トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

東京都(ランチ・観光)

元祖仙台牛タン 味太助のメニュー、口コミ、評価

仙台牛タンの元祖は、仙台駅から地下鉄で2駅、勾当台公園駅そばにある、味太助(あじたすけ)です。この記事では、味太助の筆者口コミと評価をご紹介します。筆者は、仙台駅周辺の主な牛タン屋は全て訪問しています。

現地取材:旅するサイト運営者travel_jarna(年間旅行150日)

広告
新着・おすすめ記事
 

トリバゴ? 楽天トラベル?
トリバゴ検証&使ってみた

(結論)元祖仙台牛タン 味太助の口コミと評価

仙台の牛タンの元祖は、仙台駅から2駅離れた、勾当台公園駅近くの味太助(あじたすけ)です。

結論から言うと、現在の洗練された人気店よりは、味はやや下回ります。そのため、仙台に来て、1店だけ牛タン屋に行くならば、牛タン専門店司牛タン東山がおすすめです。一方、昔ながらの元祖の味を確かめてみたい、あるいは数店巡るので比較したいと言う方には、おすすめです。

牛タンの元祖、味太助の牛タンは、できあがりは、半生タイプで柔らかく「ぬちぬち」とした歯ざわりです。しかし、徐々に熱が通り、最後にはほどよい仕上がりになります。肉自体の味は、司に一歩譲りますが、かみ切りにくいため、長時間楽しめます。夜でも1800円からと比較的安いメニューがある点も魅力で、仙台駅から遠いため、行列にはなりにくいです。

※お年寄りには、かみ切りやすい利休、伊達がおすすめです。

元祖仙台牛タン 味太助のメニュー

牛タンの味太助のメニューは、シンプルです。定食A(1人前、3枚)1800円が基本と割安感はあります。

牛タンの味太助が1.5人前とする「牛タン4枚」を1人前とする店も多く、4枚同士で比較すると差はありませんが、3枚の選択肢がある点はメリットです。一見少し物足りない量ですが、他店の牛タンに比べ食べるのに時間がかかるため、満足感は案外あります。

元祖仙台牛タン 味太助の定食A 1人前の口コミと評価

牛タン 味太助では、空いていれば、牛タンが数分で出てくる手際の良さです。一口目は、他店と異なり、半生タイプであることに驚きますが、徐々に熱がまわり、食べ終わる頃にはちょうど良い仕上がりになります。他店では、出来たてがピークで、徐々に味が落ちますので、考え方の違いでしょう。

肉の味の深さ自体は、実力・人気を兼ね備えた牛タン専門店・司と比べると少し落ち、味の持続性も少し落ちます。後発の他店が、肉の仕入れ先、部位、調理法を相当研究しているため、長年の伝統を守る味太助は、少々差をつけられたかもしれません。しかし、伊達や利休といった全国有名店よりは、筆者のおすすめ度は高めです。

※とにかく柔らかさを最重視するなら、利休や伊達が良いです。歯が弱くなったお年寄りをお連れする場合は、利休や伊達が望ましく、逆に味太助は最も避けるべきお店です。

牛タン 味太助のテールスープは、牛タン元祖だけあって、手堅い仕上がりです。肉は4つ入り、伝統を守る骨つきテールです。最近の人気店では、骨のない肉を入れますので、この辺が元祖ということになります。テールスープの仕上げは、繊細というより、良い意味で粗野な部分があり、味は強めです。

麦ご飯のご飯は、少し硬めの炊きあがりです。昔ながらの麦ご飯の味です。

一方、辛子味噌はほんの少し。その分、唐辛子をそのまま1つ使っており、辛さは強めです。辛子味噌は、駅構内のたんや善治郎や、人気店の司、東山が、たっぷりつけて勝負していますので、サービス合戦ではやや遅れをとります。

味太助の店内は、カウンター10席、小上がり3席です。2階もあるようです。

出典:トリップアドバイザー

接客は完全に昭和風です。とくに閑散時間帯は、4人の店員さんが、休み休みの接客です(訪問時は、写真と異なり若いアルバイトがいました)。

  • 料理人(大ベテラン) …  閑散時は、スポーツ新聞を読んでいます。
  • 料理人(大ベテラン)… 閑散時は、うとうとしています。
  • アルバイト(若い男性)… 閑散時は、直立不動で待機。
  • フロア(女性)… 閑散時は、直立不動でたまにスマホを見ています。

このような、昭和の雰囲気ですが、非常に風情がありあまり悪い感じはしません。手際はかなり良いので、混雑時はまた違った動きが見られるはずです。

※下のタイトルはクリックできます。

http://service-news.tokyo/gyuutan-senndaieki-822

広告

-東京都(ランチ・観光)