トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

アパホテル水戸駅北の宿泊レポート・口コミ

この記事では、弘道館にも近いアパホテル水戸駅北の宿泊レポート(筆者口コミ)を、ブログ形式でお届けします。

広告
人気・新着の記事
 

トリバゴ? 楽天トラベル?
トリバゴ検証&使ってみた

水戸駅前のホテル早わかり

  • 県庁所在地だが、ホテル間競争は少なめ。朝食バイキングは普及が遅れ、大浴場もなしが基本。
  • ウェディング併設の、ホテル・ザ・ウエストヒルズ、ホテルレイクビュー水戸、水戸京成ホテルが3強。
  • アパホテル水戸駅北は、地元資本が入っており、ほかのアパホテルとは一味違う。部屋狭く眺望ゼロもあるが、朝食は図抜けて好評。

アパホテル水戸駅北の外観と部屋

アパホテル水戸北は、水戸駅北口から7分程度。水戸の繁華街の中心となる道路から、少し奥に入った静かな場所です。

水戸の名所、弘道館はすぐ。繁華街ですが、夕食の選択肢はほとんどなく、駅ビルまたは併設のイタリアンレストランがおすすめ。

エントランスは、非常にスタイリッシュ。アパホテル水戸北は、元々は地元企業が経営していたホテルで、系列にレストランやマッサージサロンがあり、ほかのアパホテルとは、一味違います。

部屋は標準11.5平米と手狭。水戸のホテルは、全体に部屋が広く16〜22平米が標準。狭さは目立ちます。また、隣のビルの壁が近く、景観がない部屋も多くあります。

ユニットバスは、標準的。

デスクは狭いものの作業はしやすく、湯沸しポット、冷蔵庫など、ビジネスホテルの基本はしっかりとしています。

アパホテル水戸北は、水戸の名所、弘道館まで5分程度。もう少し脚を伸ばすと、本丸跡(水戸第一高校付近)まで散策できます。

水戸の観光ガイドの決定版

 

アパホテル水戸駅北の朝食

水戸のビジネスホテルは、朝食が弱くバイキングも普及していませんが、アパホテル水戸駅北は、バイキングつき。期間限定の海鮮フェアのほか、野菜類も生産者を明示したハーブ系野菜が多く、レストラン経営の強みが生かされています。

期間限定の海鮮フェアでは、いくらやズワイガニが取り放題。いくらは小粒で醤油漬けですが、小皿での供給でなく、本当に取り放題です。

魚料理も、酒粕漬けなど凝っており、全て自家製。一般的なホテルバイキングと異なり、業者のできあいのそうざいは、ほとんどありません。

朝食会場は、併設のイタリアンレストランを使用。

周辺は繁華街ですが、夜は、飲み屋と高級料理店に限られる傾向が強く、少し軽めで良いなら、併設のイタリアンレストランである、ビストロエンドウの利用がおすすめです(パスタ1000円弱など)。

コンビニは、ローソンが徒歩3分程度。

サービスが豊富なアパホテル水戸駅北

アパホテル水戸北では、独自にコーヒーの無料サービスを行っています(24時間)。このコーヒーは、一般的なコーヒーサーバーより味が良好です。

楽天トラベルから予約し、口コミの書き込みを約束すると、ソフトクリームか、生ビールがもらえます。ソフトクリームは、イタリアンレストランで出しているものと同じで、安物感はありません。

写真のコーヒーは無料のもの。

ビールサーバーを使った生ビールを200円で販売するなど、独自のサービスが目立ちます。

マッサージは、部屋に来ないタイプで、専用のサロンがあり、気軽に利用できます。30分2000円と、相場より安く、フットオイルリフレ、全身オイルトリートメントのように、通常のホテルではないメニューもあります。系列にマッサージサロンを持つ強みです。

平日の16時までに1時間以上にコースをスタートすると、さらに安くなります。

シャンプー等は補給式のものですが、アメニティーは多くそろいます。シェービングクリーム、ボディスポンジ、綿棒なども。

※撮影のために、水道の蛇口の上に仮に置いています。

アイロンなどを借りる場合、通常はフロントに取りに行きますが、アパホテル水戸駅北では、部屋まで届けてくれます。加湿器、空気清浄機もあります。

枕元にコンセントはないので、延長コードは借りておくと便利です。

食事のルームサービスは、1500円から。出歩きたくない場合に、おすすめです。

水戸駅ホテルランキング

 

(まとめ)アパホテル水戸駅北の宿泊レポート・口コミ

  • 部屋が多少狭くて良く眺望を求めないなら、おすすめ度は高い。
  • 駅から多少遠い分と、部屋が狭い分を、全て朝食バイキングに投下。業務用のできあいの食材はほとんどなく、ハイレベル(洋食もあるが、海鮮・和食に注力)。
  • 繁華街、弘道館、水戸城本丸跡にも近く、早めの到着がおすすめ。
水戸の観光ガイドの決定版

広告

-千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)