トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

東京都(ランチ・観光)

東京駅駅弁 秋田・大館駅の「鶏めし」880円はハイコスパ(感想・口コミ)

東京駅の駅弁シリーズの記事です。駅ナカ1階、新幹線改札寄りにある「駅弁屋祭」は、高い弁当ばかりをそろえる店でしたが、2016年になり傾向が変わってきています。今回は、880円の秋田・大館駅「鶏めし」をご紹介します。

広告
現在読まれている記事
 

トリバゴ? 楽天トラベル?
トリバゴ検証&使ってみた

(結論)秋田・大館駅「鶏めし」は買いか?

大館の鶏めし 東京駅

結論から言えば、880円の秋田大館「鶏めし」は、買いです。880円ながら、中心となる鶏肉は皮が少なく身が引き締まり、テリーヌや栗が華を添える、素晴らしいお弁当です。ただし、やや甘口の味付けで、量は標準程度です。

「鶏めし」の外観とアップ画像

秋田大館駅鶏めし

鶏めし(880円)の外観です。生モノではありませんが、日持ちは当日の夕方5時までです。紙おしぼり付き。

鶏めし

【主菜】

◎ 鶏 身がしまり、安い肉ではありません。皮も少なめ。甘口の濃すぎない味つけで、素材を生かしています。4切れ程度。

◎ 栗と、もみじの形のかまぼこが華を添えます。

【ごはん】

◎ 醤油だしの炊き込みご飯は、やや甘口の自然な仕上げです。

【副菜】

◯ つみれ(練りもの)  1番上の写真、右上に写っています。まずまず。

◯  しいたけの煮付け  味が染みており、まずまず。

◯  がんも まずまず

◎  鮭入りテリーヌ  目玉の副菜です。880円のお弁当とは思えない、もてなしです。

◎  しば漬け 硬さがあり、しっかりとした漬物です。

(まとめ)秋田・大館駅「鶏めし」を買うべき人は?

東京駅の秋田・大館駅「鶏めし」のコストパフォーマンスは、かなり高めです。

おこわやしいたけが苦手でなければ、若者からお年寄りまで男女は問わないでしょう。ただし、量は意外に、まずまずありますので、ごく少食の方や炭水化物ダイエット中の方は、向かないでしょう。

【完全試食】東京駅1000円以下の安くおいしい駅弁ランキング

広告

-東京都(ランチ・観光)