チェーン店・その他

【2時間59分で終わる水彩画講座】春、新緑、夏の旅行が楽しくなる!

投稿日:


桜の季節から、新緑へ。そして山も海も映える夏! 旅行好きにとっては、いちばん楽しみな季節が到来です。この時期、ぜひ挑戦してみたいのが水彩画。色鉛筆で十分? 時間がかかりそう? 意外に簡単な方法があります。


旅を楽しくする記事、プロフィール

抜け毛や将来の薄毛が不安ですか? 解決できた方法教えます。

運営者プロフィール、プライバシーポリシー

桜の季節! そして、新緑から夏を迎えます

桜の季節が近づいてきました。写真は、東京都三鷹市の国際基督教大学(ICU)の桜です。桜は、観光地だけでなく、町じゅうの至る所で楽しむことができます!

写真:地元民が秘匿 ICU国際基督教大学の桜が満開になりました! 大学の桜

桜のあとは新緑の季節から夏へ! この時期におすすめしたいのは、水彩画を習うことです。

色鉛筆でも大丈夫?

東急ハンズ、ロフト、文具店などに行くと、色鉛筆や水彩色鉛筆が目に入ります。持ち運びもしやすく、旅行に向いていそうです。しかし、実際に使ってみると、はっきりとしたビビットな印象となり、桜を始めとする日本の風景には向きません。

おすすめは、水彩絵の具

おすすめは、水彩絵の具です。油絵のような技術までは必要なく、旅行に持ち運びやすいセットも多く出回っています。

※学校で使う絵の具は、重ね塗りができず、通常の水彩絵の具とは異なります。

水彩画を習うには、絵画教室に通う必要があります。ご近所に絵画教室があれば、体験講座を受講してみると良いです。

もし近所に絵画教室がないなら、DVDの講座を検討してみるのも1つの手段です。

 

上の講座は、最初は完成した下絵に、塗り絵のように色を付けてゆくという手軽さから入ってゆきます。講師の画家である上西竜二さんは、絵画教室も開いているため、つまづくところがないように工夫されています。

初心者向け講座なら2時間59分で終了! 開始直後に1枚のチューリップの絵が完成しますので、挫折することはまずない内容です。

公式サイト:プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

-チェーン店・その他

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.