チェーン店・その他

超グラコロ2016の感想と辛口評価~マックの筆者口コミ~

2017/01/05

マクドナルドが2016年12月12日に発売した「超グラコロ」の感想と辛口評価(筆者口コミ)をお伝えします。

広告

(結論)2016年版 超グラコロの感想と辛口評価

2016年版、超グラコロの写真です。グラタンを、コロッケのように揚げたバーガーに見えます。

しかし、実際には小麦粉をスープで溶いたものを、揚げた印象です。マカロニは、5分の1ほどのサイズが少しだけ。エビも注意しなければ見つけられないレベルで、エビ嫌いでも問題ありません。超グラコロのグラタン部分の評価は分かれるでしょう。

その他については、マックの苦手とするミート、レタス、トマトを使わず、マヨネーズ系とウスターソースの仕上げで、全体のバランスはよく取れています。通常のポテトコロッケよりはやや落ちますが、コロッケが好きな人ならば試してみても良いでしょう。単品は340円です。

マヨネーズ系のソースはよく工夫された味です。また、バンズは見た目はいつもと同じですが、ややふっくらとした仕上げで、コロッケやキャベツとの触感のギャップを狙っています。

マック 超グラコロの詳細

超グラコロ

右側が超グラコロ(340円)です。左側は超デミチーズグラコロで370円です。

超グラコロ

以前のグラコロよりサイズは、小さくなった感があります。おいしいと言われる食べ物が持つ、7要素を確認してみます。

  1. 甘さ○ … グラタン部分と、バンズ。
  2. 酸味△ … マヨネーズ系のソースに、酸味が含まれますが、超デミチーズグラコロには負けます。
  3. 塩味○ … ウスターソース。
  4. 苦味 … 特になし。お店や時間帯によっては、油の質の関係か、コロッケに余計な苦味が付くことがありますが、超グラコロをテストした店では問題なしでした。
  5. うま味 … 弱い(超デミチーズグラコロと比べると、デミグラスソースを使わないため、弱点となります)
  6. 辛さ○ … ウスターソース。
  7. 食感◎ … コロッケの衣。キャベツ。柔らかいバンズとのギャップ。

以上のように、味の7要素のうち5要素がそろい、バランスはまずまずです。食感、甘辛、塩味のバランス。

マックは、ミートパティ、レタス、トマトを非常に苦手としています。モスバーガーに味の面で大きな差をつけられているのは、この3点によります。今回は、ミートでなくコロッケ、野菜はキャベツと、マックの持ち味が出やすいバランスです。

また、最近のマックは、ややジャンクな味つけと、味のバランスにこだわりが見られます。超グラコロは、ジャンク感は控えめで、エグチのような家庭的な味のまとめですが、味のバランスはよく配慮されています。

マック 超グラコロと超デミチーズグラコロの比較は?

超デミチーズグラコロ(370円)

写真:超デミチーズグラコロ

超グラコロ(340円)と超デミチーズグラコロ(370円)を比較すると、デミグラスソーのうまみと酸味が強い分、超デミチーズグラコロに軍配が上がります。超グラコロの魅力は、安く、シンプルで家庭的な味です。

チーズの有無の差は、ビジュアルほど味には影響しませんが、見た目の華やかさは、超デミチーズグラコロです。

超デミチーズグラコロの感想と辛口評価〜マックの筆者口コミ〜

マクドナルド総選挙 立候補バーガーの写真&公約リスト!

広告

-チェーン店・その他