【ブラタモリ】過去の放送回一覧をまとめました!


ブラタモリの過去の放送回一覧を、県別にまとめました! リンク先では、放送内容の要約に加え、ルート、訪問先、アクセスも紹介。関東甲信越・伊豆と京都は、順次現地取材をしています。


  • 筆者は、趣味の旅行ブログで500記事。年100日旅行取材。

2019年12月ブラタモリアンコール放送決定|内容を解説

ブラタモリ 最新シリーズとは?
・NHK番組ブラタモリの最新シリーズは、2015年4月にスタート。土曜日(不定期)19:30~21:15の放映。
・「笑っていいとも」収録のため遠方取材ができないタモリさんの制約がなくなり、全国へおもむき、人気が爆発しました。
・NHK公式サイト:ブラタモリ

ブラタモリ書籍版はこちらから

Facebookの自動通知が便利、見逃し無料配信も

宿泊なら、楽天トラベル4点以上が安心。

Yahoo!トラベルの方はこちら

おすすめ記事

タモリさんが監修!カレーうどん千吉に行ってきました|おすすめ、レビュー、評価掲載

抜け毛や将来の薄毛が不安ですか? 解決できた方法教えます。

将棋の藤井聡太七段|お気に入りのブラタモリの回は?

都道府県別に編集。数字丸印は、現地取材済み。

北海道でブラタモリ

富良野編
記事へのリンク 概要
釧路湿原編(#141)湿原は時間が経てば必ず、森林化してします。山手線がすっぽり収まる日本最大の釧路湿原は、なぜ湿原のまま?
旭川編(#119) 熊も出る大原野から、北海道第2の都市に登りつめた旭川。背景に、屯田兵や、石狩川周辺の地質がありました。
富良野編(#118) 北海道の奥地にある丘陵に、開拓の波がたどり着くまでに30年。開拓途中には、十勝岳の噴火に襲われました。
室蘭編(#91) 天然の良港である室蘭は、火山のはたらきを背景に持ちます。名所・地球岬や砂鉄の存在から、謎を解きます。
洞爺湖編(#89)中島が美しい洞爺湖は、最大水深180m。しかし、水深1m前後の場所があるのはなぜなのでしょうか?
知床編(#55) ゴジラ岩や断崖絶壁で知られる知床半島を形づくったのは、火山。ヒグマだらけの海岸線を、船で見てゆきます。
小樽編(#23) 札幌を超える規模を誇った小樽は、戦後に一気に衰退。タモリさん「どうせ衰退するなら急速冷凍のほうが良い」。
札幌編(#22) 明治2年まで7人しか人がいなかった札幌。どのようにして200万都市に発展したのでしょうか。
函館編(#7,8) 青函トンネル、そして懐かしの青函連絡船に加え、函館の夜景が美しい理由をブラタモリ流に解き明かします。

青森でブラタモリ

十和田編
記事へのリンク概要
十和田編( #81)タモリさんは、十和田湖畔から軽石を発見。中湖を持つドーナツ型の十和田湖の成り立ちには、奇跡がありました。
弘前編(#78)33のお寺が並ぶ禅林街と、弘前城の関係とは? サムライとりんごの意外な関係も明らかになります。

※三陸海岸は、岩手県に含めました。


岩手でブラタモリ

記事へのリンク概要
三陸リアス、三陸の鉄道 (#156,157) 三陸鉄道に乗って、鉄道が求められた背景とリアス式海岸の役割を探ります。後編では、三陸鉄道以外の3つの鉄道が登場!
花巻編(#150)
平泉編( #56)中尊寺金色堂とシルクロード。平泉の水の出どころ。猊鼻渓で知る、平泉と金(きん)の関係など、いくつもの謎を解決。

宮城でブラタモリ

記事へのリンク概要
現地取材 仙台編( #12,13)伊達政宗の城下町の標高の高さはなぜ? 水はどのように調達していたのでしょうか? 江戸期の杜の都の原点も探ります。

※三陸海岸は、岩手県に含めました。


秋田でブラタモリ

記事へのリンク概要
秋田・男鹿編( #147,148)秋田の魅力は、足元の石に秘密があるようです。後編では男鹿半島へ。秋田の魅力は、大陸からやってきた?

(注) 十和田編( #81) は、一部が秋田県の訪問地です。


山形でブラタモリ

記事へのリンク概要
酒田編( #113)酒田は日本の中心と言える存在だった? 酒田は、北前船(北海道・東北⇔門司⇔大阪)の通り道が、第1のヒントです。

福島でブラタモリ

会津磐梯山(五色沼)
記事へのリンク概要
会津磐梯山編(#44) ブラタモリは、五色沼を生んだ、火山の巨大なメカニズムに迫ります。色がそれぞれ異なる理由も、明らかに。
会津編( #43)武骨・正義感のイメージの会津人は、実はアイデアマン? ブラタモリは、会津城や城下町から、アプローチ。

茨城でブラタモリ

記事へのリンク概要
ちばらき編(#135) 軍事拠点だった?鹿島神宮。江戸時代には、潮来の遊郭ともに観光地に。新・利根川の大洪水に地元民は?
現地取材 水戸編( #61)水戸城本丸は、水戸第一高校に。市街地に、河岸段丘の地形が分かる場所が? 弘道館・偕楽園の意外な関係も。

栃木でブラタモリ

奥日光
記事へのリンク概要
現地取材 宇都宮(#112)宇都宮二荒山神社や宇都宮城址で、江戸との結びつきを探ります。穴場・カトリック松が峰教会や大谷石採掘場も登場。
那須(#110)石が転がる荒地だった那須は、どのようにしてリゾートに? 酪農、温泉、レジャー施設、別荘の4つがキーワードです。
現地取材 奥日光(#26)戦場ヶ原、竜頭の滝、中禅寺湖、華厳の滝と高度を落としてゆく、奥日光の地形をブラタモリが総なめ!
現地取材 日光(#25)石段のトリック、石鳥居の材質、参道のひし形の石、珍しい鉄製の南蛮鉄灯籠など、類を見ない視点で日光東照宮を攻略。

群馬でブラタモリ

記事へのリンク概要
現地取材 草津温泉(#146)草津温泉のたっぷり、アツアツ、ピリピリのお湯は、なぜ生まれたのでしょうか?
浅間山(鬼押し出し園・鎌原村)(#145)浅間山の噴火のなかでも、歴史に残る天明の大噴火。最後の1日は驚くべきことが続きました。
沼田(真田丸スペシャル)(#31)沼田はフランスの教科書にも載る典型的な「ある地形」。駅から町へは階段を登って向かいます。
軽井沢への道(横川・碓氷峠)編(#24)|長野県にも分類世紀の難所・碓氷峠ですが、意外になだらか? タモリさんはめがね橋、アプト式の遺産を見学。
現地取材 軽井沢(#16)なぜ標高900mに広大な平地が出現し、またなぜ軽井沢は斜陽から復活を遂げたのでしょうか?

(注)浅間山は、群馬県と長野県にまたがります。


埼玉でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
長瀞(#80)長瀞の地形は、南洋から押し寄せるプレートが地表に飛び出したもの! 地球の窓とも呼ばれます。
秩父(#79)秩父と言えば、石灰岩の武甲山。なぜ海のない埼玉県の秩父で、サンゴ由来の石灰岩がとれるのでしょうか?
大宮(#77)1度は発展に取り残された大宮。森鴎外、正岡子規、夏目漱石ら、著名人が訪ねたある場所が起爆剤になった?
小江戸・川越(#9)川越の蔵の町並みは、江戸時代の江戸の町並みと瓜二つ。なぜ江戸と同じ建築が川越に広がったのでしょうか?

千葉でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
銚子(#135)銚子が日本一の漁港になったのは、銚子漁港の存在が欠かせません。その巨額の建築費を稼ぎだした方法は?
ちばらき(#134)現在の数倍の霞ヶ浦に、利根川の付け替え。千葉・茨城県境の人たちは、どのように水と生きてきたのでしょうか?
浦安・TDL(#58)2つの川が合流したことが、沖の百万坪を誇る魚介のまち・浦安の原点。しかし都市化と公害が浦安を襲います。

東京でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
白金(#137)江戸時代には、茶畑と別が広がるのどかな場所でした。高級住宅地の4条件が揃ったのはなぜ?
豊洲(#121)防波堤の痕跡から豊洲は海沿いの場所。戦後、日本が開発できる貴重な場所となりました。
田園調布(#96)畑が広がる田園調布はどのように高級住宅街に? 放射線状の道には意外な目的地がありました。
吉祥寺(#94)駅前に斜めの道はなぜ? ブラタモリは、井の頭公園の水の流れを確かめつつ過去を探ります。
目黒(#57)目黒は江戸のリゾートだった? ブラタモリは目黒飴などをヒントに、歴史や地形を探ります。
高尾山(#47)高尾山は、左右で森の明るさが違うようです? これがブラタモリ高尾山編の最大の謎です。
東京駅(#SP)東京駅前に江戸城の石垣が? タモリさんは来訪記念にタイルを張って帰りました。
東京駅周辺(丸の内・皇居・桜田門)(#SP)今は丸の内に本社を構えるのがステータスですが、江戸期は大名屋敷がステータスでした。

神奈川でブラタモリ

記事へのリンク概要
現地取材 武蔵小杉(#125) 武蔵小杉になぜ広大な土地が? タモリさんは古い武蔵小杉を訪ねます。
箱根(#71,#72,#114)箱根温泉を知る七湯のしおりとは? 箱根、芦ノ湖の成り立ちも探ります。
現地取材 横須賀(#42)ブラタモリは、軍施設の見える横須賀駅前の公園から。なぜ横須賀は要港すか?
現地取材 横浜(#38)かつての横浜の中心は、神奈川駅。ブラタモリは空中にある三宝寺を訪ねます。
現地取材 小田原(#28)上杉謙信、武田信玄らの攻めを避け難攻不落と恐れられた小田原城の守りとは?
現地取材 鎌倉(#5,#6)鎌倉人気のきっかけは景勝地の江の島。江ノ電で極楽寺切通しから長谷寺へ。

新潟でブラタモリ

記事へのリンク概要
佐渡(#46)相川地区の道遊の割戸(どうゆうのわりと)は江戸期の最初の金山。幸運や工夫が佐渡の金山を長持ちさせます。
現地取材 新潟(#45)新潟市は、信濃川、阿賀野川が運んできた砂の町。どのように、田を作り町を作ってきたのでしょうか?

富山でブラタモリ

記事へのリンク概要
立山(#88)標高2450mに平地が広がった稀有な場所が立山。理由を探るために、ミクリガ池を訪ねます。
黒部(#86,#87)黒部ダムを難工事にした破砕帯。地下水を溜め込んだ軟弱地層との戦いは、映画で知られます。

石川でブラタモリ

記事へのリンク概要
金沢(#3,#4)金沢城は石垣がみどころ。三代前田利常の石垣は、関が原の戦いが終わり、芸術的でカラフル。

福井でブラタモリ

記事へのリンク概要
福井(#124)福井のルーツは消えた都市に? 奥行き1.7キロに、推定1万人もの人が暮らしていた大都市がありました。
東尋坊(#120)タモリさんは巨大な柱状節理に驚きます。なぜ東尋坊に誕生したのでしょうか? 三国港突堤も訪問。

山梨でブラタモリ

記事へのリンク概要
富士山麓・富士吉田(#52)名水が湧く忍野八海の本来の役割は? ブラタモリは、御師(おし)の面影に迫ります。
富士の樹海(#50,#51)樹海で磁石は狂う? 噴火後の溶岩は、外気で冷やされて、表面が湯葉のようなシワに。すると?

長野でブラタモリ

記事へのリンク概要
現地取材 軽井沢(#16)なぜ標高900mに広大な平地が出現したかなど、軽井沢繁栄の秘密を探ります。
軽井沢への道(横川・碓氷峠)編(#24) |群馬県にも分類 碓氷峠越えは、想像よりは楽だった? 長野側の地形の秘密と、溶岩流の役割を探ります。

岐阜でブラタモリ

記事へのリンク概要
岐阜(#92)岐阜城のある金華山は、濃尾平野のどこからも見ることができる場所。どのような地質なのでしょうか?

静岡でブラタモリ

記事へのリンク概要
現地取材 浜松(#153) 浜松~なぜ浜松が楽器の町になった♪~
現地取材 浜名湖 (#152) 浜名湖~“ウナギといえば浜名湖”なのはなぜ?~
現地取材 下田 (#107) 幕府の意向で不本意ながら下田入りしたペリーですが、大変気に入ります。祭りは外国人も歓迎です。
現地取材 天城越え(#104,#105)天城越えの歌が作られた、巨石のある湯ヶ島温泉を起点に、難路だった天城越えをめざします。
現地取材 三保松原・久能山(2018年新春SP)徳川家康お気に入りの場所が三保松原。タモリは、一富士二鷹三茄子に登場する折戸なすを調べます。
現地取材 熱海(#27)ビーチや歓楽街でなく、 海食崖と海蝕洞の見学から。多賀火山が熱海を生んだ?別荘跡も訪問。
富士山(#19,20,21)冨士山本宮浅間大社からスタートし、もっとも最近の噴火である宝永火口を経て山頂をめざします。

愛知でブラタモリ

記事へのリンク概要
名古屋(#75,#76,#90)舌の付け根が名古屋城で舌の先が熱田神宮で、左に堀川?

三重でブラタモリ

記事へのリンク概要
伊賀忍者・甲賀・信楽編(#158 159)武装農民がもととなった伊賀忍者。一方甲賀忍者は、政治的戦略で生き延びます。そして、タヌキだけでない信楽焼の魅力とは。
伊勢神宮(#40,#41) ブラタモリは、御師、式年遷宮、おかげまいりなど、秘密を探ります。
志摩(#39,#40,#41)イセエビ、あわび、かつお節、真珠などを育む、志摩海岸の秘密は?

滋賀でブラタモリ

記事へのリンク概要
伊賀忍者・甲賀・信楽編(#158 159) 武装農民がもととなった伊賀忍者。一方甲賀忍者は、政治的戦略で生き延びます。そして、タヌキだけでない信楽焼の魅力とは。
比叡山編(#143 144)比叡山は、日本の仏教の母。最澄はどのような教えを説いていたのでしょうか?
彦根編(#93)徳川家康は、なぜ彦根に城を建てたのでしょう。西には琵琶湖、東には? そして北側の住宅地を探ると。

京都でブラタモリ

(注)順に、順次現地取材版に書き換えます(現在1、3、4、5、6は書き換え済み)。

記事へのリンク概要
現地取材 比叡山編(#143 144) 比叡山は、日本の仏教の母。最澄はどのような教えを説いていたのでしょうか?
現地取材 京都御所編(#142)天皇の住まいだった京都御所が、なぜ今の場所にできたのかを探ります。消えた天井川に大きな関わりが?
京都西陣編(#139)織物の町・西陣はどうできたをテーマに、西陣織特有の織り方から応仁の乱の実際までを探ります。
現地取材 宇治編(#103)日本3大茶の1つが宇治茶。宇治川、平等院鳳凰堂の湧き水などをめぐり、その秘密を探ります。
現地取材 銀閣寺・東山編(#102)将軍・義政が隠居のために建てた銀閣は、引き算の美が特徴。義政のどんな思想が読み取れるのでしょうか?
現地取材 京都祇園編(#70)舞妓さん・芸妓さんが歩く、日本一の花街である祇園。祇園は、意外にも分業制で成り立っていました。
現地取材 清水寺(#69)清水寺は、はるか西の嵐山の辺りと同じ地層。なぜなのでしょうか? 崖の交差点に立つ清水の立地を探求。
伏見編(#37)外国人が選ぶ観光地第1位・伏見稲荷大社の千本鳥居が有名。秀吉は伏見の2つの城に4年間居住しました。
嵐山編(#36)風景写真でおなじみの渡月橋や天龍寺の紅葉は、自然と人為の力が合わさってできた絶景でした。
新春特番(おどいなど)京都の郊外にある盛り土(おどい)。応仁の乱で荒廃した京都を広げて、守る豊臣秀吉の思いが見られます。

大阪でブラタモリ

記事へのリンク概要
大阪・堺(#134)海沿いに古墳が並ぶ場所だった堺。江戸時代には、要塞のような都市だった?
大阪ミナミ(#133)かつては土砂に埋もれていた道頓堀川周辺。江戸時代には、いまの吉本新喜劇への萌芽が生まれます。
大阪城(#54)豊臣秀吉の大阪城や、守りの要・真田丸は、埋められたり壊されたり。ブラタモリは痕跡を探ります。
大阪(#53)湿地帯のなかにわずかな台地が広がっていた大阪。ブラタモリは、発展の秘密を探ります。

兵庫でブラタモリ

記事へのリンク概要
姫路城(#151)姫路城が時代劇で、江戸城の代わりに使われるのはなぜ? 
有馬温泉(#97)有馬温泉の魅力は、赤湯、白い結晶、炭酸ガス。ブラタモリは、泉質の成り立ちを探ります。
宝塚(#95)宝塚は洪水が多い場所で、以前は別の場所にありました。ブラタモリは、宿場の芝居小屋に原点を見ます。
神戸(#64,#65)神戸が良港である理由は六甲山にあり? 土地が狭いことも、かえって良かった理由とは。

奈良でブラタモリ

記事へのリンク概要
奈良(#10,#11)奈良の語源は、平らな土地という説が有力ですが、東側の高度が高いのはなぜ?

和歌山でブラタモリ

記事へのリンク概要
熊野(#131,#132)落差日本一の那智の滝。硬い流紋岩と柔らかい砂岩に関係がある?
高野山(#82,#83,#84)珍しい3週に渡る放映で、高野山のすべてが明らかになりました。

鳥取でブラタモリ

記事へのリンク概要
鳥取(#111)

鳥根でブラタモリ

記事へのリンク概要
出雲大社(#15)
松江(#14)

岡山でブラタモリ

記事へのリンク概要
岡山(#149)
倉敷(#74)

広島でブラタモリ

記事へのリンク概要
尾道(#73)
宮島(#49)
広島(#48)広島

山口でブラタモリ

記事へのリンク概要
関門海峡(#108)
(#106)

徳島でブラタモリ

記事へのリンク概要
鳴門(#129)
阿波踊り(#128)

愛媛でブラタモリ

記事へのリンク概要
道後(#30)
松山(#29)

香川でブラタモリ

記事へのリンク概要
こんぴらさん(#60)
さぬきうどん(#59)

高知でブラタモリ

記事へのリンク概要
四万十川(#154 155) ブラタモリが、最後の清流、四万十川を上ります。沈下橋、蛇行、マーブル状の地層・メランジュが登場。
高知(#85) 高知の町が龍馬を生んだ理由を、堀の痕跡や海岸にある山々から探ります。

福岡でブラタモリ

記事へのリンク概要
博多・福岡(#17,#18)

佐賀でブラタモリ

記事へのリンク概要
有田焼(#116,#117)

長崎でブラタモリ

記事へのリンク概要
長崎(#1,#2)

熊本でブラタモリ

記事へのリンク概要
阿蘇(#138)
熊本城(#34,#35)

大分でブラタモリ

記事へのリンク概要
別府温泉(#63,#64)

宮崎でブラタモリ

記事へのリンク概要
宮崎(#100)

鹿児島でブラタモリ

記事へのリンク概要
鹿児島(#98,#99)
奄美大島(#66,#67,#68)

沖縄でブラタモリ

記事へのリンク概要
沖縄(2020新春sp)
那覇(#33)
首里城(#32)

当記事の保存方法

当記事を保存される場合、少し下の「B! はてブ」マークをご利用ください。ネット上のあらゆる記事が簡単に保存でき、あとから探す手間が省けます。

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました