埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

長瀞 かき氷の待ち時間と本店・支店比較(阿左美冷蔵)

2016/09/17

長瀞で近年大ブームとなっている阿左美冷蔵のかき氷。この記事では本店・支店の比較や待ち時間を現地取材しました。

広告

阿左美冷蔵 本店・支店の立地

✔ 長瀞のかき氷と言えば「阿左美冷蔵」です。長瀞駅の近くにあるのは支店になります(印)。長瀞駅は、宝登山神社や景観地の岩畳(印)がある観光の中心です。

✔ 阿左美冷蔵の本店は、小さな駅である上長瀞駅の近くにあります(印)。

✔ 長瀞駅から上長瀞駅は徒歩15分程度。岩畳より人手の少ない穴場であるもみじ公園近くの河原(印)もおすすめです。

観光の中心・長瀞駅至近の阿左美冷蔵「支店」の混雑状況

長瀞駅

✔ 長瀞駅を降りると正面に鳥居があり、その向こうに阿左美冷蔵の支店があります。徒歩5分程度。

IMG_0423

✔ 阿左美冷蔵の直営店(本店・支店)以外に数十軒のお店がかき氷を出しています。直営店にこだわらないなら、ほとんど並ぶ必要はありません。値段は直営店より安め。

主なかき氷店(非直営)の場所

・長瀞駅前 … 数軒。目立つため多少混雑する可能性があります。
・長瀞駅の後ろ側、岩畳へ続く商店街 … 5軒程度。岩畳を眺めるお店や喫茶店タイプなど様々なお店があります。
・上長瀞駅前 … 数軒。穴場。そばやと兼ねており混雑度からは比較的狙い目です。

長瀞のかき氷

✔ 阿左美冷蔵の支店の外観は白を基調にした普通の建物。中はリゾートによくあるシンプルなカフェスタイルとなります。

✔ 観光の中心長瀞駅に近いため本店より混雑するイメージもありますが、7月の平日の昼間なら行列があっても10人ほどです(15分待ち程度)。土曜日なら1時間を切る程度、日曜日や夏休みは1~2時間程度と予想されます。

上長瀞駅至近の阿左美冷蔵「本店」の混雑状況

長瀞 かき氷 本店

✔ 長瀞のはずれ、上長瀞駅に近い本店です。7月の平日14時ごろの並びは何と100人(1時間15分待ち)。15時ごろには150人(2時間待ち)に膨れ上がりました。土曜日なら3時間程度、日曜日や夏休みは3時間以上の待ち時間が予想されます。

✔ 10時の開店直後から行列ができます。移動や昼食との兼ね合いで午後がピークとなります。15時ごろに売り切れとなる日もあるため、閉店間際の狙いはおすすめできません。開店前、次いで午前中がおすすめです。

✔ 長瀞駅の支店の並びは本店の3分の1~2分の1程度が予想されます。交通の便が悪い本店が人気になるのは、古民家風の内観によるところが大きいです。また秩父鉄道の利用者が少なく、クルマでの移動が多いため立地は問われない傾向です。

長瀞 かき氷

✔ パラソルが準備されているとはいえ炎天下の行列のため、お店側がセルフサービスでラムネを販売しています。

✔ 並ぶ場合には、スポーツタオル、帽子か日傘、飲み物は必携です。パラソルの日陰が途切れる場所もあり、また並びが100人を超えるとパラソルがなくなります。

上長瀞駅至近の阿左美冷蔵「本店」のメニューと注文方法

阿左美冷蔵「本店」のメニュー

✔ メニューはほとんどが1000円以上で、日替わりの「生桃」のみ900円でした。食べログ等に掲載されている安いメニューは2016年7月には提供されていませんでした。1000円程度の準備が必要です。

長瀞 かき氷

✔ 本店は支店と異なり古民家を改装した作りが人気です。

✔ 入口に近づくとメニューが渡され、その場で注文をします(伝票を渡されます)。入口で伝票を提出して数グループずつ案内されます。商品が届くと同時に先払いとなります。氷が溶けないように支払いの準備をしておきます。

阿左美冷蔵「本店」の様子と評価

阿左美冷蔵「本店」

✔ 内観は古民家に様々なレトログッズを配置したこだわりのあるものです。1名や2名でも相席はありません。テラス席(扇風機あり)に案内される場合もあります。お冷は案内されませんが、セルフサービスとなっています。

阿左美冷蔵「本店」

✔ 席によって様々な表情を見せます。

阿左美冷蔵「本店」

✔ 日替わりの限定メニュー白桃(900円)です。氷はかなりの高さがあります。

かき氷 長瀞

✔ 氷は2016年は暖冬のため自然水を凍らせたものを代用しています。そのためか味は普通。氷の味に期待されないほうが良いと思います。

✔ 反面、シロップは白桃をすりつぶしたような濃厚なもので量もたっぷりあります。高品質ながら最後に余るほどの量です。さらにコンデンスミルクも多めに添えられます。全体としては並ぶ価値はあります。

長瀞駅付近の観光の前後で徒歩移動もおすすめ

岩畳(印)
もみじ公園近くの河原(印)
阿左美冷蔵の本店(印)。

✔ 阿左美冷蔵「本店」は、長瀞駅の岩畳から歩くこともできます(徒歩15分程度)。

長瀞 岩畳

✔ 長瀞の観光は、ライン下りのイメージが強いですが名勝「岩畳」を見るだけでも十分に楽しめます。

長瀞

✔ 長瀞駅(岩畳)から上長瀞駅までは別荘地のような道を歩きます。日陰も多いですが日なたもあるため帽子や日傘があると望ましいです。

長瀞 穴場

✔ 上長瀞駅手前のもみじ公園駐車場から降りる河原は穴場です。景観は岩畳にやや劣りますが訪ねる人は少な目です。

小鹿野のかき氷は穴場

✔ かき氷が食べたいが並ぶのは大変だし、だからと言って直営店以外では不満という場合には「小鹿野のかき氷」がおすすめです。小鹿野は西武秩父駅からバスで向かう山間の穴場です。かき氷のほかに秩父名物の「わらじカツ丼」の店もあります。

秩父 わらじカツ丼ランキング(ご当地名物B級グルメ、ランチ)


広告

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)