神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

黒船遊覧船・下田港内巡りのアクセスと見どころ

投稿日:


伊豆・下田で是非楽しみたいのは、山に囲まれ小さな島がある下田港の景色。ロープウェイも候補ですが、黒船遊覧船・下田港内めぐりは、間近に下田湾の景色を楽しむことができます。アクセスや見どころを、現地取材でご案内します。


下田港と黒船遊覧船乗り場へのアクセス

下田港は、日本で最初に開港(函館も同時)した港です。下田の町は、神奈川の浦賀に来航したペリーが、江戸幕府に駐留を指定された場所です。海流が複雑な外洋に比べ、下田港内は穏やかで、海が荒れたさいには、多くの船舶が避難してきます。

黒船遊覧船・下田港内巡りは、石廊崎岬めぐりのような絶景ではありませんが、穏やかな景色とアクセスの良さが魅力です。できれば、下田ロープウェイから湾の地形を見てから、遊覧船に乗るとより楽しめます。

アクセス

  • 伊豆急下田駅から橋を渡って徒歩15分
  • 伊豆急下田駅から、バス停2つ目、下田開国みなと下車。
  • 道の駅下田開国みなとと隣接。駐車場あり。

伊豆下田 道の駅開国下田みなとの金目鯛ランチのおすすめ


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

黒船遊覧船の1階と2階

黒船遊覧船の1階通常席です(1200円)。屋内の窓ぎわの椅子は、船の進行方向を向いています。

黒船遊覧船1階のデッキです。海の側を向いた座席はなく、立って海を見る人が多いです。写真は乗船前の様子で人がいませんが、実際にはデッキの方が混雑します。

黒船遊覧船2階の屋内席です。ガラス窓の向こうにデッキが見えます。2階でもデッキの方が、人気があります。2階には運転台があり、すぐそばで運転の様子が見られることも大きな魅力です。

ソファは豪華で、全て海側に向けられています。

黒船遊覧船(下田港内めぐり)からの景色  犬走島

黒船遊覧船からの見どころの1つ、犬走島です。陸地から細く長い犬走堤防でつながっており、釣り客の姿が見えます。

犬走島の周囲には、プロの漁師も出航しています。夏はアジやイワシなどが獲れ、秋以降は、ムツなどが釣れます。

犬走島と陸地は、写真のように、犬が走れる程度と例えられた、犬走堤防でつながっています。この堤防は、下田の市街を守るような位置にあります。


黒船遊覧船(下田港内めぐり)からの景色

犬走島付近を過ぎると、遊覧船は陸地を離れ、湾の中心部を進みUターンに入ります。下田港を外洋の荒波から守る、長く伸びた半島などが一応の見どころです。

やや変化が少ない部分ですが、運が良いと、海上保安庁などの船舶と至近距離ですれ違うことがあります。

海上保安庁の船舶は、黒船遊覧船の向かい側に着岸していることもあります。

下田の歴史や地形を知るためには、ブラタモリ下田編の情報が最有力です。

【ブラタモリ伊豆・下田編】下田の歴史・地形・観光ルートまとめ #107

ランチは、遊覧船乗船口そばの道の駅でも良いですが、伊豆急下田駅まで歩くとより落ち着く店があります。

 

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.