チェーン店・その他 東京都(ランチ・観光)

宮武讃岐うどんのメニューと評価~丸亀製麺との比較~

2016/08/26

丸亀製麺に似た「宮武讃岐うどん」のメニューや評価をまとめました。取材先はららぽーと立川店です。

広告

宮武讃岐うどんとは?

宮武武蔵うどん

✔ 宮武讃岐(みやたけさぬき)うどんは、丸亀製麺を意識したセルフサービスのさぬきうどん店です。木目調で光を重視した店舗設計やざるうどん290円からという気軽な料金が共通。製麺機を備え、店内で麺をカットしている点も同じです。

✔ 大きな違いは、丸亀製麺が兵庫県の企業であり、宮武讃岐うどんは、宮武讃岐製麺所という香川の大手製麺所と組んでいるという点。宮武讃岐製麺所は、香川県内のスーパーやお土産品として目立つわけではありませんが、県外には強いメーカーです。

✔ 宮武武蔵うどんは讃岐うどんのコシに欠かせない「弾力」と関東などで好まれる「硬さ」の両方を持っています(ハイレベルではないにせよ)。丸亀製麺は、弾力を捨て硬さと粉っぽさで関東人好みのインパクトを出しています。宮武武蔵うどんは、丸亀製麺好きには必ずしも向きませんが、全国普及版の讃岐うどんとしてはそこそこのレベルです。

※香川の有名個人店「宮武うどん」「宮武うどん店」とは関係ありません。

宮武讃岐うどんのメニュー(ららぽーと立川店の場合)

宮武讃岐うどん

宮武讃岐うどんの主なメニューは以下の通りです。大盛りは全て100円です。

大きな看板にある目立つメニュー(定番と名物うどん)

さるうどん(冷) 290円
かけうどん(温) 290円
大判きつね(温) 360円
豚味噌チゲうどん[ピリ辛](温) 590円
(季節)豚しゃぶ胡麻だれうどん(温) 590円
(季節)あさりとわかめのうどん(温) 590円
豚混ぜ讃岐うどん[濃厚](温)650円

その他のメニュー

釜揚げ(温) 350円
生醤油 350円
ぶっかけ 400円
釜玉 400円
明太釜玉 500円
カレーうどん 550円

宮武讃岐うどんの評価

宮武讃岐うどん

✔ うどんの食べ方は実は冷やしが基本です。さるうどん(290円)とかしわ天(150円)を購入しました。足して450円。

✔ 讃岐うどんの特徴は、丸亀製麺のような硬さ・粉っぽさではなくモチモチとした弾力を伴うコシです。宮武讃岐うどんはモチモチ感を持っていますので、丸亀製麺よりは讃岐風ですがツルッとした食感が出ていません。硬さは標準的。全体にバランスが良いですが、どっちつかずの面もあります。

✔ ダシはいりこダシ(カタクチイワシ)が強く効いています。かしわ天はからりと揚がり肉質も悪くないです。

宮武讃岐うどんの位置づけ

2強の「丸亀製麺」「はなまるうどん」と比較してみます。

・はなまるうどん … 伸びたわけでなくはじめから柔らかいうどん。九州ではこの「やわいうどん」が主流になります。

・丸亀製麺 … 香川県にベースはなく、讃岐うどんのコシのイメージを、硬さとボソボソした粉っぽさで表現した独特のうどんです。関東で人気がある武蔵野うどんあるいは吉田のうどんに似ていますが、粉っぽさは際立ちます。
※実際の讃岐うどんは、硬さや粉っぽさの方向性のコシの強さではありません(弾力や滑らかな食感の方向)。

・宮武讃岐うどん … 本場さぬきうどんの全国普及版のイメージです。香川県内の名店にはかなわないと思いますが、3チェーンのなかでは讃岐色がある方です。

宮武讃岐うどんの店舗

宮武讃岐うどん

アリオ橋本店 10:00〜22:00

アウトレットパーク木更津店 10:30〜21:00

東京スカイツリータウンソラマチ店 10:00〜22:00

ららぽーと豊洲店 11:00〜23:00

佐野プレミアム・アウトレット店 10:00〜22:00(土日祝は9:30オープン)

湘南モールフィル店 10:00〜21:00

成田空港LCCターミナル店 4:00~21:00 (L.O)

コクーンシティ埼玉新都心店 10:00~21:00 (L.O)

三井アウトレットパーク小矢部店 10:30~20:00

宮武讃岐製麺所

入間アウトレットパーク店 10:30〜21:00

ららぽーと TOKYO-BAY店 平日11:00〜22:30 土日祝日11:00〜23:00

あみプレミアムアウトレット店 10:00〜20:00(8月末までは21:00)

広告

-チェーン店・その他, 東京都(ランチ・観光)