ブラタモリ全放送回まとめ

【ブラタモリ東尋坊編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #120

更新日:


NHK番組のブラタモリ東尋坊編で、東尋坊の地形・歴史を踏まえた、穴場観光地を含むルートが紹介されました。この記事では、ブラタモリ東尋坊編の全ルートを、写真やアクセスなどの情報とともに紹介します。再放送予定も掲載。


ブラタモリ福井編はこちらから

【ブラタモリ福井編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #120

再放送、見逃し配信:【ブラタモリ見逃した?】再放送予定と時間帯、無料配信もあります

再放送は、翌火曜日の23時55分から(休止の場合あり)。再放送でなくすぐに見たい場合や、スマホから見たい場合は上のリンクをご利用ください。

お知らせ

伊豆天城越え編の現地取材を済ませました:【ブラタモリ伊豆・天城越え編】伊豆・天城の歴史・地形・観光ルートまとめ #104

旅を楽しくする記事、プロフィール

抜け毛や将来の薄毛が不安ですか? 解決できた方法教えます。

運営者プロフィール、プライバシーポリシー

東尋坊とは:ブラタモリ東尋坊

東尋坊は、福井県にある断崖絶壁の名所です。そして、もう1つの福井県の名物は、恐竜。ブラタモリでは、東尋坊と恐竜を扱います。テーマは、東尋坊・恐竜 福井名物はなぜ生まれた?

  • アクセス:えちぜん鉄道 三国駅からバスで15分

東尋坊へ

ブラタモリは、長く絶壁が続く東尋坊を訪ねます。国の天然記念物で、福井県を代表する観光地です。

東尋坊を代表する断崖絶壁・大池に、高所恐怖症のタモリさんは、絶句。25m下の海面をのぞき込むことができます! サスペンスドラマの撮影にもよく使われます。名前の由来は、東尋坊という暴れん坊のお坊さん(僧兵)が、ここから落とされたというエピソードです(諸説あります)。

東尋坊の成り立ちは?

岩の柱が束ねられたように重なる東尋坊の絶景。どのようにして、できたのでしょうか?

タモリさんは、火山岩の柱状節理ではないかと指摘します。マグマが冷え固まる時に堆積が縮み、縦に亀裂が入ってできたものです。

ブラタモリは、遊覧船から柱状節理を見学します。遊覧船は、狭い東尋坊・大池の崖下まで入ってきます。これまでブラタモリが紹介してきた、知床や伊豆(浄蓮の滝)の柱状節理より、ずっと太いのが特徴です。

※伊豆・天城越え編の記事には、現地取材の柱状節理の写真が掲載されています。

東尋坊の柱状節理はなぜ太い?

東尋坊には、幅4mの柱もあります。柱状節理は、ゆっくり冷えると、太くなる性質があります。東尋坊では、厚い地層にマグマが阻まれ、地中でゆっくりと冷えたのです。

※通常の柱状節理は、地表に出たあと作られます。

その後隆起(地殻変動)があり柱状節理が地表に出て、さらに北西からの荒波で、側面が切り込まれ、現在の絶景が生まれたのです。

三国港突堤:ブラタモリ東尋坊