東京都(ランチ・観光) 神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

沼津港の新名物 深海プリンの味、口コミ、値段、持ち帰り時間は?

更新日:


沼津港に新店の深海プリン工房が登場しました(2018年7月)。深海に見立てたブルーがインスタ映えする深海プリンの、味、口コミ、値段、持ち帰り時間を検証します。


沼津深海プリン工房の場所と混雑度

沼津深海プリン工房は、沼津港のバス乗り場のそばにある、沼津港新鮮館の道路を挟んだ向かい側にあります。

写真は沼津港自体は混雑しない、7月下旬の平日です。他店と異なり、沼津港プリン工房にだけ、行列ができていました。しかし、9月に訪ねると平日の行列は解消。土日祝日のみ注意が必要です。

3種類あるプリンのうち、深海プリンは早めに売り切れる日もあります。売り切れの出ないように製造しているとのことでしたが、土日祝日は夕方より前に訪ねたいところです。

※9月にネットのニュースで取り上げられたため、大量購入により品薄になる日もあるかも知れません。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

沼津深海プリンの持ち帰り時間と食べる(撮影する)場所

沼津深海プリンです。持ち帰る場合は、写真のように紙製の支えが入っています。お土産用のきれいな青い袋は、別途100円が必要です。

持ち帰り時間は、保冷剤を入れても1時間です。どうしてもという場合、自己責任で3時間程度が限界とのアナウンスです。沼津港で食べる場合は、沼津港にはベンチがほとんどないため、すぐそばの沼津港新鮮館のベンチを使用するしかありませんが、混雑します。

裏ワザは沼津港のすみにある展望台のびゅうおです。入場料が100円かかりますが、展望スペースにベンチがあり、海を背景にインスタ映えも狙えます。

沼津深海プリンの味と口コミレポート

沼津深海プリンは、ビンに詰められ、プラスチック製の長いスプーンがついています。

深海に見立てた青い部分は、ラムネをイメージしたゼリーです。スプーンを挿すと、クラッシュドゼリー(ジュレ)のようになります。香料はレモンで、誰もが好むラムネ風の味で、甘さは普通程度。

プリンは、バニラビーンズが見える本格的なものです。ブルーのゼリー部分との相性も良いです。

全体に世代を問わない味で、子どもからお年寄りまで広く好まれそうです。サイズが大きすぎないため、糖分を気にしている方にもおすすめです。


沼津深海プリンの値段と原材料

沼津深海プリンの値段は、以下の通りです。

  • プレーン 400円
  • 深海プリン 430円
  • 抹茶 450円
  • 塩キャラメル  380円
  • 3個セット  1200円
  • 4個セット  1600円

ソフトクリームの値段は以下の通りです。夏は溶けやすいので、すぐにとなりの沼津みなと新鮮館に持ち込むと良いです。

  • プリン  350円
  • 深海  400円
  • 深海プリン(ミックス) 380円

以上、沼津港の新名物 深海プリンの味、口コミ、値段、持ち帰り時間は?でした。

沼津港の海鮮丼、刺身のランキングは次の記事にあります。

沼津港 漁師が認めた安いランチ・海鮮丼おすすめランキング

 

 

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-東京都(ランチ・観光), 神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.