【小湊鉄道で途中下車】上総牛久駅のランチと観光の一覧|そば、ラーメン、鉄道グッズ、周辺観光まで


東京からいちんばん近いローカル私鉄、小湊鉄道の中間駅、上総牛久駅のランチ、観光の一覧です。そば、ラーメン、福祉カフェから、小湊鉄道の撮影やグッズ、周辺の穴場まで、まとめてご案内いたします!


上総牛久駅

小湊鉄道線では、往復切符や1日フリー切符の方が安くなる区間が多くあります。購入前によくご確認ください。Suicaは利用できません。

上総牛久駅のランチ傾向

上総牛久駅のランチはおおむね2エリアに分けることができます。

  • 駅前の飲食店 … 観光客もビジネスマンもほとんど訪れない地元密着の店です。
  • 駅舎の裏方向 国道沿いの飲食店 … 中華料理屋やガストなどがあり、クルマの客やビジネスマンが目立ちます。

《そば》そばや木村家|上総牛久駅前

上総牛久駅前にあるのが、そばの木村屋です。植木や店内がよく手入れされており、もっぱら地元の方が利用しています。テーブルと小上り。

もりそば500円を注文しました。ずいぶんしっかりした量の、そばが盛られてきます。癖がなくのど越しが良い、食べやすいそばで、そば湯もついてきます。


《定食・ラーメン》定食屋 金中|上総牛久駅前

上総牛久駅前、そばの木村屋の隣にあるのが、金中です。大衆食堂に近い内装で、小上がりのほかテーブル席もあります。メニューは、ラーメン(600円)、とんかつ定食(1000円)など。

ラーメン(600円)。あっさり味かと思いきや、少し濃いしょうゆ味で、満足感があります。麺もコシがあり、スープとよく合っています。チャーシューは、自然な味です。メンマも厚切り。昔ながらのラーメンですが、濃い味とチャーシューで、いまでも通用します。


《人気の中華店》悠友亭(国道沿い)

ラーメンを含む、中華料理店。駅の背中側にあたる国道沿いにあり、上総牛久駅周辺のランチ店としては、新しいほうです。ホテルで修行したシェフが開いたお店。内装はテーブル席のみでかなりの広さがあります。

写真は、最安値の光麺(550円)。安いため、具はネギだけですが、正統派の中華料理店のラーメンの味。老舗の中華料理店で出てくる、深みのある醤油が印象的な、あの味です。このほか、定食850円(土日祝日は豪華になり1200円)など、メニューは非常に豊富です。


《福祉カフェ》福祉ランチ&喫茶 もみのき|国道沿い

駅舎の背中側にあたる国道沿いには、中華料理屋、そば屋のほか、福祉ランチ&喫茶のもみの木があります。店内は、ゆったりとした作りで多少は長居できるため、パソコン作業や打ち合わせにも適しています。

福祉系ランチとは、福祉施設に通う方が職業訓練または仕事として店員となるお店で、比較的安いお店が目立ちます。ランチは、パスタ、カレー、サンドイッチ、中華丼などがあり500~550円(取材時)。

プレスサンドイッチセット550円(取材時)。家庭の手作り風ですが、ゆったりできますのでおすすめです。

紹介できなかったお店

  • ラーメンの珍来牛久店(このページ下の、【まち観光】上総牛久駅の古い町並みの項目に、ツイッター写真があります)
  • ラーメンだいこう

【えき観光】上総牛久駅では、小湊鉄道の交換が撮影できる

上総牛久駅は、線路が3本配置され、小湊鉄道の列車の交換(行き違い)が見られます。

外房線の五井駅周辺でも撮影も忘れずに

上総牛久駅に向かう乗り換え駅である、JR外房線の五井駅付近には、小湊鉄道の車庫があります。こ線橋から、簡単に写真撮影ができます。

こ線橋を降りた場所も、撮影ポイントです。

小湊鉄道線では、往復切符や1日フリー切符の方が安くなる区間が多くあります。購入前によくご確認ください。Suicaは利用できません。


【えき観光】上総牛久駅で買える小湊鉄道グッズ

上総牛久駅では、JRとの乗換駅の五井駅では発売していない、小湊鉄道グッズを販売しています(五井駅周辺の五井車掌区にはあります)。オリジナル缶ドロップ以外は、公式写真です。取扱商品については、写真と異なる場合があります。

小湊鉄道グッズの主な販売所
上総牛久駅 深山文具店(上総牛久駅前) 里見駅 養老渓谷駅 養老渓谷駅前観光案内所 Yショップ朝日屋(月崎駅前) 五井車掌区(五井駅) 光風台駅 喜動房倶楽部(里見駅前) 房総中央鉄道館(いすみ鉄道大多喜駅前)

【えき観光】上総牛久駅の駅舎は、アニメにも登場!

上総牛久駅はアニメのゆるゆり(第4話)に登場しています。駅以外にも、町なかの商店もいくつか採用されています。


【まち観光】上総牛久駅の古い町並みと、周辺の観光スポット

上総牛久駅を出ると、タクシーの営業所、そばの木村屋、定食の金中があります。駅を背にしてまっすぐ行くと、信号機のところに蔵が立っています。上総牛久は、牛久城の城下町だった場所で、古い歴史があります。

このほか、下のような観光スポットがあります。

米沢の森(上総牛久駅から徒歩30分)

米沢の森は、里山のハイキングスポットで、天気が良いと富士山、スカイツリー、太平洋が見えます。

吾妻堂(上総牛久駅から徒歩5分)

吾妻堂は、黒糖と葛(くず)を使った、牛久饅頭・八坂太鼓が人気商品です(地図)。


上総牛久駅から養老渓谷へ

上総牛久駅を過ぎると、小湊鉄道は森の中を走る区間もあり、ローカル線感が増してきます。養老渓谷は、秋には紅葉の名所となります。駅前の観光案内所で、持ち時間に合わせてハイキングルートを組んでもらうのがおすすめです。

紅葉期以外は、誰もいないとつぶやかれるほどの秘境になります。


養老渓谷駅からいすみ鉄道へ

小湊鉄道の終点、養老渓谷駅では、いすみ鉄道に接続しています。いすみ鉄道沿線では、大多喜駅の途中下車がおすすめです。

レポート:いすみ鉄道で観光!大原駅のお寿司から大多喜駅周辺の城下町へ行きました


上総牛久から東へ路線バスで抜けるルートもあり

小湊鉄道公式サイトより

上総牛久駅で途中下車した場合、多くの人が再度小湊鉄道に乗車し、五井駅や養老渓谷駅へ向かいますが、路線バスで茂原に抜けるルートもあります。

茂原には、たい焼きのおいしい店、ガスタンクなど小さな名物があります。また、路線バスで海岸まで出ると、天然ガスと一緒に上がってくる白子温泉(楽天トラベル)があり、穴場となっています。

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました