チェーン店・その他

コカ・コーラVSペプシ 戦略の違いは致命的~スリムボトルに見る上手さ~

2016/01/19

アメリカでは接戦が繰り広げられるコカ・コーラ社とペプシコーラ社。日本では長い間コカ・コーラの人気が上回っていますがなぜなのでしょうか。コカ・コーラ社とペプシコーラ社の戦略の違いを同時期(2015年夏)に発売されたコカ・コーラスリムボトルとペプシストロングに見てみました。

コカ・コーラ アルミ製スリムボトル

広告

コカ・コーラとペプシを比較して発見した3つのこと

① CMのインパクトと量だけに依存しすぎるペプシコーラ社。
② コカ・コーラ社はブランド維持のCMは流すが、商品の浸透はCMに頼らない。
③ 日本人の繊細な味へのこだわりに合わせているコカ・コーラ社。

 

コカ・コーラVSペプシ 戦略の違いは致命的~スリムボトルに見る上手さ~

広告

 

戦略なきペプシ 「ペプシストロング」のCMは流れるが肝心の缶パッケージが流通せず

ペプシストロング

✔ 外国人の少年を起用した印象的なCMを大量に流し「強炭酸・強カフェイン」を強調し、エナジードリンク市場に切り込むはずだったペプシストロング。
✔ しかし刺激の強いコーラを求める人に人気の「缶パッケージ」はコンビニにも自販機にもなかなか入荷しませんでした。
✔ 缶が好まれるのは、缶が強い炭酸の圧力に耐えるからという見方と、手に持つ部分の冷たさ、そして口が当たる部分の冷たさが味覚に影響を与えるからだとの見方があります。

※自販機では従来製品のリフレッシュショットの在庫整理が行われており、CMを垂れ流しただけでした。

ペプシストロングゼロ 缶

✔ 缶製品は存在しないわけではありません。
✔ ペットボトルでは微妙だった進化も、缶ではよりはっきりと感じられ、コカコーラ好きでも「たまにはいいかな」と思えるレベルに仕上がっています。
✔ CMばかり流し、強炭酸の刺激がより良く伝わるはずの缶を軽視しているところにペプシの「分かっていない感」を強く感じます。

CMは最小限でも売る戦略 コカコーラのアルミ製「スリムボトル」

コカ・コーラ アルミ製スリムボトル

✔ CM費を垂れ流すペプシを尻目に、コカコーラはコンビニを中心にアルミ製のスリムボトルを発売。「アルミならではの冷たさで、特別な刺激を味わおう」がキャッチフレーズ(これだけで分かっている感満載)。
✔ コーラの刺激や爽快感は容器の材質に非常に大きく依存します。ペットボトルやプラスチックのコップでは、手や口元の「ぬるさ」から冷えきった感触を味わうことができず満足度は大きく下がります。
✔ どんなにドリンクバーが普及しても、飲食店向けに瓶の供給をやめないコカコーラは、容器の重要性をよく知っていると考えられます(もっともペプシの瓶もありますが、飲食店やバーに多いのはコカ・コーラです)。

※一度に飲める250mlのサイズは、ペットボトルと違いぬるくなることはありません。ペプストロングがペットボトル主体で売ったのとは戦略の差を感じました。

 

コカコーラ スリムボトル

✔ コカ・コーラはスリムボトルをコンビニに絞って販売しています。コカ・コーラの実績とブランド力ならコンビニエンスストアの飲料棚の目立つ位置を獲るのは簡単なことです。
✔ そこにあの洗練された目立つデザインがあればおのずと認知を広げます。つまりコカ・コーラはCM費用をかけずにペプシ・ストロングに近い浸透度を実現しているのです。
✔ ペプシは改めてエナジードリンクの大半が缶で発売されていることの意味を考え直して欲しいです。

ペプシは私達のこだわりを理解していないように感じる

adbd9e2662bc87958bae5ef74b9cfb82_s

✔ 本来「ストロング」向けの缶タイプを十分に準備しなかったペプシ。アンケートでコーラに気分転換機能を求めている人が多かった。⇒カフェインを増やしCMを流せば売れる。こういったやや安易な流れを感じます。
✔ 一方コカ・コーラは、コーラ好きの飲み口へのこだわり、短時間で気分転換したいサラリーマンの気持ちにピッタリ寄り添っていました。
✔ ペットボトルや缶を持ち歩き人前で飲むのには抵抗を感じる女性への配慮も感じました。

両社の戦略の差 ネットカフェでも似た現象が

快活 戸田

✔ 近年ネットカフェ業界の1位に躍り出た「快活クラブ」は飲料についてよく研究しているためドリンクバーにおいてガラス製のコップを原則採用しています。
✔ 業界2位に留まる「自遊空間」は、サービスなどは快活クラブをまねていますがコップは「プラスチック」。
✔ やはり繊細なこだわりがあり、消費者をよく見ている企業がナンバーワンになるようです。ペプシや自遊空間にも頑張ってほしいです。

詳細 ➡ネカフェ徹底比較 快活クラブ、自遊空間、完全個室カスタマカフェの違いとは

広告

関連記事

強カフェイン+強炭酸の数値 ペプシストロング(ゼロ)の狙いと嘘(評価・感想)

【1つダメ】おてごろマック200円 エグチなど3品の感想と辛口評価~バベポ、ハムタスも~

井村屋クリームチーズアイス キリ(Kiri)の販売店どこ+感想と辛口評価

B1優勝・勝浦タンタンメンインスタント(エースコック)の感想と辛口評価

人気記事

関東観光穴場 おすすめ日帰りスポットランキング〜完全実地調査〜

鎌倉駅周辺(小町通り)…後悔しない安い人気のお土産ランキング

東京駅 1000円以下の安くおいしい駅弁ランキング

軽井沢 裏ランチランキング〜千円以下でリーズナブル!安いおいしい店 〜

 

-チェーン店・その他