いすみ鉄道で観光!大原駅のお寿司から大多喜駅周辺の城下町へ行きました - トラベルジャーナ

いすみ鉄道で観光!大原駅のお寿司から大多喜駅周辺の城下町へ行きました


千葉のローカル線いすみ鉄道で、大原駅から大多喜駅まで小さな旅行をしてきました。いすみ鉄道で観光を考えている方の参考になればうれしいです。

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


  • 自己紹介:年100日旅行し、旅行ブログの記事は500以上。ほぼ100%鉄道利用です。

外房線の大原駅は、いすみ鉄道への乗り換え駅

外房線の大原駅は、房総半島の東の端にある小さな駅。東京からは、特急で1時間15分ほど。各駅停車でも、2時間弱です。

  • 観光客がほとんどいない穴場。
  • 大原駅前には、定食屋が2軒と魚屋があるだけで閑散。1分ほど歩くと、寿司屋など。
  • 大原駅から20分歩くと海岸に出る。漁港もあり。

大原駅のランチは、房寿司がおすすめ

大原駅前の様子。駅前にも魚が干してあります。

ランチは、大原駅前なら、せいみやとふじや食堂があります。写真は、せいみやで、ラーメン500円から。地元の人が多く利用しています。ふじや食堂も同様の価格帯です。

旅行や出張なら房寿司

房寿司

旅行や出張なら、おすすめは房寿司。駅を背にしてまっすぐ。T字路を右。歩いて1分程度です。

地魚寿司1300円。タコ、たまご、まぐろ、さより、カツオ、イカ、ひらめです。旬のカツオは2貫ありました! どのネタもしなっとせず、しゃきっとしているのが特徴。毎日大原の漁港で水揚げされています(漁船の到着は毎日正午ごろ)。ネタごとの当たり外れがなく、平均値がかなり高いです!

(筆者は、取材のため、沼津港豊洲市場の海鮮を食べ歩いています)

よく考えると、観光客が押し寄せない大原で、寿司屋に来る人は地元客。地元客と言えば、漁師も多いはず。安くてうまくなければ、成り立たないはずです。

大原駅発のいすみ鉄道(菜の花ライン)で大多喜駅へ

いすみ鉄道は、田園や山の中を走る黄色い電車が人気で、テレビドラマ『菜の花ラインにのりかえて』にも登場しています。

大多喜駅に到着、城下町を観光しました

大原駅を出てしばらくすると、広大な田園風景が続きますので、時間があれば途中下車もおすすめです。写真は、大原駅から30分ほどの大多喜駅にて。

大多喜駅は城下町です。駅を出て右に大手門があり、坂を登り大多喜城へ向かえます(徒歩15分くらい)。駅を出て左方向に行くと、城下町です。今回は城下町へ。

左は、国の有形文化財・豊乃鶴酒造。この近くにある、旧旅館の建物も有形文化財です。駅から徒歩5分程度。駅前にある地図を撮影しておくと便利です。

右は、妙勝寺。GWの時期はボタンが咲きます。

大多喜駅を出て、左へ1、2分歩き踏切を渡ると駅の裏手に出ます。お城が建てられた高地となっており、城下町と好対照です。観光客はいません。大多喜高校テニスコート付近から、大多喜城を見ることができます。

大多喜駅

大多喜駅近くの大手門に戻ります。写真手前がお城への道、写真奥が城下町への道です。

以上、JR外房線大原駅から、いすみ鉄道大多喜駅まで旅してきました。いすみ鉄道はさらに内陸へ走り続け、小湊鉄道の終点と接続します。

観光路線としては、銚子電鉄がさらに充実してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました