東京都(ランチ・観光)

国内旅行で損をしない 旅行好きが常用するカード2枚

更新日:


年間80日あまり、国内に出張・旅行に出ている筆者が、実際に使用しているクレジットカード2枚を紹介します。国内旅行や出張で損をしたくないという方は、ぜひご覧ください。


なぜ国内旅行向けのカードはほどんどないの?

マイルと呼ばれるポイントがつく、海外旅行で得をするクレジットカードは数多くあります。一方、国内旅行向けのカードはほとんどありません。なぜなのでしょうか? これは、高額の出費となる航空券や海外のホテルの宿泊代が発生せず、カード会社にとって、国内旅行客はうま味がないことが原因です。

しかし、単純に現金払いをしていては、損をしてしまうのは事実。うまくカードを選べば、ポイントで旅行代を稼げてしまうこともあります。時間はかかりましたが、実際に、7万ポイント近く貯めたこともあります。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

楽天トラベルがやはりカギ

旅行の出費の多くは交通費と宿泊費ですが、ポイントが付きやすいのは、宿泊費です。すると、楽天トラベルの活用が欠かせません。

サイト 口コミ件数 宿泊費
楽天トラベル 多い 最安値となることが多く、セールやクーポンも豊富。掲載宿舎も多い。
じゃらん 普通 観光に絞っている点は良いが、サイトが見づらく、掲載宿舎は普通程度。
トリバゴ 非常に少ない 都心部のホテルの比較はしやすいが、地方や観光地でのメリットは少ない。

楽天トラベルと相性が良いのは、楽天カードです。楽天カードを使って楽天トラベル経由で予約した時点で、2%のポイントがつきます。実際には、さまざまなクーポンが発行されることも多く、さらにお得になります。

(例)1泊1.5万円のホテル×4人×2泊=12万円 … 2400円分のポイントがつく

楽天カードのポイント無双

楽天カードは、もともとポイント優遇を売りにしたカードですが、2017年にSPU(スーパーポイントアップ)の制度が始まり、圧倒的に得になっています。

SPUの主な条件

  • 楽天カード(+3)
  • 楽天トラベル(+1)
  • 楽天市場アプリ(+1)
  • 楽天ブックス[1000円以上](+1)

例えば、楽天市場の通常のポイントは1%ですが、楽天カードで決済すれば即座に4%分のポイントがつきます。楽天市場で、旅行用品などを購入した場合も同様です。

旅行用に、楽天カードで約5万円のカメラを購入したさい、7%のポイントがつき、3444ポイントが還元されました。このときは、以下の計算で、7%のポイントとなりました。

  • 楽天カード使用(+3)
  • 楽天アプリから購入(+1)
  • 楽天ブックスの月内の購入歴あり(+1)
  • お店のキャンペーン(+1)

これは、楽天市場だけでなく、楽天トラベルでも適用されます。

(例)1泊1.5万円のホテル×4人×2泊=12万円 … 7%なら8400円分のポイントがつく

 

このように楽天ポイントは順調に増えますので、7万円程度ならためることはできます。7万円あれば旅館に7泊もできます。楽天カードや楽天のサービスを使用していなければ、実現できない還元率です。

楽天カードは、ネット上で申し込みは完結します。自動審査のため、数秒で結果が来ることもあります。身分証明書は、カードが宅配された際に、宅配のスタッフに見せるだけです。なお、楽天カードは独自の与信基準を持つため、会社員でなくても、審査通過率はかなり高いです。旅行や大きな買い物の前に、持っておくと良いカードだと思います。

2018年年頭には、日経が「楽天カードの2017年4~9月期の取扱高は約3兆円に達し、三菱UFJニコスなど銀行系を抜き、自社発行ベースで初めて首位に立ったもようだ」と報じ、楽天カードが国内でもっとも多く使われているカードになりました。



旅行先での買い物で損をしないためには

ネット通販以外の、旅行先での買い物には、筆者はリクルートカードを利用しています。理由は、還元率が高いからです。

【追記】2018年4月16日にリクルートカードの仕組みが変わります。この記事は、対応を済ませてあります。

  • 銀行系などのクレジットカード … 還元率1%未満
  • 還元率が高いカード(楽天カードなど) … 還元率1%
  • リクルートカード … 還元率1.2%

リクルートカードのメリットは、セブンイレブンなどで使えるナナコカードへのチャージにもポイントがつくことです。

ナナコカードが利用できる主な店舗

セブンイレブン/マック/イトーヨーカ堂/デニーズ/かっぱ寿司/ココイチ/ドミノピザ/ミスド/ビックカメラ/コジマ/LOFT/ツルハ(薬)/セイムス(薬)/エッソ/モービル/ゼネラル/ラウンドワン/快活クラブ(ネカフェ)/コカ・コーラ自販機/ヤマト運輸

nanaco会員メニューのクレジットチャージから、簡単にチャージできます。

例えば、旅先などを含め、1日千円セブンイレブンなどで使う人には、年間で以下のポイントがつきます。月の上限は3万円となります。

  • 36万円×[0.01(ナナコポイント)+0.012(リクルートカードのポイント)]=7920円

さらにナナコカードでは、以下の公共料金が支払えます。セブンイレブンで買い物をあまりされない方は、公共料金の支払いへの利用がお得になります。

  • 電気代、ガス代、水道代、電話代などの公共料金
  • 自動車税、軽自動車税、住民税、健康保険料、国民年金など

これらの支払いは、ナナコポイントはつかず、リクルートポイントだけですが、金額が大きいため1.2%の還元率は無視できません。1か月に3万円が上限となります。

なお、リクルートカードは銀行のATMからいつでも繰り上げ返済が可能ですので、カードの利息もコントロールできます。

リクルートカード


【まとめ】国内旅行好きが得するカード ベスト2

国内旅行好きなら、楽天トラベルで有利な楽天カードは必須。旅行用品や名産品など、楽天市場での買い物でも優遇されます。最低でも2%、コンスタントに使っていれば7~10%程度のポイント還元は、日常的です。もし、1泊1.5万円のホテルに4人で2泊し12万円を支払えば、7%なら8400円分のポイントがつき、見逃せない差になります。

また、旅先でもよく使うセブンイレブンなどで使用できるナナコカードに、リクルートカードからチャージすれば、ポイント還元率は2.2%と相場よりもかなり高くなります。例えば、1日千円セブンイレブンなどで買い物をする人には、年間で7920円分のポイントがつきます。公共料金支払いへの利用も可能です。


リクルートカード

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-東京都(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.