東京都(ランチ・観光)

都内で安く入れる天然温泉ベスト5(銭湯、スーパー銭湯、日帰り旅行)

2015/05/03

東京駅付近の大手町で温泉が発掘されニュースになりました。三菱地所が掘り当て、今後建築するホテル棟には和風旅館「星のや東京」を入れてオリンピックなどで来日する外国人旅行客にもPRしてゆくようです。ただ意外かもしれませんが、東京都内にはすでに多くの天然温泉があります。

JD000106a

大手町温泉の開業予定地は?

大手町温泉はまだ完成していませんが、住所は東京都千代田区大手町1-7-18および19となり、地下鉄大手町駅C3出口すぐの読売新聞本社の北側です。以前には日本政策投資銀行などがありましたが取り壊され工事中です。温泉が出た場所は、日本政策投資銀行の建物の北の端付近だったところです。

実は都内には意外に温泉が多く、深く掘れば必ず出てくると指摘する人もいます。問題は意欲と資金なのですが、例えば下で紹介する「清水湯」(武蔵小山)は積極的に温泉を掘り、2つ目の温泉を掘り当てています。

今回は三菱地所ほか大手企業が絡むためか、テレビを含めたメディアでも一斉に取り上げられました。その宣伝効果は何千万円レベルかと思いますが個人経営ながら積極的に投資し、温泉を提供している銭湯もぜひ紹介してほしいものです。

広告

都内で安く入れる天然温泉ベスト5(銭湯、スーパー銭湯、日帰り旅行)

都内の天然温泉1位 天然温泉 美しの湯(高井戸駅

大手町温泉に遜色のないほぼ都心部(京王井の頭線で渋谷から15分、吉祥寺から7分)の天然温泉が「高井戸」にあります。天然温泉は量にも限りがあり内湯限定となっていますが、正真正銘の天然温泉です。

駅至近ですし施設そのものとしてもしっかりしていますが、井の頭公園や街歩きなど吉祥寺の散歩とセットで楽しむのもいいかもしれません。吉祥寺でランチ・食事と考えると候補が無数にあり絞れませんが、一例としておすすめの店を少し挙げておきます。

・麺屋武蔵虎洞(めんやむさしこどう)・・・多少並ぶので平日、お昼時以外がお勧め。
・トニーズピザ・・・駅近く。具材に頼らない、チーズを味わえるピザを出しています。店内飲食、持ち帰りともあり。
・トスカーナ・・・ミートソースに定評のあるパスタ店。
・さとうのメンチカツ・・・持ち帰りのみ。常に行列になっている人気店です。

さて、美しの湯温泉の成分などは以下のとおりおです。

・泉温 37.6℃
・湧出量 240リットル/分
・知覚的試験 淡黄色透明酸味殆ど無臭、ガス湧出有り

最近は天然温泉といっても温泉地からタンクローリーで運んでくるタイプが増えています(特に郊外のスーパー銭湯)。美しの湯はかけ流しでなく循環にはなりますが、当地でわきますのできちんとした大きさの浴槽ですし定期的に新湯を加えることも行われています。非常に健康に配慮されておりプールが併設されているほか、疲労回復効果が顕著な「炭酸泉」が週替わりですが利用できます。炭酸泉は家庭用の「バブ」などでおなじみです。

温泉そのものが健康に良いのかは科学的にははっきりしない部分も多いのですが、炭酸泉に関しては炭酸が皮膚を介して体内に流れ込み血行をよく促進することがすでに科学的に明らかになっています。

ただ、バブでは健康に効果があるとされる数値(700ppm/リットルの濃度)には届かず、こういった温泉施設を使うのが効果的です。また、高温サウナよりも疲労回復効果が高い低温サウナが併設されています。

京王井の頭線高井戸駅より徒歩2分
9:30~24:00(最終受付23:30)
・900円(平日。土日祝日は1200円)
・内湯は天然温泉
・露天風呂は人工炭酸泉もあり(ただし1週間ごと男女入れ替え制)
・低温サウナおよび高温サウナ。
・土日祝日は入浴料1200円でプールも利用できる。

 

ちょうど話題になったので炭酸泉を家庭で再現する方法をいくつか。

①花王のバブなどの炭酸入浴剤

健康に効果があるとされる数値(700ppm/リットルの濃度)に対し、バブは炭酸濃度が90ppm/リットル前後(「バブ ゆずの香り」を200リットルのお湯に溶かした場合)ということでひとつでは効果が薄くなります。計算上、一度に8個以上入れるのがおすすめです。私の場合は疲れがたまってくると1度に10個入れています。まれに香料か着色料か何かの刺激を少し感じますが、肌が強いためいまのところ問題はありません。ドラッグストアで20個500円くらいで手に入ることがあり、10個入れても250円で済み、銭湯に行くより安上がりです。

なお、「バブ メディケイティッド」だと140ppm/リットル前後(200リットルのお湯に溶かした場合)になりますので、5個以上でOKですが、コストが500円を超えてしまいます。

②無香料無着色料の 炭酸入浴剤

上の写真(画像はクリックできます)のものは1200ppm/リットル前後と基準を満たしています。ひとつ入れるだけで大丈夫ですが、HPを見ても何リットルの浴槽を想定して算出した数値なのかが分からない点に不満が残りますが、類似性品と比べるとコストなどが優れているようです。

③炭酸発生装置

上の写真(画像はクリックできます)のものは比較的安いほうですが30万円ほどします。バブなどで効果を感じたら考えてみてもいいとは思います。

なお炭酸泉の効果には次のような実例があります。

・疲労回復(私自身の個人的な感想ですが、翌朝の体調が明らかに違ってきます)
・肌のシミを軽減する効果
・皮膚炎の改善
・髪を増やすことや、髪質の改善
・加齢臭の改善
・血行促進によるさまざまな症状への効果
・静脈瘤

なお、上の事例はHP(http://barba-sachiko.info/)より転載しており、あくまでそういう事例があったということで臨床実験上のデータではありませんのでご承知おきください。

広告

都内の天然温泉2位 大谷田温泉明神の湯(亀有駅)

上野から常磐線で約20分で亀有駅に着きます。亀有駅からは徒歩20分かかりますので駅から歩いて10分以内を中心に紹介するこのサイトの趣旨からはギリギリのところなのですが、大浴場を売りにするビジネスホテルの設計が上手なドーミー系列(ドーミーイン新潟は特におすすめできます)で信頼が置けますので掲載しておきます。

なお、亀有は急行バスシャトルセブンを使えば、一之江(都営新宿線)、葛西(メトロ東西線)、葛西臨海公園(JR京葉線)、TDLからの移動も意外に早いです。

JR亀有駅下車徒歩20分
JR亀有駅から東武バス有25系統葛飾車庫行、有27系統西水元循環で約10分「大谷田」バス停下車徒歩約1分
・10:00~24:00(最終入館受付23:00)
・第3火曜日休み
・900円(平日。土日祝日は1200円)
・天然温泉
・高温サウナと低温蒸し風呂の両方あり
・食事どころあり

都内の天然温泉3位 船堀の温泉(船堀駅

船堀 乙女湯

都内といっても東の外れ江戸川区の温泉です。ただ、イメージよりは都心に近く昼間の急行運転がある時間帯なら新宿から20分程度、馬喰横山から10分程度です。

「船堀」は温泉がよく沸く地として知られており、温泉を引いた銭湯が複数あります。4位、5位で挙げる銭湯でもHPを見る限りかなり遠方からの客を意識しているのに対し、船堀の銭湯は完全に地元密着の銭湯として経営されています。

そのため本来はもう少し下位で挙げるべきなのですが、4、5位の銭湯は地元客と遠方からの客の間がうまくいっていないという声があります。恐らくあくまで銭湯ということで面積に余裕がないにも関わらず、天然温泉ということで遠方からの客が来ることに対し常連客があまり良い印象を持っていない可能性があります。経営側から教育を入れていけばいいのですが、常連の地元客も大切でなかなか対応が難しいようです。また、温泉が湧きときどきマスコミの取材が入ることもあり、経営側がそれに甘んじているのかもしれません。

ということで、あまり知られておらず都心から多いイメージもある船堀の銭湯のほうが気持よく利用できる可能性があります。料金は銭湯の統一価格450円です。

船堀の天然温泉銭湯

・乙女湯
・あけぼの湯
・つるの湯

➡ 船堀駅の周辺情報はこちらから(ランチ、散歩コースなど)

都内の天然温泉4位 清水湯(武蔵小山駅

清水湯のある武蔵小山までは目黒から電車で5分。東京都内でよく出てくる黒湯という文字通り黒い温泉のほか、経営者が「黄金の湯」も掘りあてており、両方とも天然温泉です。双方の湯は汲み上げている深さが異なるそうです。銭湯の施設としては決して広くはありませんが、「温泉卵」を提供するなど良く工夫されている温泉です。

ただ、それほど広くないのに対し、場所も良く料金も安いため混雑しがちであることと、常連客のマナーに関して複数クレームがあるようです

東急目黒線 武蔵小山駅より徒歩5分
武蔵小山駅東口を出て左にしばらく進み、突き当たりを右へ。
「後地交差点」を右に曲がるとすぐ右手。
平日12:00~24:00
日曜 8:00~24:00
・450円(サウナは+400円)
・天然温泉
・天然温泉の種類が2つ(くみ上げている深さが違う)
・サウナは疲労回復効果の高い低温で横になれるタイプ

都内の天然温泉5位 戸越銀座温泉(戸越駅・戸越銀座駅)

五反田から都営浅草線で1駅の「戸越」駅にあります。戸越は全国的な知名度は低めかもしれませんが、テレビで商店街がときどき取り上げられます。戸越銀座コロッケが名物です。商店街もついでにご覧になりたい場合は五反田から東急池上線に乗り「戸越銀座」駅で降りたほうが便利です。

ここは単純に銭湯として面積や施設を単純評価すれば5位くらいが妥当かと思いますが、旅行地として考え「戸越銀座商店街」の魅力も考慮すればもう少し順位は上になります。一方で遠方から来る客も想定しているにもかかわらず、サービスに関して若干クレームも出ているようです

都営浅草線「戸越」駅より徒歩3分
東急池上線「戸越銀座」駅より徒歩5分
15:00~25:00(金曜定休)
日曜・祭日8:00~12:00
・450円(サウナは+300円)
・天然温泉
・館内に食事処あり

以上が都内の温泉ベスト5でした。なお、ギリギリ都内から外れてしまい、しかも温泉ではありませんが、新宿から京王線の快速で20分の「仙川」の湯けむりの里もお勧めできます。サービスや客層に関して問題がなく、人口炭酸泉を2014年ごろに導入しています。疲労回復効果が高い炭酸泉を電気風呂と組み合わせた面白い設計です。仙川は近年おしゃれな店が増えちょっとした見物には耐える街になっています。

なお誤解している方もいますが都内とは通常東京23区のみを指し、多摩地区(八王子市、三鷹市など区でなく市町村からなる)は含みません。多摩地区は都下というのが普通です。

追記 板橋区にある「前野原温泉 さやの湯処」も評判が良いようです。機会があったら訪問しようと思っています。

広告

北陸新幹線特集

北陸新幹線 はくたか号 上越妙高駅

写真 (4)

北陸新幹線飯山駅 地元民おすすめの観光、旅館、ホテルガイド

上越妙高駅の絶景スポット 観光、ランチ、食事、駐車場、レンタカー オールガイド

北陸新幹線糸魚川駅 世界ジオパーク認定 観光・温泉・宿泊・ホテル全ガイド

北陸新幹線飯山駅 上越妙高駅 糸魚川駅 新旧電車(鉄道)巡りの旅

-東京都(ランチ・観光)