【ブラタモリ城崎・豊岡】全内容・ルートを写真でまとめと要約!|再放送 #171

ブラタモリ
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

NHK番組のブラタモリ城崎きのさき・豊岡編で、タモリさんが城崎・豊岡の地形・歴史・穴場を紹介します。この記事では、ブラタモリ城崎・豊岡編の全内容・ルートを写真でまとめて紹介します!

ブラタモリの再放送は、青いボタンから。


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

とらべるじゃーな!は、穴場やずらし旅に強いサイトです。


見逃した方はこちらから。

最新ニュース 【ブラタモリ浜名湖】タモリさんが訪ねたホテル九重が閉業へ

ブラタモリ
ブラタモリ

タモリさんが監修!カレーうどん千吉に行ってきました

秋の予約が増えています! 下のボタンでは、関東圏の静かで安全な観光地を特集。



兵庫でブラタモリ概要
淡路島(#184)淡路島は、日本のはじまりの島? 淡路島はどのように誕生し、なぜ古代から日本の要の位置を占めたのでしょうか?
城崎・豊岡(#171)城崎温泉駅前には、色が黒っぽく硬い、玄武岩を使った置物がいくつか見られます。豊岡市を支えていたのは玄武岩だった? 
神戸(#64#65)日本を代表する神戸港は、1300年前の奈良時代には「大輪田の泊」として、中国や朝鮮半島に開かれていました。神戸はなぜ1300年も良港なのでしょうか?

豊岡市とは?|ブラタモリ城崎きのさき・豊岡

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、兵庫県北部・豊岡市の城崎温泉駅からスタート。

豊岡市は、年に約380万人が訪ねる観光のまち。豊岡駅がまちの中心ですが、その北にJR玄武洞駅、城崎温泉駅、さらに京都丹後鉄道宮津線には、コウノトリの郷駅もあります。

城崎温泉駅前には、色が黒っぽく硬い、玄武岩を使った置物がいくつか見られます。豊岡市を支えていたのは玄武岩だった? その秘密をタモリさんがブラブラ歩いて解き明かします。


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

遠野、諏訪、金沢、飛騨高山、宮島など、行ってみたいあの場所のビールが、現地そのままの味で楽しめます。日本酒、ワイン好きにも選ばれています。

人気観光地・城崎きのさき温泉の川にも玄武岩!|ブラタモリ城崎・豊岡

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、城崎温泉を訪ねます。

城崎温泉は、開湯1300年。平安時代以前に起源があり、江戸時代には「海内第一泉かいだいだいいちせん」と呼ばれ、日本一の温泉とも呼ばれました。兵庫県では、ブラタモリも訪ねた有馬温泉などと、人気を分け合います。

ブラタモリ有馬温泉の全内容・ルート

冬の城崎温泉は、カニを振る舞う旅館が多く、以前にタモリさんも食べたとのこと。


ブラタモリは、城崎温泉を象徴する大谿川おおたにがわを訪ねます。タモリさんは、大谿川の護岸に注目します。

ブラタモリ
ブラタモリ

大谿川の護岸にあるものは、もしかして玄武岩?

タモリさんが予想した通り、護岸のおよそ600mに玄武岩が使われています。大正14年の北但馬地震で焼け野原になってしった城崎温泉は、強度と景観の両立を考え、玄武岩を使いました。

600mにも渡る玄武岩は、どこから取ってきたのでしょうか ? それは、タモリさんがすでに訪ねたことがありイチオシの玄武洞です。


タモリさんも大推薦の玄武洞へ!|ブラタモリ城崎・豊岡

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、玄武洞を訪ねます。

アクセス JR城崎温泉駅からタクシー5分

玄武洞は、見える石全てが玄武岩で、国の天然記念物。まるで大きな「妖怪」のような威圧感があります。約6000年前に波に洗われ、その姿を現し、玄武岩の採取により洞の形となりました。

川の護岸にあった玄武岩は、加工したものではなく、初めから割れていたものです。

玄武洞では、160万年前の火山活動で流れてきたマグマが、冷え固まるときに体積が縮小し、規則正しく割れたのが特徴です。まず表面が割れ、割れ目が縦に入って行く「柱状節理」です。

柱状節理は、過去のブラタモリでも登場しています。
ブラタモリ東尋坊ブラタモリ知床

玄武洞には、左右から力が加わるなどいくつかの理由で、珍しい横向きの柱状節理もあります。

6角形の玄武岩を並べ、積み上げたような光景は、多くの人を惹きつけています。

玄武岩とは?

玄武洞の名前の由来は、江戸時代に幕府の儒官が、玄武という神様である亀の甲羅の文様に似ていると名づけたもの。明治時代の1884年、東京大学の小藤文次郎博士が、さまざまな岩石を名づけるときに、玄武洞の名を用いて「玄武岩」と命名しました。

豊岡市 公式サイト

タモリさんは、『笑っていいとも!』(2012年7月25日)で、キャラクターの玄さんに、「地球の芸術品」というキャッチフレーズをつけていましたが、すっかり忘れていました。

ブラタモリ伊豆・天城越え編で紹介された、旧天城トンネルの北側は、南伊豆の玄関口。わざわざ運んできた玄武岩を用いて、豪華に作られています。

http://nevereverseenbefore.blogspot.com/2016/04/the-appian-way-via-appia-italy.html

ブラタモリローマ編で紹介された、もっとも名高いローマへの道の1つアッピア街道は、もともと近くにあった玄武岩で作られています。

写真:札所27番 龍河山大淵寺使用許諾済(札所27番・28番敷地内の写真は、インターネット・雑誌上に許可なく掲載できません)

ブラタモリ秩父編で紹介された武甲山は、石灰石の産出で知られますが、玄武岩が支える2重構造です。

地磁気逆転とは?

ブラタモリ
ブラタモリ

大正時代の1931年、京都大学の松山基範博士が、玄武洞の石を調べ、あることを気づきました。

玄武洞の岩石が、逆向きに磁化していたのです。現在の地球は、北極がS極、南極がN極ですが、時期によっては、地球の磁場が反転していたという「地磁気逆転」説の根拠となります。

松山基範博士の発見は、地球の様々な変動の原動力を、地球の全表面を覆う十数枚の厚さ数十kmほ どのプレートの運動や、その境界部の変動に求める考え方(プレートテクトニクス)に結びつきました。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

老けないと言われるキムタクは、15年間玄米を食べているそう(Yahoo!ニュース)。茨城県の「驚くほど柔らかい玄米」のオムライスが人気のお店によれば、玄米は圧力鍋がポイントとのこと。

家庭でできる全自動の炊飯用圧力鍋と、24キロの玄米がセットで届きます。

貴重な玄武岩を漬物石に?|ブラタモリ城崎・豊岡

ブラタモリ
ブラタモリ

豊岡の家庭に見られた玄武岩の漬物石。なぜ玄武岩を漬物石にしたのでしょうか?

切り口が平らで、漬物石にちょうどよい大きさです。最近は、漬物をつける家庭は減りましたが、まだ一部残っています。さらに、玄武岩は比重が大きく、漬物にぴったりでした。

ブラタモリは、石垣ひしめく「玄武岩ストリート」を訪ねます。ほとんどの家の塀に、玄武岩が使われています。階段や門柱にも、ぜいたくに玄武岩が使われています。

塀によって、家の高さをかさ上げしてあるのは、水害が多いことに背景があります。


秋の関東圏1泊2日旅行 静かな自然・温泉・穴場と名旅館27選


特別天然記念物コウノトリと街中で出会える!|ブラタモリ城崎・豊岡

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、町なかで特別天然記念物のコウノトリを見つけます。

町なかでも野生のコウノトリを見ることができますが、コウノトリの郷公園では、常にコウノトリが見られます。兵庫県立コウノトリの郷公園は、コウノトリの野生復帰に取り組んできました。

アクセス JR豊岡駅から全但バス。コウノトリの郷公園下車。(京都丹後鉄道・コウノトリの郷駅から徒歩40分)

豊岡は、すみかとなる山から、えさ場(魚や小動物)である田んぼが見える、コウノトリには絶好の場所でした。さらに細かい谷が多いことから、縄張り意識が強いコウノトリは、縄張り争いに労力を取られることがありません。

ブラタモリ
ブラタモリ

豊岡が「コウノトリの郷」になったのも玄武岩のおかげとは、どういうことでしょうか? 

ブラタモリは、豊岡市を見渡す山に登ります。平地が、川下ほど狭くなっている不思議な地形にタモリさんは気づきます。豊岡盆地のへりに、硬い性質の玄武岩があったため、侵食が進まず、内陸が開けたのです。

豊岡は内陸の地形で、決して、水田向きの平たんな地形であった訳ではありません。ところが6000年前、海進で豊岡は1度海になり、玄武岩が出口を押さえているため、土砂が流れ出ず、平らな土地になったのです。

ブラタモリの再放送は、「ブラタモリ再放送について」の青いボタンから。

兵庫でブラタモリ概要
淡路島(#184)淡路島は、日本のはじまりの島? 淡路島はどのように誕生し、なぜ古代から日本の要の位置を占めたのでしょうか?
城崎・豊岡(#171)城崎温泉駅前には、色が黒っぽく硬い、玄武岩を使った置物がいくつか見られます。豊岡市を支えていたのは玄武岩だった? 
神戸(#64#65)日本を代表する神戸港は、1300年前の奈良時代には「大輪田の泊」として、中国や朝鮮半島に開かれていました。神戸はなぜ1300年も良港なのでしょうか?

見逃した方はこちらから。

最新ニュース 【ブラタモリ浜名湖】タモリさんが訪ねたホテル九重が閉業へ

ブラタモリ
ブラタモリ

タモリさんが監修!カレーうどん千吉に行ってきました

秋の予約が増えています! 下のボタンでは、関東圏の静かで安全な観光地を特集。



コメント

タイトルとURLをコピーしました