チェーン店・その他

マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフの感想と口コミレポート

更新日:


この記事では、マックが期間限定で発売した、マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフの感想と口コミレポートをお送りします。


(結論)マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフの感想と辛口評価

マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフは、単品で490円。期間限定のなかでも、高めとなります。

  • 過去の期間限定メニューの中でも完成度は高い。チーズソースを中心に、甘み、酸味、塩気、食感など、バランスよく完成されている。
  • チーズは、バーガーの中では埋もれがちだが、チーズソースの大量投入で解決。チーズ好きも納得できる味。2枚のベーコンも存在感。
  • 490円は高い。モスならダブルてりやき、ダブルモス野菜などと同価格。やはり肉質はネック。

マックのビジネスは、簡単に言えば、駅前など便利な場所の家賃の分、肉質を落とすモデルです。モスと比較するのは酷ですが、割高感は感じます。

しかし、これまでのマックの期間限定の中では、明らかに上位。濃いめのダブルソースで、味を重層化し、肉や野菜の質をカバーする、マックを復活に導いた路線の完成段階にあります。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフの詳細

マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフの味の決め手は、チーズソースです。濃厚なチェダーチーズで、チーズ好きも納得の味。バンズの粉チーズは、分量が少なく死んでいますが、スライスチーズは生きていますので、2つのチーズの味が楽しめます。

ダブルソースのもう1つは、野菜の下にある酸味を効かせたステーキソース。酸味を加えることで、味のバランスを良くしています。

  • 甘み  …  アメリカンデラックスチーズ・ビーフの甘みは、バンズが担当。黄身がかった特製バンズは、甘さが強調されています。
  • 塩気  …  ビーフの塩が担当します。
  • 食感  …  刻まれたレタスの芯が担当します。レタスはマックが苦手とする野菜で、刻んだとしても、あまりおいしくはないです。
  • 辛さ …  ステーキソースの粗挽きコショウが担当します。

食べ物の評価は、甘み、塩気など代表的な味を全て備えていることと、食感で決まります。その意味では、かなり完成されたレシピです。これ以上おいしくするには、肉質の改善、新鮮な野菜を使う、この2つの方法しかありません。

マックは駅前や幹線道路への立地や、駐車場の設置で勝負しています。大量の広告費もマックの特徴です。この2つを放棄しない限り、これ以上おいしくはできないでしょう。その意味で、味だけで見ればモスどころかサイゼリヤにまで抜かれましたが、よく頑張っていると言えます。


(まとめ)マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフの感想と辛口評価

以上、マック アメリカンデラックスチーズ・ビーフの感想と辛口評価でした。

単品490円ですので、モスの同価格帯と比較すると、品質面では負けますが、チェダーチーズソースはじめ、味のバランスが良く、試してみる価値はあります。期間限定のメニューとしては、間違いなく当たりの方に入るでしょう。

関連記事:マック アメリカンデラックスチーズ・チキンの感想と口コミレポート

歴代のマック限定メニュー一覧

復活への道 マック歴代の期間限定バーガー一覧

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-チェーン店・その他

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.