【うな丼550円】宇奈ととのうなぎはまずい?産地は中国?行ってきました!

関東圏ずらし旅ブログ とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

東京14店舗、大阪4店舗の宇奈とと(うなとと)は、うな丼がなんと550円! 宇奈とと錦糸町店を訪ねたので、レポートします。産地についても追記しました。


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

とらべるじゃーな!は、穴場やずらし旅に強いサイトです。


全国のうなぎ

・店内注文も、デリバリーも、1つ1つ松葉備長炭で焼いていました。
・筆者は、三島の名店・桜家あつた蓬莱軒のひつまぶしなど、各地のうなぎを試食済みですが、550円のうなぎとしては、圧巻。焼きよし、厚みよし、ふくっら加減も旨味もすべて合格です。(2021年5月)
・味の確認のため訪ねましたが、かなりのハズレを引いてしまいました。脂が乗っているのではなく、変な脂が多く、まるでガムのような食感。味も薄め。同行者は「安いし普通に食べられる」と言っていましたが、筆者はしばらく行かないと思います。値段から仕方ないですが、個体差がかなりありそう。(2021年10月)
・値段から産地は、中国(アメリカ種?)だと思われます。デリバリーでは気になるお店の衛生管理ですが、問題なしです。提供準備済みの「きもすい」には、1つ1つフタをするなど問題がありません。

競馬ファン御用達 宇奈ととの550円のうな丼の味は?

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

WINS錦糸町周辺は、安くておいしいお店の激戦区です。宇奈ととは、11時きっちりに開店。しっかりした印象です。

このページをご覧の方は、デリバリーを検討の方が多いと思いますが、店内でも安心。カウンターは向かい合わせですが、互いに距離があります。また、お店の衛生観念が出やすい、調味料周りも清掃は完璧でした(写真)。


強いて言えば、パーテーションがありませんので、そこは課題です。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

こちらが、看板商品のうな丼(550円)。焼きが強く、厚みも十分。中はふっくらで、うま味も十分。スーパーのうなぎは、この倍以上の値段ですが、味はまったくかないません。

値段から期待していなかった白米も合格。炊飯器特有の臭さがありません。

ヒント 2021年10月の再訪問時は、コメのできは余り良くなかったです。やや水加減が多い印象。なお、他店(錦糸町店以外)では、コメがまずいの口コミも見られます。


こちらは、静岡・三島の名店、桜家のうなぎ重箱(4300円)。同じ値段で、宇奈とと8個分。筆者は、量より質を取りたい方ですが、この比較なら、宇奈とと8個を選びます。

その理由の1つとして、宇奈ととは、関東人好みの「強い焼き加減」だからです。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

遠野、諏訪、金沢、飛騨高山、宮島など、行ってみたいあの場所のビールが、現地そのままの味で楽しめます。日本酒、ワイン好きにも選ばれています。

【追記】個体差が激しい?かなりのハズレもあるので要注意

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

味の確認のため、2021年10月、5カ月ぶりに訪問。

うな丼ダブル(1000円) うなとと

人気メニューのうな丼ダブル(1000円)です。サラダ、肝吸いのセット。


結論から言えば、前回より大幅に味が落ちていました。脂が乗っているのではなく、まるであまり質が良くない鳥皮のような脂が大量に。ガムのような歯ごたえで、うま味に乏しいものでした。完食はしましたが、人によっては残しているはず。

ただ、同行者は、安さを考えればそれなりと、気にしていませんでしたので、味うるさい人はパスすべきというレベルです。恐らく個体差で、値段から質をそろえるの難しいと思いますが、外れた場合のダメージは小さくありません。

宇奈ととは、本当に炭火で焼いているの?

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

宇奈ととは、本当に炭火で焼いているのでしょうか?

ご覧のように、きちんと炭火で焼いていました。お店の外からも見えますし、外からも煙やにおいが感じられます。また、ちょうどデリバリーの注文が入りましたが、それも炭火で焼いていました。見る限り、作り置きはありませんでした。

トータルフーズシステムの松葉備長炭を使用しています。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

老けないと言われるキムタクは、15年間玄米を食べているそう(Yahoo!ニュース)。茨城県の「驚くほど柔らかい玄米」のオムライスが人気のお店によれば、玄米は圧力鍋がポイントとのこと。

家庭でできる全自動の炊飯用圧力鍋と、24キロの玄米がセットで届きます。

宇奈ととは、中国産? アメリカ種(アンギラ・ロストラータ)の可能性も

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

宇奈ととは、中国産なのでしょうか?

宇奈ととのうなぎは、商社の阪和興業が一括して扱っています(かつて、阪和興業のホームページで紹介されていました)。阪和興業は、国の検査基準を満たすだけでなく、薬品や重金属を検出できる検査機器の導入を進め、安全性を保つ方針です。

阪和興業は、2018年にはアメリカ種(アンギラ・ロストラータ/Anguilla rostrata)のみを仕入れています。そのため、現在もアメリカ種(産地自体は中国産)の可能性があります。

上は、宇奈ととが2015年頃出していたうなぎです。

現在(2021年)の宇奈ととのうなぎです。表面がでこぼこしていると言われる、アメリカ種(アンギラ・ロストラータ)の条件を満たしているように見えます。現在は、中国産アメリカ種の可能性が高いのではないかと、思います。


秋の関東圏1泊2日旅行 静かな自然・温泉・穴場と名旅館27選


メニュー

店内メニュー

テイクアウト


宇奈ととは、衛生的な調理をしているの?

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

写真は、宇奈ととの調味料置き場。衛生観念がとくに出やすい場所ですが、問題ありませんでした。

なお、デリバリーの場合は、焼き鳥屋さんなどにうなぎの原料と、焼き方のノウハウを提供している場合がありますので、作るお店の衛生観念によります。また、松葉備長炭を使用しているかどうかは、未確認です。

肝吸い用に準備されていた食器にはラップがかけられ、衛生観念はしっかりしています。なお、温度は90度でした。

研究結果によりますと、新型コロナウイルスは、(中略)70度では5分以内に検出できなくなった

NHK番組より

宇奈ととは、落語家が作った

宇奈ととは、落語家(金原亭世之介)が興した事業からの発展。一時期、経営不振に陥りましたが、店舗を整理し、現在は安定経営です。

宇奈ととの店舗一覧

全国のうなぎ

コメント

  1. […] 関連 ➡東京・大阪・全国 うなぎ(うな丼)を激安500円で食べる方法(別サイト) […]

タイトルとURLをコピーしました