千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

牛たん若の口コミレポート~仙台駅の牛タン~

更新日:


仙台駅東口から徒歩数分。牛たん若は、新店ですが人気急上昇中です。この記事では、牛たん若の口コミレポートをお届けします。


仙台駅東口にある牛たん若

牛たん若は、仙台駅の裏側にあたる東口から徒歩数分。周囲は、西口と比べると、落ち着いています。仙台駅周辺では、地元客に屈指の人気を誇る牛タン専門店司は、目と鼻の先です。

東口側は、地下が多少安いのか、牛タン店、ホテルとも中身にお金をかけた狙い目のお店が多くあります。

関連記事:ホテルビスタ仙台の口コミレポート~朝食・広さ・大浴場・アメニティ~


旅行や外出の前に、旅行先でのヘアスタイル維持はブラシとシャンプー選びでほぼ決まるをお読みください。

牛たん若の内観とメニュー:仙台駅の牛たん

牛たん若の内観です。比較的ゆとりのあるカウンターが15席以上と、テーブルが5つ前後あります。テーブルは、かなりゆとりのある配置で、駅ナカの牛タン店やすぐ近くの牛タン専門店司との差別化を図っています。

牛たん若のメニューです(2018年2月)。

メインとなる牛たん定食は、何と1160円。あまりにも安すぎ、テールスープは別かと思っていましたが、仙台の牛タンに欠かせない、テールスープ、麦飯、南蛮味噌、全て込みでした。

メニュー右上の味噌煮込み牛たん丼は、数量限定で、破格の780円。ランチの11時台で終わってしまうのかと思っていましたが、ランチはもちろん、ディナータイムでも18時、19時頃なら残っていることが多いそうです。仙台の牛タンは基本的に高額なため、大学生や20代の旅行者には手が届かないことがあります。ディナーでも780円は、若者の大きな味方と言えます。


牛たん若  味の評価:仙台の牛たん

牛たん若の牛たん定食(1160円)です。30円追加で、南蛮味噌炒め多めにしました。多めの分は、別皿です(左上)。

1160円の格安ながら、しっかりした厚さの牛タンが8枚もつきます。焼きはあまり強くなく、調味料が強めに感じられることが欠点です。しかし、肉質や厚みは、値段から考えられないほど良く、旨味は十分。味の持続性もまずまずです。

調味料に寄っている点は課題ですが、それを差し引いても、肉質や旨味は特筆できます。

テールスープは、やはり1160円という安価からの限界か、ダシが十分に取れておらず、調味料に依存気味。テールスープは、利休、司、味太助に大きく水を開けられています(ただし、3店とも2000円前後、つまり倍の値段ですので、比べるのには無理があります)。

テールスープは、ダシは不十分も、2つ入った肉の質は非常に良く。値段から考えれば、十分以上の評価ができます。南蛮味噌、浅漬けも合格点です。麦ご飯の炊き方にも、大きな問題はありません。

以上、牛たん若の口コミレポートでした。仙台駅周辺の牛タンの低価格帯と言えば青葉亭でしたが、牛たん若が、青葉亭を切り崩したと言えます。

牛たん若の至近距離にあるライバル店が、牛たん司です。金額はほぼ倍となります。

牛たん司の関連記事

 

仙台駅周辺の、牛タンランキングです。

仙台駅牛たんランキング

関連記事(一部広告を含む)

-千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.