神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

海鮮丼の新店・五鉄の口コミレポート:沼津港の海鮮丼

投稿日:


沼津港で安い海鮮丼を探すと、ペースト状のまぐろなどが目立ち、見栄えがしません。その不満に目をつけたのが新店の五鉄。

ペーストだけではなく鮮魚のすきみや貝類をうまく使用して食感に訴え、最後はだし茶漬けで締めるスタイルです。これは銀座の人気店つじ半でおなじみのスタイルですが、五鉄は沼津発祥の新店です。


沼津港の新店・五鉄の場所とメニュー

五鉄は2018年に沼津港に登場した新店です。外観も内装も、まだ新しめ。

五鉄のメニューは、シンプルです。もっとも安い壱鉄から、いつかは食べたい豪華な五鉄まで、4種類です。ほかのお店では、1000円前後の海鮮丼は、やや安っぽいイメージのある魚介のペーストですが、五鉄では、ペースト、すきみ、貝類をうまく組みあわせ、味や食感で一線を画します。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

沼津港の新店・五鉄の壱鉄(990円)

壱鉄(990円)です。盛りつけ、食器、お店の内装から、同価格帯の海鮮丼とは雰囲気が異なります。

壱鉄(990円)は、最安値の海鮮丼ですが、マグロの質がよく、ペースト(ねぎとろ)のほかに、固形のすきみが良いバランスで入り、イカが食感のバランスを作っています。炙りを入れた刺身も入り、かずのこも印象的。だし醤油がよく合い、うまく混ぜられた白身が持つ甘さを引き立てています。

銀座の行列店つじ半を知っている人にはすぐに伝わりますが、普通のねぎとろ丼とは全く違いますので、1度試す価値があります。

後半に、だし茶漬け用の具材(あらかじめ小皿で提供)をのせ、だしをかけると、だし茶漬けの完成です。海鮮丼としても同価格帯の他店を上回る完成度ですが、だし茶漬けで2度楽しめることは、決定的です。

以上、海鮮丼の新店・五鉄の口コミレポート:沼津港の海鮮丼でした。

関連記事

沼津港 漁師が認めた安いランチ・海鮮丼おすすめランキング

 

 

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.