のカギになります。

ふるさと祭り東京

写真は、3年前、2015年の開催初日の行列です。例年、混雑を警戒して、開場時間前に並ぶ人が多く、土日は2千人近い行列になります。朝から楽しみたいなら、土日は8:45に並ぶのがおすすめですが、実は12時にはこの行列はすべて解消しており、お昼ごろの到着も一考です。

東京ドームは5万人程度の収容力があるため、人数自体は問題にならないにも関わらず、入口での荷物チェックや、チケット確認によるボトルネックのせいで寒空の中を待たされているのです。入口での渋滞を避けるのがふるさと祭り東京2018の攻略法です。

ふるさと祭り2018 午前到着なら防寒具は必須

  • 受付付近のボトルネックにより行列ができた場合、1時間弱待つ可能性があります。1月の東京ドーム前は朝の9時以降日陰になりますので、フード、マフラー、マスク、手袋等の準備をしてください。
  • メインの行列は、チケットを持っている人のものです。チケットを準備していない場合は、この前段階として入口を見て右側のチケット売り場(屋外の小屋)前で並ぶ必要があります。土日の午前到着の場合、必ずセブンイレブンでのチケット購入を済ませてください。

【結論】ふるさと祭り東京2018 この時間に並ぶべき

ふるさと祭り東京2017

上に説明したような「収容力に余裕がある」「入口のスタッフが慢性的に不足」という状況と初日の様子、及び過去の経験から以下の時間帯がおすすめです。

土日祝日

10時前に並ぶのはかえって不利になります。

  • おすすめ ズバリ8:45(開場後10~20分待ちで入れると予測。必要ならすぐどんぶりチケット購入へ)
  • おすすめ 13:00~15:00(入場行列が11時頃、どんぶりチケット行列が13時頃解消のため。16時からはイブニングチケット組あり)
  • おすすめ 18:00~20:30(最終日は17:30最終入場です)

平日

  • 終日余裕があります。

ふるさと祭り2018会場マップ どんぶり選手権は混雑必至

ふるさと祭り2018の会場マップです。入場するとお祭りひろばがあり、全国のお祭り関係の踊りなどの催しがあります。特別観覧席券を購入し、じっくり見ているのは、家族や関係者が多いと思います。通常は、特別観覧席券は不要です。

人が多く集まるのが、正面やや左に設置される、人気コーナーの全国ご当地どんぶり選手権です。土日には、チケット購入の行列が数百名以上の長さで発生し、さらに人気店には百名以上の長大な行列が発生します。土日の13時ごろまでに到着の場合、どんぶり選手権に興味がある場合、大至急全国ご当地どんぶり選手権のコーナーに行きチケットを購入します。

基本的な回り方は、まず混雑するどんぶり選手権を押さえ、あとは気の向くままに回るのがおすすめです。大きなコーナーは、以下のようなものがあります。

  • 絶品!逸品!ちょい乗せ市場 … 白いごはん200円を購入し、各店で具をちょいちょい購入します。具は500円前後のこともあり、すぐに千円くらいになります。高級食材が多いですが、やや割高感があります。
  • ザ北海道 … 地域ごとのカタマリでは、最大級になるのが、食の王国・北海道です。このほか、2018年は、北陸新幹線で注目される石川県のコーナーも人気を集めていました。
  • スイーツストリート … 女子に人気のコーナー。2017年に続き、石川県のマルガージェラートが1番人気です。

ふるさと祭り東京のしくみ  現金販売とチケット販売

ふるさと祭り東京では、基本的に全ブース現金販売です。

  • 全国ご当地どんぶり選手権は、ミニ丼を統一価格の500円で販売します(会場付近でチケット購入)。土日祝日の10:30~13:00頃は、会場内のチケット購入で最大数百人の行列になります。
  • 絶品!逸品!ちょい乗せ市場は、はじめに白いご飯を200円で購入し、あとは現金購入です。ただし、ご飯がいらない商品もいくつかあります。ちょい乗せとは言え、かなり高くつきます。

ふるさと祭り2018のメインコーナー 全国ご当地どんぶり選手権

全国ご当地どんぶり選手権は、ふるさと祭り東京で、もっとも人気を集め、混雑するコーナーです。2017年は、志布志発 かごしま黒豚三昧が1位を獲得しました。

2017年のランキング ( )内は2016、2015年

  • 1位(1←2):青森県・八戸銀サバトロづけ丼 → 2018は殿堂入り。出店するが投票対象外。
  • 2位(2←3):鹿児島県・志布志発 かごしま黒豚三昧
  • 3位(3←5):北海道・十勝牛とろ丼
  • 4位(ー←ー):北海道・とろサーモンといくらの親子丼
  • 5位(ー←ー):愛知・名古屋コーチン親子丼

ふるさと祭り2018のどんぶり選手権で注目を集めるのが、昨年2位の鹿児島黒豚三昧と、昨年3位の十勝牛とろ丼の対決です。1位の八戸銀サバトロづけ丼が、投票対象から外れるため、鹿児島黒豚三昧VS十勝牛とろ丼、すなわち2年連続2位・3位を占めた2つの丼が、再度ぶつかり合います。

鹿児島黒豚三昧です。豚の角煮は、脂身がとくにおいしく、卵焼きも丁寧。半熟卵も添えられ、500円の丼とは思えません。ご飯は少なめですので、小食の方でも、2杯程度なら大丈夫です。

ふるさと祭り東京2016~2017年のグランプリ、2018年は殿堂入りし投票対象外参加となる八戸銀サバトロづけ丼です。ルックス、味の第1印象は普通ですが、食べ進めると、サバの脂の乗り方に驚きます。大人向けです。迷うようなら、筆者は、鹿児島黒豚三昧を推します。

秩父わらじ豚みそ丼

昨年当ブログが強く推したのが、秩父わらじ豚みそ丼。秩父の新名物わらじカツ丼と、昔からある豚みそ丼が合体した、贅沢な丼です。豚みそ丼は、肉質、肉厚、味つけが完璧、わらじカツ丼は、かつて秩父で食べた有名店と全く同じレベルか少し上でした。残念ながら、赤字がひどいのか、2018年は小ぶりになってしまいました

ふるさと祭り東京2018 絶品!逸品!ちょい乗せ市場

例年、ふるさと祭り東京の絶品!逸品!ちょい乗せ市場で注目を集めるのは、近大まぐろ三昧です。昨年値上げしましたが、2018年はもとの値段に。2018年は、近江牛専門店近江屋が人気を集めています。

ふるさと祭り東京2018 スイーツストリート

ふるさと祭り東京2018初日に、最も人気を集めたのは、2016~2017年同様、石川県能登町のマルガージェラートです。初めからお目当ての人が多く、常に行列ができていました。

写真は、マスカルポーネチーズジェラート(500円)。近年のジェラートとしては、甘さが少し強すぎ、チーズ感も弱め。知名度+行列からおいしく感じるのかも知れません。選ぶなら、グランピスタチオをおすすめします。豆類特有の青みとコクを伴った完成度の高いジェラート。昨年実食しましたが、グランピスタチオを推します。

ふるさと祭東京2018  地方局推薦コーナーはあまおうスムージー

ふるさと祭り東京の特設コーナーの1つが、フジテレビ系地方局推薦コーナー。2016年に登場したあまゴリスムージー(600円)はかなりのおすすめ。2018年は、あまおうスムージーに名前が変わっていました。

ふるさと祭り東京 あまおう(あまゴリ)苺スムージー

あまおう苺に水や氷を加えず、特殊加工でそのままスムージーにし、ミルクで味を調えたもの。文句のない味です。

ふるさと祭り東京2018 にぎわい市は各県別のエリア

ふるさと祭り東京のにぎわい市は、特設コーナーでなく、通常コーナーのことです。地域やジャンルはいろいろですが、ある程度地域でまとめられています。

ふるさと祭り   石川県のおすすめは、木村功商店の焼きカキ

木村功商店 焼きかき ふるさと祭り東京

ふるさと祭り東京・にぎわい市の石川県エリアでおすすめしたいのが木村功商店の焼きカキ(2個600円)。かなり混雑し、多くの人が購入していました。つまようじを刺すと、カキのエキスがしみだし、味は良好。木村功商店は、能登の海岸で小屋の様なお店でカキを食べさせており、地元では人気のようです。

石川県のエリアでは、ブリの寿司もまずまずでしたが、インパクトなら木村功商店の焼きカキを推します。

ふるさと祭り  ラーメンのおすすめは梅光軒の味噌ラーメン

「梅光軒」の味噌ラーメン

写真:2017年の梅光軒

写真:2018年の梅光軒

昨年のにぎわい市の、北海道地区のお店で、昨年混雑が絶えなかったのが梅光軒のラーメン。2018年も平日である初日から人気です。固定客の多さがわかります。

ふるさと祭り  愛知県のおすすめは、ケンミンショーで紹介されたつけてみそ

つけてみそ かけてみそ

ふるさと祭り東京の愛知県のコーナーでは、秘密のケンミンSHOWで紹介された、つけてみそ かけてみそが手に入ります。愛知ではおなじみのコーミソ-スや、寿がきやラーメンも置いてあります。

ふるさと祭り 焼き物の人気は有田焼

2015年、2016年、2017年に続き、2018年も人気を集めていたのは、有田焼の華やかな焼き物。絵柄はプリントで、特段に良い焼き物ではないとは思いますが、色柄がきれいで人気があります。いおり窯憲真窯が出店しており、いずれも華やかですが、個人的には憲真(けんしん)窯を推します。

古い記事:ふるさと祭り東京2015現地レポート

 

国内旅行で損をしない

トラベルジャーナでは、記事に関連した情報をお待ちしています。
コメント欄をご利用ください。

関連記事(一部広告を含む)

-東京都(ランチ・観光)