チェーン店・その他

マック チーズロコモコ(昼)、チーズロコモコマフィン(朝)の感想と口コミレポート

更新日:


マクドナルドが、チーズロコモコ(420円)、朝マック限定のチーズロコモコマフィン(330円)を発売しました(2018年7月11日)。この記事では、感想と口コミレポートを掲載します。

※2016年は5月に復活し、2017年は7月に発売された人気シリーズです。


チーズロコモコバーガーの感想と口コミレポート

チーズロコモコバーガー(420円)です。まず目に入るのはバンズ。粉チーズをトッピングして焼いてあります。味への影響は少ないですが、食感や見た目の評価が上がります。

卵を使ったハンバーガーは、肉質をカバーできるマックの必勝パターン。根強い人気の月見バーガーやエグチも卵がポイントです。

グレイビーソース(肉汁ソース)とマヨネーズを使ったダブルソースを大量に加えることで、インパクトを出すことに成功しています。

マックの期間限定メニューのなかでも、最も完成度が高いバーガーの1つで、おすすめ度は高くなります。ソースが多いため持ち運びには注意が必要で、手が汚れやすいハンバーガーです。


旅行や外出の前に、旅行先でのヘアスタイル維持はブラシとシャンプー選びでほぼ決まるをお読みください。

2017年からチーズロコモコバーガーは、肉厚1枚に変更

2016年のチーズロコモコバーガーは、ビーフパティ2枚でした(写真)。2017年、2018年は、肉厚パティ1枚に変更されています。通常のパティよりも、肉感が上回ります。

マックのロコモコは全部で5種類

ロコモコバーガーは、昼・夜は3種類、朝マック(10:30まで)にも2種類あります。

昼・夜のメニュー

  • ロコモコ(390円)
  • チーズロコモコ(420円)
  • スパイシーロコモコ(440円:2017年の夏カレーロコモコから変更)

朝メニュー

  • ロコモコマフィン(330円)
  • チーズロコモコマフィン(360円)

大きな違いは、昼・夜はビーフを使用、朝はソーセージパティを使用していることです。朝マックのチーズロコモコマフィンは、この記事の後半をご覧ください。スパイシーロコモコについては、下の記事をご覧ください。

 


朝マック チーズロコモコマフィンの感想と口コミレポート

マックは、午前10時30分までの朝マックのメニューとして、チーズロコモコマフィン(360円)を発売します。

朝マックの硬めのマフィン生地と、やわらかい卵の相性が良く、食感は良いです。グレイビーソース(肉汁ソース)、マヨネーズが強く感じられます。埋もれがちなチーズの存在感も良く、非常に良くできています。

チーズロコモコマフィンは、肉厚パティでなく、通常の厚さのパティを使用。また、朝メニューでおなじみのソーセージパティがチョイスされています。

チーズロコモコマフィンでは、肉質の弱さを強めのダブルソースや食感の多様さでカバーする、最近のマックの路線が、かなり高いレベルで成功しています。

関連記事

 

関連記事(一部広告を含む)

-チェーン店・その他

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.