千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)

いわきの観光 ブログおすすめは喫茶店ブレイク(穴場)

2016/12/29

いわきの観光地と言えば、温泉施設のスパリゾートハワイアンズか水族館のアクアマリンふくしまが、よく挙がりますが、それだけなのでしょうか?この記事では、いわき駅から徒歩で訪ねられる喫茶店「ブレイク」や、磐城平城跡を紹介します。

広告

いわき駅の観光スポット 喫茶店のブレイク

喫茶店 ブレイク

いわき駅の穴場観光スポットとして、是非訪れたい場所が、喫茶店のブレイクです。

いわき駅の改札を右に行き、外に出たら三越のビルの右側に向かいます。

穴場観光スポット 喫茶店ブレイクとは?

喫茶店ブレイク

いわきの喫茶店ブレイクは、県外の人にとっては穴場ですが、地元の人にとっては定番中の定番のスポットです。1階が喫煙席、2階が禁煙席です。午前中から多くの人が訪れますが、座席数が多く待つことは少ないです。

喫茶店ブレイク

人気メニューは何と言っても「ミックス・グリル・サンドウィッチ」(850円)。

喫茶店 ブレイク

「ミックス・グリル・サンドウィッチ」は、ほぼ食パン1斤のサイズがあります。女性客は、各自コーヒーなどを頼んで、シェアしています。男性でも20代でないと、1人前は多すぎるかもしれません。

喫茶店ブレイク ミックス・グリル・サンドウィッチ

側面ではなく、断面がスマートフォンと同面積! 喫茶店ですが、記念撮影にとても向いており、観光スポットとして訪ねても良いでしょう。

当サイトが基準とする「味の7ポイント」を確認してみます。

喫茶店ブレイクのミックス・グリル・サンドウィッチ

  1. 甘さ◯ 自家製マヨネーズ、パンの小麦。
  2. 塩味◯ パン、マヨネーズ。
  3. うま味 ◎ ハム、トマト、マヨネーズ(トマトと混ざると特に)。
  4. 酸味 ◎ 自家製マヨネーズは、家庭用と異なり、酸味がきいています。
  5. 苦味 ◯ パンの焦げ目。
  6. 辛さ ◎ 自家製マヨネーズに含まれた、マスタード。
  7. 食感 ◯ パンの焦げ目。

このように、具材は、野菜がメインですが、自家製マヨネーズが秀逸で、非常に完成度が高いサンドです。驚くのは、片手で食べ続けても、パンが崩れないこと。独自の製法で、きっちりとパン同士がつながり、多めに使われた自家製マヨネーズやトマトの果汁もこぼれることがありません。

喫茶店ブレイクでは持ち帰りも可能

喫茶店ブレイク 持ち帰り

喫茶店のブレイクでは、食べきれなかったパンの持ち帰りも可能です。

喫茶 ブレイク

午前11時以降は、コーヒーデザートつきのハーフサイズもあります。

磐城平城跡は駅から歩ける観光スポット

磐城平城跡

磐城平城跡は、いわき駅の背後に見える観光スポットです。見張り台に当たる櫓(やぐら)しか残存していませんが、歴史や城郭に興味があればおすすめです。

honmaru_map2

出典:http://tairajyou.com/

いわき駅北口から、徒歩1分です。

以上、いわきの観光スポットといえる喫茶店のブレイクと、磐城平城跡の紹介でした。

いわき駅 ランチ、ラーメン、カフェのおすすめ

楢葉町といわきの観光レポート(姉妹サイト)

福島原発の現在 周辺観光に行きました~楢葉町からいわきへ~

おすすめの記事


安い宿の宿泊レポートをアップ→安い宿の旅(姉妹サイト)

広告

 

-千葉・茨城・栃木・東北(ランチ・観光)