トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)

1番人気 ホテル123高崎の辛口評価~筆者口コミ~

この記事では、高崎駅周辺で、もっとも人気があると思われる、ホテル123高崎の辛口評価と筆者の口コミを紹介いたします。筆者は、毎年40泊程度関東圏のホテルを利用しています。

広告
現在読まれている記事
 

トリバゴ? 楽天トラベル?
トリバゴ検証&使ってみた

ホテル123 高崎駅圏のホテル3強の1角

ホテル123

高崎駅周辺のホテルの3強は、以下のようになります。いずれも、旅行客や女性も多く利用する、ビジネス・観光兼用タイプです。

①ドーミーインは、全国で人気がある、大浴場つきのホテルです。費用に余裕がある場合は、おすすめです。ただし、駅から徒歩7分かかります。②ホテル123は、ドーミーインに近い設備を持ちながら、2千円以上安いため、予約で埋まりやすい人気ホテルです。駅東口1分。

一方、③メトロポリタンは、定評のあるシティホテルです。大浴場がありません。なお、より豪華にしたい場合は、費用が高くなりますが、ホテルココ・グラン高崎も選択肢です。

ホテル123高崎 エントランス

ホテル123 高崎

ホテル123高崎自慢のスペースが、フロントわきのフリースペースです。朝食会場を兼ねますが、夜は自由に利用できます。コンセントあり。部屋で仕事をする人も多いため、満室に近い場合も混雑せず、非常に使い勝手が良いです。

デスクトップパソコン1台、コピー(印刷機)1台、まんが本を備えます。

ホテル123 高崎

コーヒーは、滞在中ほとんどの時間で利用できます。ホテル123高崎では、部屋への持ち帰りも可。コーヒーを無料で出すホテルは意外に少なく、便利です。紅茶、水もあります。

ホテル123高崎 大浴場

ホテル123

大浴場は、ドーミーインのようなミニ露天風呂はありませんが、5、6人程度がゆったり入れる内湯です。ドーミーインは、シャワーのみの部屋が多く、大浴場が混雑しますが、ホテル123では、部屋にもユニットバスを完備するため、混雑度は低めです。

コインランドリーは、大浴場の脇にあります。

ホテル123は、大浴場、スタイリッシュな館内・部屋が特徴である、ドーミーインを意識した設備ですが、要所要所でコストをカットして、安い宿泊料につなげています。1名でもドーミーインより安いですが、2、3名が同室の場合、破格のレベルの安さになります。

ホテル123高崎 部屋

ホテル123

部屋を入ったときの様子です。右に大きな姿見があります。机に鏡を置くホテルが多くありますが、自分の姿が写り落ち着きません。机には鏡がない方が良いです。

高崎ホテル123

ベッドがセミダブルサイズのため、狭く感じますが、無駄はなく圧迫感のない部屋です。ベッドにコンセントはないため、ベッドでスマホの充電などをしたい場合は、長めのケーブルや延長コード(貸出も可能)が必要です。

Wi-Fi完備。シャワートイレつき。ズボンプレッサーは、ベッドの下にあります。

ホテル123 高崎

加湿器、ハンドスチーム式アイロン、空気清浄機などのほか、自転車の貸出もあります。自転車での見学のおすすめは、高崎城址公園。2016年1月23日~1月9日には、ライトアップがあります。

なお、高崎はラーメン店の激戦区ですが、ホテル123と逆側の西口方面に集中しています。徒歩でも10分程度ですが、自転車の利用も便利です。

完全取材! 高崎駅ラーメンランキング

ホテル123高崎 朝食

ホテル123 高崎 朝食

朝食は無料。無料を名乗っても、実質的に宿泊費に上乗せされているホテルが多いなか、ホテル123では、設備に比して室料がもともと安いため、実質的な無料感があります。

ホテル123 高崎 パン

高級冷凍生地をオーブンで焼いたパンは特に秀逸です。ワッフルがあるドーミーインのようなサプライズはなく、コストをしっかりと切り詰めていますが、パンは必食です。大衆化してしまった「ドンク」の柔らかいパンと、まったく同格です。

高崎 ヤマダ電機

駅側の部屋からは、向かいにヤマダ電機、左斜めに高崎駅を見ることができます。駅2階から歩道橋を渡って訪ねるのが便利です。横断歩道はありません。

空室と料金は、楽天トラベルかじゃらんでご確認ください。

ホテル1ー2ー3高崎楽天 じゃらん

広告

-埼玉・群馬・長野・新潟(ランチ・観光)