神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

清水港・ととすけの口コミレポート〜河岸の市・まぐろ館~

投稿日:


清水港・河岸の市のまぐろ館の2階のおすすめが、ととすけ。名前は大人しめですが、その実力は折り紙つきです。この記事では、ととすけのメニューや味の口コミレポートをお届けします。


清水港河岸の市・まぐろ館2階のおすすめは、ととすけ

ととすけは、清水港河岸の市・まぐろ館の激戦区、2階の海側の有力店です。まぐろ館全体を代表するお店といっても良いと思います。

ととすけでは、清水港が水揚げ量日本一を誇る、まぐろを含む1500円前後の定食がおすすめです。ととすけが独自に開発した、まぐろのかまを油で揚げたととすけ揚げは、清水港の名物と言ってよい完成度です。

※1000円前後なら1階のバンノウ水産がおすすめです。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

ととすけが誇る人気のととすけ揚げとは?

ととすけ揚げは、まぐろのかまを油で揚げたもの。食べ方の説明がありますが、特に食べにくい料理ではありません。途中で裏返すことを忘れないようにするだけです。

ととすけ揚げです。かまなので身が少ないように見えますが、意外に食べるところがあります。皮がパリッと揚がり、甘辛の味つけと相まって絶品。なかはふわふわの仕上がりです。弾力があり、ほかの焼き魚と一線を画します。


ととすけの日替わり刺身定食(1400円)

ととすけの日替わり刺身定食(1400円)です。ととすけ揚げはあくまでおまけで、まぐろ3種を含む刺身がメインです。

ねぎとろは、混ぜ物なしの新鮮なもの。その奥のビンチョウまぐろも質が良く、回転すしのものとは、全く違います。赤身のまぐろも新鮮です。

左奥のアジは新鮮で、1匹または半分程度を使っていると思います。手前のつまとして添えられた海藻までも新鮮で、わさびはおろしたて。全く手抜きがない料理で、1400円はお買い得です。

ととすけでは、4テーブルが海側。運が良いと、清水港を見ながら海鮮丼を楽しみむことができます。

通常期の平日は14時ごろにラストオーダー。14時前の空いてくるタイミングが狙い目です。ちょうど真向かいに、朝霧高原ソフトクリームのカフェがありますので、港側の席が空くのを待つこともできます。

土日は通し営業ですが、土曜日の10時半開店の前に並ぶのが、混雑する土日としては狙い目です。8月は毎日通し営業となります。

なお、営業時間は2018年7月の取材時のものですので、変更の可能性があります。

下の記事をご覧いただき、新栄丸とも比較してください。

清水駅前 清水港河岸の市・まぐろ館のおすすめ海鮮丼を紹介!

 

 

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.