トラベルジャーナ

現地取材サイト! 関東・甲信越・静岡のおすすめ&穴場観光地。ブラタモリ情報も日本一。

チェーン店・その他

旅行・お出かけ 髪型を崩さない3つの方法

2017/08/23

旅行やお出かけの際の「髪型」で悩んでいませんか? 外出先では歩く時間が長く、風、ときには雨の影響で、髪型が崩れがちです。写真写りを見て、がっかりということも。この記事では、旅行・お出かけの髪型対策を説明します。

筆者:出張旅行年100回。マナー講習の講師もしています(男性)。

旅行・お出かけ髪型対策1 美容室選びとタイミング

美容院のカット料金は、千円から1万円まで非常に幅があります。しかし、長持ちする安定した髪型を期待するなら、5千円以上のカット料金の美容院がおすすめです。1人あたりにかける時間が長くなり、ベテランが多く、技術研修がしっかりしていることが、多いです。

どちらかというと、駅から最低5分程度は離れたところが、固定客に自信を持っている美容院です(駅前、エキナカは、流しの客や高回転率狙い)。

技術のある美容師は、通い始めから数回程度で、顔の形・肌の色・髪質・好みなどを把握し、ベストパターンを作り上げます。そして、髪型の「持ち」がよいため、結局通う回数は減り、安く上がります。

また注意したいのは、腕の良い美容師ほど、髪型が安定する期間が少しでも長期に渡ることを狙う点です。カットから1週間程度の初期と、そろそろかなと思う後期は、髪型が安定しなくなります。重要な旅行や外出は、安定期(カット1週後から1ヶ月程度)に置くことがポイントです。

※美容師により多少異なります。

旅行・お出かけ髪型対策2 ドライヤーの使い方

髪型対策は、ドライヤーの正しい使い方を知ることも重要です。ドライヤーと髪型の関係を知る上で、もっとも重要なことは、何でしょうか?

それは、髪が乾き切る瞬間に髪型は決まるということです。言い換えれば、洗いたての水気を持った状態を経て、ドライヤーの温風に当たり、最後の水分が蒸発する瞬間に、髪の毛根付近が、形状を記憶するということです。

そのため、生乾きからの自然乾燥は絶対にNG。必ず、理想とする髪型になるまで乾かしきります。自然乾燥は、髪を痛め、雑菌が繁殖しやすくなるデメリットもあります。

その他のポイント

  • 髪を傷めないためにタオルドライは入念に。
  • 髪のボリュームや髪型によっては、乾かし始めはおじぎスタイルで、重力に逆らう髪型を作るイメージで乾かします。
  • 余裕があれば、最後は冷風で仕上げます。仕上げる瞬間の髪型を、凍りつかせるようなイメージです。

ヘアブラシは必要なの?

ヘアブラシは、髪の汚れを取り、マッサージ効果を高めるために必要とされます。しかし、それは毎日シャンプーをしなかった、昔の話。現在では、こだわる必要は余りありません。しかし、ロングヘアの場合は、皮脂を浸透させ艶を出す効果があるため、使っても良いでしょう。

旅行・外出用として特に人気なのは、コイズミ製の折りたたみ式ヘアブラシ。小さな電池を入れることで、音波により髪をサラサラにします。

旅行・お出かけ髪型対策3 シャンプーの選び方

旅先で髪型を崩さないコツは、ホテルや旅館のシャンプーを使わないこと。最近は、おしゃれな容器にシャンプーを入れるホテルも増えましたが、中身は安い石油系の人工シャンプーです。

髪型を崩さないためには、アミノ酸系の自然派シャンプーがおすすめです。アミノ酸系の自然派シャンプーは、洗浄成分が優れており、次のような効果があります。

  • 髪がつぶれることなく、適度なボリュームが保たれる。
  • 指通りがよく、サラサラな髪質が1日続く。
  • フケ、かゆみ、炎症などが治り、髪自体が成長してゆく(個人差あり)。

アミノ酸系のシャンプーは、市販のものなら牛乳石鹸の無添加シャンプーがおすすめです。値段が安いため、フケ、かゆみ、炎症の防止や髪の成長効果は期待薄ですが、髪のボリュームや指通りは良く、旅行・外出にもおすすめです。筆者も5年以上使っています。

もし、多少こだわることができるなら、CUシャンプーが良いです。アミノ酸系の高級シャンプーで、100%天然素材。筆者は、展示会でもらった試供品を試して以来、CUシャンプーに変えました。髪型のキープ力や、サラサラ感(指通り)に優れているだけでなく、フケ、かゆみ、炎症が完全にゼロになりました。髪を育てる力もあるため、5年、10年後の結果に差が出るはずです。

CUシャンプーは、成分や配合が非常に優れているのですが、分かりやすいのが見た目と香りです。水あめ、あるいはガラス細工のような、成分の良さが分かる外観に加え、驚くのがその香り。レモンなどのフルーツにバラの花の香りを加えたものですが、簡単に言えばオーガニックの高級はちみつ。お子さんがいれば口にしてしまうほどの香りです。

シャンプーの時間は退屈で、余り好きではありませんでしたが、CUに変えて以来、楽しみな時間になりました。香りだけでなく、コンディショナーなどを使わなくても、簡単に髪型の管理ができることも大きいです。筆者は髪質のクセが強いため、以前は、朝シャンプーしてから出かけていましたが、現在は寝起きの髪型も安定するようになりました。

左が以前のシャンプーで、右がCUシャンプーです。筆者は、マナー講習の講師を担当することがあり、髪質や髪型を気にすることがありますが、GUに変えて以来、心配はゼロになりました。整髪料もいまは持ち歩いていません(そもそもヘアスタイルを整髪料で作る人は、髪が乱れやすい。シャンプーでベースを作り切ることがポイント)。

CUシャンプーは、成分が優れているため、基本的にはリンスやコンディショナーは必要ありません。髪の分量や髪質によっては、シャンプーをヘアパックのように利用することもできます。

CUは、雑誌等の広告をほとんど行わず、ネット上や口コミ販売に頼る形で、浮いた広告費をすべて成分につぎ込んでいるのが特徴です。この記事では、煩雑になるため成分比較を行いませんでしたが、どの観点から比較しても、非常に優れた製品であることがわかります。

なお、CUシャンプーは、薄毛・抜け毛対策のシャンプーとしても高い評価を得ています。

※Amazonや楽天でも購入できますが、公式サイトの方が安くなります。定期便はさらに安くなります(1回の配達だけでも、キャンセルできることが、明記されています)。

CUの公式サイト

 

※シャンプー1本の持ちは、髪の量にもよりますが、平均して1ヶ月程度です。旅行や出張が多い方は、CUシャンプー1本で、コンディショナー、カミソリ用のスムーサー、ボディーソープを兼ねることもできますので、荷物を減らせます。

(まとめ)旅行・お出かけ 髪型を崩さない3つの方法

  • 美容室は、駅から5分程度離れたところがよく、5千円以上かける。旅行や重要な外出は、髪型の安定期に。
  • ドライヤーは、髪が乾き切るまで使い、自然乾燥は絶対にNG。ヘアブラシは、どちらでも良い。
  • シャンプーは、アミノ酸系がおすすめ。整髪料なしでも髪型が決まりやすく、髪のトラブル防止や成長にも期待できる。

-チェーン店・その他