千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

【水戸駅】駅前で離島料理を味わう(ランチ、グルメ、料理のおすすめ)

2016/01/19

常磐線水戸駅茨城県の水戸市は観光地というほどの観光地でもないためお店が限られ、ランチには迷う場所です。様々なサイトを渡り歩いても、なかなかこれだという店はありません。こういうときは裏をかいて駅ビルを当たるのが意外と良い店を発掘するポイントなります。

広告

離島キッチン

ランチ探しの方法はぐるなび、食べログ?

写真 4 (10)

今回水戸駅でのランチ探しは上野からの特急スーパーひたちの車内で行いました。旅行客ならともかく、出張客は事前にお店を決めておくほどの余裕はなく、①電車や車での移動中に探す人、②行き当たりばったりで外観で決めていく人、③面倒なのでなじみの店やチェーン店しか使わない人に分かれてきます。

一般的な調査によると「ぐるなび」、「食べログ」、「ホットペッパー」を見る人が多いということになっています。しかし、本当でしょうか?多くの人が3つのグルメサイトを使用するかもしれませんが、あくまでお店のHPや各種ブログと合わせて利用しているだけで、グルメサイトだけを利用しているわけではありません。また厳しめのコメントが目立つ「食べログ」でお店を選び、ほかでクーポンだけ探す人もいると思います。「ぐるなび」は口コミが初めから「応援口コミ」と設定されているい非常に使いにくいサイトです。飲食店からの評価は高いようですが、お役の側からすると応援に限定された口コミならお店の公式見解を見たほうが効率がよく活用法に困るというのも実情です。

どのサイトを使うのかというアンケート調査では複数を合わせて使おうが、グルメサイトだけ使おうが同じ扱いになってしまいます。お店の方は私たちのような客が「どのサイトを使用しているか」でなく、「お店を決めたのはどのサイトか」に気を配って頂きたいと思います。

水戸駅でのランチに「離島キッチン」

写真 2 (17)

写真:離島キッチンから水戸駅北口を望む

離島キッチン
茨城県水戸市宮町1丁目1−1 エクセル本館6階
0292-21-5088
11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
運営 一般社団法人海士町観光協会

結局スーパーひたちのなかでは、グルメサイトの情報の洪水と格闘したものの到着までに確信の持てる店が見つからず、こういうときは駅周辺よりも駅ビル内の方が当たりが多いという経験則から駅ビルを当たってみました。

お店を見てみて気になったのが「離島キッチン」。様々な離島料理が食べられるようで、訪ねたときには「東成瀬村」とのタイアップの企画の実施中でした(他の離島料理も揃っています)。東成瀬村は秋田新幹線の山形と秋田の中間地点あたりから、さらに奥深く山へ分け入った山深い場所にありこことタイアップするというのはなかなか面白い発想です。正確に言うと離島ではなく「離村?」なのですが、離島イメージということでしょう。

離島キッチン

タイアップしている村のポスターや特産物を展示するコーナーで、販売もやっています。村の食堂側としても料理のレシピを提供する代わりに、村のPRになる仕組みでよく考えられています。

写真 4 (10)

これは絵葉書コレクションです。インテリアは良く整えられており、冒頭の写真のようにお離島関係の文庫本をセレクトした飾りもありました。お店に合った文庫本は想像力を膨らませる部分があり感じの良いインテリアになります

高坂 カフェ

(参考)同様のインテリア。埼玉県高坂。

埼玉県高坂駅にゆき届いた手作りカフェ発見

広告

全国の離島の食事が楽しめる「離島キッチン」

離島キッチンには様々な離島料理が揃っています(時期によりメニューは変わると思いますのでご確認ください)。

写真 5 (6)

・対馬とんちゃん定食……長崎県対馬発祥の豚肉料理で第2回九州ご当地グルメコンテストで優勝しています。対馬では焼肉というとこれがイメージされるようです。韓国から海を渡ってきた甘辛のたれがポイントです。

・イカゲソのホイル焼き定食(隠岐料理)……イカのワタも入っておりホイル焼きということで食べる楽しみはありますが、この店では安めの料理のためかこれではイカんという感じです。現状では隠岐の人おしオキされそうです。駅ビルのため家賃も高く仕方ないのだと思いますし、安い料理をセレクトした自分の責任ですが、隠岐の人が値段を決めたわけでないので隠岐の人は困ると思います。

離島キッチン

・ひゅうが丼……大分県津久見市の漁師の賄い料理でゴマダレがポイントになっています。

・小豆島キーマカレー……小豆島キーマカレーというのは本当に小豆島名物なのでしょうか?「小豆島観光協会」のページにも載っていないのです。調べつくしたものの「島キッチン」と「国民宿舎」で提供されているだけ。以下スネ夫のママの意見を掲載しておきます。

ダウンロード

出典:ドラえもん

スネちゃま!地方の料理というのはその地域の人の想いがこもっているざます。その土地に必然性のある食材を使って、地域の人が何度も改良を重ねて出来てきた味ざます。もっとも最近は名物を作るために会議で生まれたようなものもママは知ってるざますけど、観光協会のページに載っていないようなものを出しちゃだめざます。小豆島の人はお店で紹介され興味を持ってもらい、お店にはお客が増え、お客は満足するのが本来ざましょ?このサイクルは本物であってこそ生まれてくるとママは考えるざあますよ。地方ブームだから地方の名前を出しておけばいいという発想ではだめざます。

・五島の鯛茶漬け……長崎県の五島列島で提供されている鯛茶漬けざます です。鯛茶漬けは五島列島以外にも新潟県柏崎市が力を入れています。

柏崎の鯨の花壇と鯛茶漬け

駅ビルのため駅0分で、窓際の席も空いていれば眺めも良く内装も整っていますので、1000円程度のメニューがおすすめかもしれません。白いご飯とみそ汁はお代わり自由で、全体としては及第点です。

写真 2 (16)

窓側に4テーブルあり、空いていれば駅前の景色が堪能できます。なお離島キッチンは調べてみると浅草店が本拠地で、水戸の店は期間限定の出店でした(離島キッチン浅草店地図)。

水戸でのランチ2食目は「みんなの食堂」

水戸 みんなの食堂

みんなの食堂
〒310-0825 茨城県水戸市谷田町字下の内969
東水戸駅出口から徒歩約14分

「離島キッチン」でランチを済ませたのですが、現地のエージェントの社員と打合せミスがあり2度目のランチに。途中下車こらむでは駅から5分以内を原則としているのでページは立てませんが、餃子がおいしかったです。皮が厚く肉汁が飛び出してくる本格的なもので、名古屋の隠れた名物「まんざ」に近い味です。名古屋の「まんざ」は、餃子の欠点をカバーした名料理で、このためだけに家族で往復2時間かけて通っていた名料理です。

水戸市のみんなの食堂の餃子も、餃子の皮の味わいが弱く舌触りが硬いという欠点をカバーしたかなり上出来の餃子です。店の外観は店名同様かなりラフというか無頓着ですが、中国人が切り盛りしているようです。ネット上のラーメンの専門家からの評価はかなり低いのですが、同行者も麻婆定食をかなり評価しておりどうなのでしょうか。ラーメンは、中国と日本でかなり違うので餃子はおいしくてもラーメンはということかもしれません。

広告

関連記事(茨城県)

【常磐線日立駅】日立の技術が生きた専用軌道バスと魚料理
【茨城県北茨城市・常磐線磯原駅】旅行通しか行かないおすすめのランチと観光
【常磐線羽鳥駅・水戸駅】黒糖まんじゅうの最高峰

-千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)
-, , ,