埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

旅館渋の湯の感想・評価と口コミ(上諏訪駅・諏訪湖)

上諏訪駅や諏訪湖畔に近い、旅館渋の湯の感想・評価と筆者の口コミを紹介いたします。

筆者:国内旅行年100日

広告

(結論)上諏訪  旅館渋の湯の評価

上諏訪の旅館・渋の湯は、上諏訪駅蓼科口から徒歩5分、諏訪湖畔へ1分、コンビニへ1分と、便利な立地です。

湖畔ではありませんが、木の風合いを生かした、かけ流しの内風呂と半露天風呂が新設され、ロビーが7階まで吹き抜けとなる印象的な内観です。料理、接客も丁寧で、お買い得度はかなり高いです。湖に面しておらず、諏訪湖は見えない部屋もありますが、その分、設備投資がされています。

上諏訪 旅館渋の湯の内観

ロビーから玄関を見た様子です。靴を脱げば、スリッパを履かずに歩ける仕組みです。館内は、脱衣所も含めて、じゅうたんと畳敷きになり、リラックスできます。

ロビーは、自慢の7階までの吹き抜けです。これも、渋の湯の自慢のひとつです。

広い部屋/旅館渋の湯

1名朝食7400円の楽天プランを1名で利用しました。部屋は十分以上の広さです。

1泊朝食の格安プランでは珍しい、バストイレ、さらに洗面所付きです。ウオシュレットです。ドライヤーやシャンプー等は、大浴場のみでした。

お茶とお茶菓子。部屋の奥から、玄関を見た様子です。玄関付近に、冷蔵庫があります。今では少なくなった、お酒やジュースがセッティングされた、昔ながらの冷蔵庫です。

大浴場(19時まで男湯)/旅館渋の湯

昔からある大浴場です。男女別だった2つの大浴場を貫き、片方を半露天に改造し、間の仕切りを取り払った形です。景色は見えませんが、小さな庭がしつらえられ、悪くないお風呂です。

内湯です。半露天も内湯も源泉かけ流しです。

  • 19時まで:男性大浴場
  • 19時〜翌朝9時前:女性大浴場

※宿泊者の男女比で変わるかもしれません。

新設の大浴場(19時から男湯)/旅館渋の湯

新設された大浴場です。内湯は木製の長方形の湯船で、湯量豊富なかけ流しです。無色透明ですが、少しぬめりがあり、ほのかに硫黄のにおいがします。

新設大浴場の半露天風呂です。すだれで覆われていますが、自然の風が入る心地よいお湯で、木の丸樽、源泉かけながしです。数名しか入れませんが、渋の湯は部屋数が多くない中規模旅館ですので、規模の割には広めのお風呂と言えます。

大浴場は、改装前の2倍の面積になっていますので、ゆとりがある方です。

  • 19時まで:女性大浴場(女性は早めの到着が必須
  • 19時〜翌朝9時前:男性大浴場

※宿泊者の男女比で変わるかもしれません。

新設の大浴場は、脱衣所が畳敷きで、冬場でも足が冷えず、落ち着きがあります。

朝食/旅館渋の湯

1名朝食7400円の楽天プランの朝食です。量は多くありませんが、それなりに凝ったものが多く、しじみの味噌汁は火にかけられ熱々です。

趣向をこらした、小皿はヨーグルトのデザートつき。

景色/旅館渋の湯

1名朝食7400円の楽天プランでは、5階の山側の角部屋が当てられました。右に山、左に諏訪湖が見え、諏訪の地形がよく分かり悪くありません。高層階の諏訪湖側なら、諏訪湖の一部を望めそうです。

旅館渋の湯は、湖畔ではありませんが、諏訪湖までは徒歩1分ほど。渋の湯は、諏訪湖の中心と言える、遊覧船発着所や間欠泉に近い絶好の場所です。

朝の諏訪湖です。朝食前後での散歩がおすすめです。

以上、旅館渋の湯の感想・評価と筆者による口コミでした。

おすすめの記事


安い宿の宿泊レポートをアップ→安い宿の旅(姉妹サイト)


広告

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)