埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

長野駅前の老舗そば店 油やのメニューと感想・口コミ

この記事では長野駅前にある、老舗のそば屋「油や」の感想、筆者口コミ、メニューを紹介します。筆者は、長野、善光寺、松本などのそば屋を食べ歩いています。

広告

長野駅前の老舗そば店 油やの場所

  • 長野駅前の老舗そば店「油や」は、長野駅善光寺口の目の前です。駅を背にして正面、左側の角地です。
  • 新幹線改札から訪問する場合、改札を出て右手が善光寺口です。
  • 油屋が立地する、長野駅を背に左斜めに伸びる道は、善光寺への参道です(徒30分程度)。

長野駅前の老舗そば店 油やの位置づけ

長野駅前の老舗そば店 油や

長野駅周辺のそば屋の分類は、以下の通りです。「油や」は、時間のない時の有力な選択肢です。

  1. 長野駅周辺 … 電車の時間がない場合。「油や」は無難かつレベルも高い伝統店。「ぼっち」は、こだわりがあり新興だが油やに並ぶ勢い。駅ナカの「みよ田」は小洒落た店。お腹いっぱい食べたいなら、駅ナカの「草笛」
  2. 権堂商店街 … 電車での善光寺参道。穴場。
  3. 善光寺参道(大門以南) … 休日でも席が取りやすい。
  4. 善光寺参道(大門以北) … 伝統ある人気店が立地。手抜きはなし。
  5. 長野市郊外 … 信州中野駅周辺など。地元向けで高CP。
  6. 戸隠方面 … 本場の戸隠そば。観光客向けに、こだわりある名店が揃う。

(結論)長野駅前の老舗そば店 油やの感想・口コミ

そば 油や

  • 油やのそばは、田舎そばと更科そばの間の粉を使う、人気が高い2番そばです。
  • やや冷やしすぎの感がありますが、そばの味、甘みとも平均以上。歯ごたえ、のどごしも平均以上です。全てにおいて中の上あたりで程よくまとめたそばです。
  • 店構えが良く、駅前店ながら、相席の大テーブルはごく一部。お店の大半がテーブル席で小上がりまであります(半個室風の小上がりも)。

全体として、駅前、善光寺参道のスタート地点という立地にあぐらをかかない質の維持は、お見事です。長野駅周辺や善光寺周辺では、伝統と人気に依存し手抜きするそば店が、ほぼ見られないことに驚かされます。

長野駅前の老舗そば店 油やのメニュー

油や メニュー

油やのメニューです(取材時)。

  • もりそば 750円
  • 大もり 960円
  • もり二枚 1210円

油や メニュー

油やの、サイド付きのメニューです。

  • もりそば+天丼 1050円
  • もりそば+ヒレ(カツ)丼 1050円
  • もりそば+笹寿司 900円

笹寿司は、長野北信から新潟にかけての名物です。戦国時代には、上杉謙信が野戦食(携帯食)として携えたとされます。

油やに行けば、善光寺そばは行かなくて良い?

油や そば

油やは、観光客やビジネスマンを集める好立地にしては、手を抜かないそば店です。例えば、水切りもこれ以上切ってはのどごしが悪くなるし、これ以下だとそばつゆが薄くなるという程よい線です。

そばつゆは、長野市一帯に多い、かつおだし、醤油、みりんの全てを少し強めに効かせたもの。合格点の味です。そばの量も平均より気持ち多めで、ここにも程よい加減が顔を出します。接客も基本が良くできており、旅行者や出張客を後悔させない店です。

ただ、善光寺参道には、さらに伝統を研ぎ澄ましたそば店もあります。また、観光客流入が見込めない長野市の郊外には、さらにコスパのよいそば屋があります。そして戸隠には、全国からそば通が集まるそば屋があります。しかし、長野駅前にある、油やが、観光客やビジネスマンをがっかりさせてしまっていたら、それぞれの専門店に訪ねる人は減っていたでしょう。間違いなく、信州そば(戸隠そば)の入門としての役割を果たすお店です。

※なお、そば通の方なら、長野駅周辺でも「ぼっち」の方が合うかもしれません。主人が、定期的にそば粉の配分を変えているこだわりの店です。

(まとめ)長野駅前の老舗そば店 油やの感想と口コミ

油や 内装

長野駅前のそば屋「油や」は、黙っていても客が入る立地です。それでいて、安易に流れないのは、先代からの方針を守って地道な商売を心がけているからとのこと。長年、長野駅善光寺口の角地は、油やと昭和風のおみやげ屋さんで変わりませんが、今後も続いていきそうです。

広告

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)