埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

パーネデリシア バンズがある高崎駅ナカの新カフェ

ご当地パン「バンズ」に人気があった、高崎駅東口の「トリアノンマツウラ」が閉店しました。同じ場所に、メロンパンを売りとする、グンイチパン株式会社による「パーネデリシア」が開店しています。

広告

東口駅ナカ   パーネデリシア[安い・(勉強・仕事)]

パーネデリシア

パーネデリシア(トリアノンマツウラ閉店後、同じ場所に入りました)
・高崎駅の東口(駅ナカ)
・7時30分〜21時
・大テーブル(向かい合わせ)1席、4人掛けテーブル3席
・コーヒー260円から
・Wi-Fi 調査忘れ(コメントいただけると助かります)

高崎駅東口(ヤマダ電機側)に、2016年8月にニューオープンしたのが、パーネデリシアです。前に入っていたパン屋とは異なり、木目を生かしたウッディーな外観。店内も同様の明るく落ち着いたデザインです。

パーネデリシア

焼きたてパン屋に併設のイートインスペースですが、販売スペースとの仕切りがあり、落ち着いた雰囲気です。ただし、写真の大テーブル1席、ほかに4人掛けテーブル3席の構成で、勉強やパソコンによる仕事は、午前中など空いている時間でないとやりづらいかもしれません。電源はありません。

消えかけた 高崎名物のバンズ

高崎バンズ

同じ場所に店を構えていたトリアノン・マツウラは、高崎市長を6期務めた松浦幸雄氏が経営していた店です。高崎独自のパンである「バンズ」(170円)は、ご当地パンとして、人気がありました。あん+マーガリン入り、マーガリン入り、プレーンがありました。「甘食」に似た食感ですが、厚みがあり、独自の味を築いていました。

バンズ

お店がパーネデリシアに変わり、1度消えてしまいましたが、「甘食パン」の名前で復活!

バンズ パーネデリシア

生地が普通の、厚みのない甘食パンになり、あん+マーガリン入りは、なくなってしまいました。もう少し改善が求められますが、バンズ好きの地元の人が、買い求めています。お土産としてまでは厳しいですが、電車やホテルのなかで食べるおやつとしては、依然おすすめです。

高崎名物のみそパンは進化した模様

みそパン 高崎

旧トリアノンマツウラでは、高崎のご当地パンである「みそパン」も扱っていました。みそは辛くなく、マーマレードに似た甘いみそでパンによく合います。

新みそぱん 高崎

お店がパーネデリシアに変わり、みそぱんは「まゆっこ」としてパワーアップ。まゆっこは、日本全国ご当地パン祭り準グランプリ受賞です。

img_3284

パーネデリシアとしては、以前のお店のファンにも対応しつつ、グンイチパン株式会社自慢の、カリカリメロンパンを売りたいようです。

東京からの来客に対して、メロンパンは訴求力が小さくなるため、旧バンズの強化も望みたいところです。

なお、お子さんがいる場合は、すぐ近くのヤマダ電機4階の休憩スペースが便利です。遊戯スペースで子どもを遊ばせながら、カウンターから見守ることが出来ます。

ヤマダ電機LABIの5階は無料のカフェがわりに〜高崎駅東口〜

広告

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)