神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

地元客・漁師が通う沼津港・ずうの口コミレポート

更新日:


沼津港には観光客向けのお店以外に、地元客や漁師、漁港労働者が通うお店があります。その筆頭はずう。不思議な名前ですが、海鮮の質は折り紙つき。沼津港を語るなら外せない、ずうの口コミレポートです。


地元客しか知らない  刺身が新鮮で安いずう

沼津港屈指の名店、ずうは完全に地元客メイン。かなり詳しい観光客が少々混ざる程度です。早朝営業はなくなり、9時から13時すぎまでの営業です(繁忙期は早仕舞いにご注意ください)。

ずうのメニュー

沼津港 穴場 安い ずう

ずうは、地元客向けのため、店頭にメニューは出していないことも多いです。2019年7月現在のメニューは、以下のようになります。値段は、ずうだけに、ずうっと変わっていません。

ずうは、冷凍物を扱わないため、時期によりメニューが異なります。金目鯛を除くと、最高値でも上刺身定食の1300円! いかに格安かが分かります。

  • 【おすすめ】上刺身定食1300円
  • 刺身定食1200円
  • 海鮮丼1200円
  • マグロ漬丼1000円
  • ミックスフライ定食1100円
  • あじフライ定食900円
  • シャケと目玉焼定食900円
  • タチウオ塩焼定食1100円
  • さば正油定食刺身付1000円
  • さば塩焼定食1000円
  • 【人気】あじのフライとあじの刺身定食1100円
  • ヤリイカの丸煮定食1100円
  • シャケ粕漬定食1000円
  • エビフライ定食1200円
  • 地金目鯛煮付定食刺身付1800円

【人気】あじのフライとあじの刺身定食(1100円)

ずうの人気メニューは、あじフライとアジの刺身定食(1100円)。この値段でフライと1匹分の刺身がつく店は、ほかにはありません! 刺し身は、注文後、ケースから運んできて〆てくれます。非常に新鮮です。

フライは、アジが柔らかく驚きます。

フライの名店、にし与と比べても、互角以上。

刺身もみずみずしく新鮮

アジの刺身は新鮮。時期によっては、甘さを感じることもあります。


【おすすめ】上刺身定食(1300円)

上刺身定食(1300円)です。この値段で、アジは切り身でなく姿造りであることに驚きますが、見るからに上質のまぐろの刺身が4切れ! 沼津港では圧倒的な安さです。

アジの活造りは、くさみが全くなく、みずみずしさを感じるほど。この日は感じませんでしたが、時期によっては甘みも感じられます。

まぐろは赤身が2切れと、中とろが2切れ。赤みは、新鮮で食べると後半に、甘みが感じられます。トロではなく、まぐろの赤身に甘みがあるということを知ることができる店は、ほかにはありません!

中とろは、脂がメインのものも悪くないですが、本物は赤身とのバランス。その点でずうの中とろは、本物だと言えます。


ずうの内観

店内は、4人がけテーブル3席とカウンターのみ。テーブルはやや手狭な印象ですが、カウンターはそれほど窮屈ではありません。

地元客向けのため、接客は最低限ですが、質と安さの面ではずうだけに図抜けた存在です。特に、甘さを伴うまぐろの赤みはぜひ試してほしい味です。インスタ映えなら、アジの刺身が入るメニューがおすすめです。

ずう(営業日・時間は取材時)
静岡県沼津市千本港町122-3
9:00~13:00すぎ(繁忙期は早仕舞いの可能性もあります)
土曜定休(火曜日不定休)

関連記事

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.