【感染対策ができない?】GoToトラベル、旅行会社ツアーの問題点と落とし穴 - トラベルジャーナ

【感染対策ができない?】GoToトラベル、旅行会社ツアーの問題点と落とし穴


トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

GoToトラベルは、倒産寸前となっている旅行業界のためには必要ですし、政府が言うように「移動自体で感染しない」のも事実です。しかし、旅行会社を使うことが、なかば義務付けられるためデメリットがいくつかあります。

内容は、もくじからどうぞ。

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


旅行会社を使わざるを得ないGoToトラベル

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

GoToトラベルは、旅館のみの予約に適用されますが、交通費の割引を受けるためには、旅行会社を利用せざるを得ません。

  • 旅行会社 … 交通費+宿泊費の両方が35%引き
  • 楽天トラベルなど … 宿泊費のみ35%引き

旅行会社の予約の落とし穴 交通手段が選べない

例えば、神奈川や千葉の方が熱海へ行く場合、旅行会社のプランでは、修善寺行き踊り子号を指定してくることがよくあります。伊豆急下田行きでなく、修善寺行きの踊り子は、人気がなく、JRから安く購入できるからです。

当日はツアー客で混雑する可能性もありますし、指定席のため、団体さんの近くになってしまうかも知れません。

もし自分で手配できれば、新型コロナ対策は万全なのに

もし、列車を自分で手配できれば、新型コロナ対策上、さまざまな工夫が可能でした。

  • 換気対策がすぐれており、平日なら席も選べるこだま号自由席を使用する。
  • すいている早朝や、夕方の列車で移動する。
  • えきねっと(JR予約サイト)を利用し、すいている列車、安心できる席を自分で取る。
  • 交通は、自家用車やレンタカーにする。

旅行会社のツアーでは、上のような工夫ができない点に問題があります。交通は自分で手配し、楽天トラベルなどで旅館のみ予約する手もありますが、例えば往復6万円の交通費がかかる家庭では、35%分2万1千円の割引を捨てることになりますので、難しい判断です。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

新型コロナ対策を気にする方や、交通費の割引額が少な目の方は、交通はご自身での手配もおすすめです。
また、列車や座席が選べる、JR東日本国内ツアーもおすすめです。

(列車や座席が選べる JR東海ツアーズ

ほかにもある旅行会社のデメリット 変更やキャンセルが大変

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

普段ネット予約に慣れている方は、旅行会社を使うと、デメリットも多くあります。

デメリットの1つは、切符が郵送(対面手渡し)で送られてくること。忙しい方は、出発までに受け取れるよう細心の注意が必要です。

また、変更やキャンセルが面倒なのもデメリット。ある旅行会社の場合、キャンセル規定自体が見つけにくくなっていました。

  • 4221字の最終旅程表(確定書面)にキャンセル料記載なし。
  • 予約内容詳細に必要なログインし4424字読んでも、キャンセル料記載なし。
  • 予約取消ボタンで進むとようやく判明。電話のみ。

キャンセルは、①旅行会社に電話、②JRの駅で自分で払戻し、③旅行会社に切符を返送という手間がかかりまます。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

GoToトラベルは、面倒でも旅行会社を通す設計です。時代遅れとなりつつある旅行会社を助けるためのキャンペーンとも言えそうです。

えきねっと(JR予約サービス)では当たり前となった、席や便の変更は非常に面倒です。

また、楽天トラベルでは、キャンセル料がすぐに分かります。上の旅館の場合、楽天トラベルでは、前日まで20%のキャンセル料で済みますが、旅行会社の場合、1週間前で30%のキャンセル料です。

ほかにもある旅行会社のデメリット 旅館の選択肢が少ない

上の写真は、伊豆の湯花満開のお風呂です。5人はゆうには入れますが、1名でも貸切ができます。湯花満開では、客室数が少なく、6つの温泉が何度でも貸切自由です。

詳しく ふたりの湯宿 湯花満開(熱川温泉)の宿泊レポート|静かな穴場でアフターコロナにおすすめ!

楽天トラベルで旅館を手配する場合、感染対策が整った旅館を自分で選べます。旅行ツアーの場合、旅館の選択肢は狭くなっています。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

新型コロナ対策を気にする方や、こだわりのある方は、ツアーではなく、旅館だけを手配することもおすすめです。

以下の記事では、コロナ後に最適な静かな穴場や、安心な旅館に絞って紹介しています。


誰のためのGoToトラベルなのか?

伊豆長岡温泉
トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

誰のためのGoToトラベルなのでしょうか? 旅行会社ファースト、JRセカンド、国民と感染対策は二の次と言わざるを得ません。

本来、新型コロナの危険性があるなかでの旅行は、各自がすいている列車を選んだり、穴場や感染対策の進んだ旅館を選ぶことでした。

例えば、新潟・瀬波温泉の吉田やは、緊急事態宣言解除の直後は、なんと1名から大浴場の貸し切りを行っていました(現在は分散入浴)。

1名でも、食事は部屋出しで、普段行っている1品1品の説明を省略するなど、非常に丁寧な感染対策を行っていました。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

もしGoToトラベルで、JR系の予約サイト、レンタカーのサイト、宿泊予約サイトを別々に利用できれば、みなが知恵を絞って、安全度の高い旅行が可能でした。

上のツイートのように、観光地は客数の減少による疲弊が著しく、GoToトラベルのようなキャンペーンは必要です。

今回はGoToトラベルの対象から外れましたが、東京の人の感染対策は、圧倒的に進んでおり、通勤電車も東京駅のマクドナルドも、お葬式より静かです。

感染対策を万全に行い、レンタカー、すいている列車などに分散し、旅館を選び、各自が工夫して旅行すれば、リスクは抑えられ、観光産業は救われたはずです。このままでは、5年後に観光地が荒廃してしまう可能性があります。

GoToトラベルは、できれば宿のみの利用がよいと思いますが、コロナで影響を受けたご家庭も多く、交通費割引も使わざるを得ません。ぜひ、プランをよく見極めて、安全で楽しい旅行を選択されてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました