博多・あまゴリスムージーの秘密/ふるさと祭り東京


ふるさと祭り東京2016年、2017年に登場した、博多「あまゴリスムージー」は、非常にハイレベルで要注目です。

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


博多のあまごりスムージーとは?/ふるさと祭り東京

フジテレビ ふるさと祭り

  1. あまゴリスムージーは、福岡県限定生産の「あまおう」を凍らせミルクで調えたもの。
  2. 氷や水を一切加えておらず、あまおうの甘味+酸味をそのまま引き出した逸品。
  3. 産地の福岡県糸島市は合併で誕生した新しい町。

ふるさと祭り東京は、1月に東京ドームで行われるご当地グルメのお祭りです。「全国ご当地どんぶり選手権」やブランド牛、スイーツ、ラーメンに例年注目が集まるなか「フジテレビ系列地方局 オススメ逸品ストリート」は、ややおまけのような雰囲気がありました。しかし、2016年に登場したいちごのスージーである博多「あまゴリスムージー」は初日から注目を集めました。

「あまゴリスムージー」を作っているのは、糸島産あまおう苺を扱う「伊都(いと)きんぐ」。福岡県糸島市に本社・本店があり、天神、博多マイング、博多駅小径、福岡空港に支店があります。糸島市は2010年に合併で誕生した市で知名度は低いですが、「魏志倭人伝」に記されている「伊都国」があった場所として知られています。

「あまおう」は福岡県が開発した品種で、サイズが大きく強い甘み+酸味のバランスがよく「味が濃い」と言われ、産地は福岡県内に広がっています。旬は3~4月ですが、12月から出荷が始まります。

ふるさと祭り東京の「あまごりスムージー」

ふるさと祭り東京 あまおう(あまゴリ)苺スムージー

あまゴリスムージーは、あまおう苺に水、氷を加えず特殊加工しそのままスムージーにしミルクで味を調えたものです。昨年(2015年)、地元博多では23083杯売れたと表示してあります。ふるさと祭り東京では600円で販売。

もともと大ぶりであるあまおう苺を、6~8個そのままスムージーにした「あまゴリスムージー」は、少し高いかなと思わせます。しかし、あまおういちごの甘さ、酸味を完全に引き出し、ミルクでうまくまとめた絶品。水が入っていないため味が濃く、氷が入っていないため冷えすぎることもなく非常におすすめです。

※ふるさと祭り東京の「フジテレビ系列地方局 オススメ逸品ストリート」に出店しています。推薦はテレビ西日本。

ふるさと祭り東京その他のおすすめ

近大まぐろ ふるさと祭り東京2016

近大まぐろは、赤身がおすすめです。

木村功商店 焼きかき ふるさと祭り東京

「木村功商店」の焼きカキもおすすめです。

その他の情報は、下の記事をご覧ください。

【常連が即答】ふるさと祭り東京2020|混雑、事前チケット必要性・予算・どんぶり選手権一覧、おすすめメニューまで!
東京ドームで、1月10日(金)からご当地グルメファンお待ちかねのふるさと祭り東京2020が開幕しました! この記事では、混雑予想(平日、土日祝日)、事前チケットの必要性、予算、どんぶり選手権、おすすめメニューまで、毎年参加の常連が即答しま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました