チェーン店・その他

【辛口評価】マック 凄(すご)チキンタルタの口コミレビュー~旧チキンタルタと比較~

2018/02/07


マクドナルドが、2月7日、凄(すご)チキンタルタを新発売しました。この記事では、凄チキンタルタの辛口の口コミレビューをお届けします。昨年のチキンタルタと徹底比較も。


【結論】マック  凄(すご)チキンタルタの口コミレビュー

2017年2月8日に新発売されたチキンタルタは、チキンタツタにタルタルソースを加えたもの。2018年2月7日、早くもリニューアルされました。名称は、凄(すご)チキンタルタ(380円)。主な改良点は、タルタルソースの卵が、1.5倍になったことです。

実際に食べてみると、タルタルソースの卵は確かに増えたようですが、昨年版の卵サンドのような自然な風味ではなく、調味料の味が前面に押し出されてしまいました。全体としての完成度は悪くはありませんが、昨年よりやや後退と言えるでしょう。マックのメニュー全体のなかでは、完成度が高く、おすすめ度は高い方です。


【詳細】マック 凄(すご)チキンタルタの口コミレビュー

写真は、凄チキンタルタの、上のバンズを少し後ろにずらしたものです。タルタルソースがかなりたっぷりと入っていることが、分かります。チキンタツタ自体が、マックのメニューの中では完成度の高い人気メニューで、卵のタルタルソースとの相性も抜群。全体には、おすすめできるメニューです。

問題は、タルタルソースの卵が1.5倍になったという宣伝文句です。下に、昨年のチキンタルタの写真があり、比べると確かに卵の量は、増えているように見えます(厚みが増している)。しかし、自然な卵感よりも、マヨネーズに入った調味料の味が強くなってしまい、この点では、あまり評価はできません。

2017年のマック  チキンタルタはどうだった?

マックのチキンタルタは、2017年の2月8日に新発売されました。価格は2018年と同じ380円。2017年度版のチキンタルタは、①ボリューム感、②ジャンクな味つけ、③野菜は鮮度の差が出ないものという、マックを復活に導いた路線を突き詰めたものでした。

目玉は、量が多く、苦手な人が少ないタルタルソースでした。セブンイレブンのたまごサンドのような、卵のマヨネーズあえに近い独自のタルタルソースは、大変完成度が高いものでした。


【まとめ】マック 凄(すご)チキンタルタの口コミレビュー

凄チキンタルタは、タルタルソースの味つけが、やや後退してしまったとは言え、定番のチキンタツタの良さは持っています。

  • 鶏肉を天ぷら粉で揚げた食感としっかりとした衣の味に、マックらしいジャンクに寄せた強い味つけが、満足度を増している。
  • バンズは、黄色く柔らかく、焼きたてパン屋さんのような味わいがある。

全体としてのおすすめ度は高く、同価格の凄チキンタツタよりもおすすめ度は高いです。凄チキンタツタのレビューは、関連記事にあります。

関連記事:【辛口評価】マック 凄(すご)チキンタツタの口コミレビュー

夏に備えて

トラベルジャーナでは、記事に関連した情報をお待ちしています。
コメント欄をご利用ください。

関連記事(一部広告を含む)

-チェーン店・その他