トラベルジャーナ

完全個人運営の現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡の旅行&ブラタモリ情報

埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

そば処みよ田 長野本店のメニューと口コミ〜長野駅のそば〜

2017/05/30

この記事では、長野駅の駅ビルにある「そば処  みよ田」のメニュー、感想と筆者の口コミを紹介します。筆者は、長野や松本のそば屋を多数訪問しています。

広告

(結論)そば処みよ田  長野本店の口コミ評価

みよ田 長野駅

そば処みよ田は、長野駅の構内からエスカレーターで直結です。善光寺口に向かい、途中左手の駅ビルMIDORIのエスカレーターを登ります。

店構えが良く、内観も木をしっかりと使いしっかりとしています。そばは、田舎そばと更科そばのあいだの「2番そば」で、現在信州そばとして主流となる、バランスのよいそばです。そばの味は、上の下くらいです。つゆは、かつおだしをわずかに苦目に効かせ、全体に濃くまとめた長野一帯特有のものです。

みよ田のおすすめは、何と言っても「ごま汁せいろ」。ごまたっぷりで、どこもマネできない重層的な味です。欠点は、そばを冷やし過ぎていること。旅行客が、キンキンに冷えたものをありがたがる風潮のせいですが、そばの味を下げてしまっています。また、食器が良くないです。全体としては、カジュアルな割烹風の内観で、夜でも気軽に蕎麦だけを注文できる雰囲気で、場所もよく、使い勝手のよい店です。

広告

長野駅周辺  みよ田と比較されやすいそば屋

長野駅周辺で、そば処みよ田長野本店と比較されやすいそば屋は、善光寺口駅前の「油や」です。昔から駅前の角地にある伝統店で、内装、接客もよく、みよ田に似たタイプの強力なライバルです。また、同じ駅ナカでボリュームがある「草笛」もライバルです。

そばの量は、やや油やが多いと感じます。落ち着いた雰囲気で、少し長居するなら、みよ田です。一方、駅から1、2分の「ぼっち」が近年は人気を上げています。そば粉を定期的に入れ替える、通好みのそば屋です。

  • おしゃれ、便利、量は控えめ … みよ田
  • 駅前の伝統店で内観も良し、王道の信州そば … 油や
  • 駅ナカでそばをお腹いっぱい食べたい … 草笛
  • そば通をうならせるそば(場所は分かりにくい) … ぼっち

みよ田長野本店のおすすめは、ごま汁せいろ

みよ田 長野駅

みよ田長野本店のおすすめは、ごま汁せいろ(830円)です。写真は、ごま汁のほか、とろろ、大根おろしもつく巴せいろ(1030円)ですが、比較するとごま汁が圧倒的に目立つ組み合わせで、ごま汁せいろがおすすめです。

麺の量は普通です。やや多め、多めは240円増しです。

そばは、そばの皮も使った黒い田舎そばでも、芯の部分だけ使った白い更科そばでもない、中間的な2番そばです。長野、松本の人気店では、基本的には2番そばが出されます。つゆはやや苦味を強調した、大人向けのもの。そば湯は、無理にそば粉を投入してドロドロさせたタイプでなく、王道のそば湯です。お茶はそば茶。

みよ田長野本店のメニュー

みよ田長野本店 メニュー

基本メニューは、せいろそば(710円)です。そばの量は、ごくごく普通ですので、心配なら多めを注文します。おすすめは、何と言ってもごま汁せいろ。ごま汁せいろなくして、みよ田は語れません。

みよ田 長野本店 メニュー

そばを味わうには基本的には、冷やしがおすすめですが、温かいそばもあります。鴨南蛮そばは1100円、天ぷらそばは1390円です。

みよ田長野本店の内観(雰囲気)

みよ田 長野本店

みよ田は、駅ビルにありながら、内観はしっかりとした落ち着いたものです。カジュアルな割烹風。カウンターもありますが、4人以上のテーブル席が主体。1〜2名で利用できるテーブル席も2つあります。

※小上がりはありません。小上がり希望の場合は、油やへ。

以上、そば処みよ田 長野本店の筆者口コミでした。

関連記事のタイトルはクリックできます。

【現地取材】長野駅前の老舗そば店 油やの口コミ!

1レースから購入できる予想記事
競馬予想のレジまぐ

トラベルジャーナでは、記事に関連した情報をお待ちしています。
コメント欄をご利用ください。

関連記事(一部広告を含む)

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)