トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

意外に安いカキ小屋 千円でも牡蠣の浜焼きが!〜沼津港11店目〜

沼津港の名物は海鮮丼ですが、牡蠣(かき)などの浜焼きのお店もいくつかあります。どこも高く、混んでいるイメージですが、カキ小屋は、千円程度からでも十分楽しめます。

広告
現在読まれている記事
 

トリバゴ? 楽天トラベル?
トリバゴ検証&使ってみた

沼津港のカキ小屋

カキ小屋は、沼津港のメインストリートにお店を構えます。

牡蠣(かき)は、高いイメージがありますが、カキフライ定食は火曜日・金曜日なら、500円。お盆以外なら、祝日・年末年始を含めて適用の予定とのこと。

火・金曜日以外も、マグロ丼などは、味噌汁つきで500円で提供されています。これは、沼津港の相場の半額以下。

ぜひ食べて見たいカキの浜焼きは、1個250円とお手軽。

カキフライ定食とカキの浜焼き2個で1000円!

カキは、テーブルの上にある直火のコンロで自分で焼きます。まず平らな面から焼きますが、5分程度かかります。裏返して数分焼いたら、カキナイフで貝柱を切り取るように、開きます。

カキフライ定食(火・金は500円)と、カキの浜焼き2つで、なんと合計1000円! 曜日限定ですが、数量限定は一切なく、かなりのお買い得です。

カキフライは、まずパン粉が「粗挽き」でカラリと揚がり、食感が素晴らしいです。カキは、大粒、ジューシー、味が濃いと3拍子そろいます。東京のカキフライ定食との違いは、歴然です。

キャベツは手切りでおいしく、味噌汁のアオサは新鮮でたっぷり入っています。火・金曜日ならぜひおすすめのメニューです。

カキの浜焼きも、フライ同様、ジューシーで味が濃く、1つ250円から浜焼きができるのも魅力です。

以上、沼津港のカキ小屋のレポートでした。

広告

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)