ブラタモリ全放送回まとめ

ブラタモリ過去の全放送回まとめ

更新日:


ブラタモリ過去の全放送回まとめ。この記事では、ブラタモリの現行シリーズ、第1回から現在までに放送された全タイトルを都道府県別に紹介し、特別な地形や歴史を感じ取れる、良質な穴場をめぐる旅の参考となるようしました。


※現在、都道府県別に再編集中です。

ブラタモリ 最新シリーズとは?

ブラタモリ書籍版
  • NHK番組ブラタモリの最新シリーズは、2015年4月にスタート。土曜日(不定期)19:30~21:15の放映。
  • 毎日の「笑っていいとも」収録のために遠方取材ができないタモリさんの制約がなくなり、全国へおもむき、人気が爆発したシリーズです。

※当サイトは現地取材サイトですが、ブラタモリ関連の記事は、情報のまとめとなります。関東圏に関しては、極力後日取材を行っています。

ブラタモリ書籍版はこちらから

Facebookの自動通知が便利、見逃し無料配信も

□□内容を先にお伝えします!□□

北海道でブラタモリ

富良野編
新しい順 記事へのリンク 概要
釧路湿原編(#141)湿原は時間が経てば必ず、森林化してします。山手線がすっぽり収まる日本最大の釧路湿原は、なぜ湿原のまま?
旭川編(#119) 熊も出る大原野から、北海道第2の都市に登りつめた旭川。背景に、屯田兵や、石狩川周辺の地質がありました。
富良野編(#118) 北海道の奥地にある丘陵に、開拓の波がたどり着くまでに30年。開拓途中には、十勝岳の噴火に襲われました。
室蘭編(#91) 天然の良港である室蘭は、火山のはたらきを背景に持ちます。名所・地球岬や砂鉄の存在から、謎を解きます。
洞爺湖編(#89)中島が美しい洞爺湖は、最大水深180m。しかし、水深1m前後の場所があるのはなぜなのでしょうか?
知床編(#55) ゴジラ岩や断崖絶壁で知られる知床半島を形づくったのは、火山。ヒグマだらけの海岸線を、船で見てゆきます。
小樽編(#23) 札幌を超える規模を誇った小樽は、戦後に一気に衰退。タモリさん「どうせ衰退するなら急速冷凍のほうが良い」。
札幌編(#22) 明治2年まで7人しか人がいなかった札幌。どのようにして200万都市に発展したのでしょうか。
函館編(#7,8) 青函トンネル、そして懐かしの青函連絡船に加え、函館の夜景が美しい理由をブラタモリ流に解き明かします。

青森でブラタモリ

十和田編
新しい順記事へのリンク概要
十和田編( #81)タモリさんは、十和田湖畔から軽石を発見。中湖を持つドーナツ型の十和田湖の成り立ちには、奇跡がありました。
弘前編(#78)33のお寺が並ぶ禅林街と、弘前城の関係とは? サムライとりんごの意外な関係も明らかになります。

岩手でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
平泉編( #56)中尊寺金色堂とシルクロード。平泉の水の出どころ。猊鼻渓で知る、平泉と金(きん)の関係など、いくつもの謎を解決。

宮城でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
仙台編( #12,13)伊達政宗の城下町の標高の高さはなぜ? 水はどのように調達していたのでしょうか? 江戸期の杜の都の原点も探ります。

山形でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
酒田編( #113)酒田は日本の中心と言える存在だった? 酒田は、北前船(北海道・東北⇔門司⇔大阪)の通り道が、第1のヒントです。

福島でブラタモリ

会津磐梯山(五色沼)
新しい順記事へのリンク概要
会津磐梯山編(#44) ブラタモリは、五色沼を生んだ、火山の巨大なメカニズムに迫ります。色がそれぞれ異なる理由も、明らかに。
会津編( #43)武骨・正義感のイメージの会津人は、実はアイデアマン? ブラタモリは、会津城や城下町から、アプローチします。

茨城でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
ちばらき編(#135) 軍事拠点だった?鹿島神宮。江戸時代には、潮来の遊郭ともに観光地に。新・利根川の大洪水に地元民は?
水戸編( #61)水戸城本丸は、水戸第一高校に。市街地に、河岸段丘の地形が分かる場所が? 弘道館・偕楽園の意外な関係も。

群馬でブラタモリ

(注)浅間山は、群馬県と長野県にまたがります。

新しい順記事へのリンク概要
浅間山(鬼押し出し園・鎌原村)(#145)浅間山の噴火のなかでも、歴史に残る天明の大噴火。最後の1日は驚くべきことが続きました。
沼田(真田丸スペシャル)(#31)沼田はフランスの教科書にも載る典型的な「ある地形」。駅から町へは階段を登って向かいます。
軽井沢への道(横川・碓氷峠)編(#24)世紀の難所・碓氷峠ですが、意外になだらか? タモリさんはめがね橋、アプト式の遺産を見学。
関連【現地取材】軽井沢(#16)なぜ標高900mに広大な平地が出現し、またなぜ軽井沢は斜陽から復活を遂げたのでしょうか?

滋賀でブラタモリ

(注)比叡山は、滋賀県と京都府にまたがります。

新しい順記事へのリンク概要
比叡山編(#143 144)比叡山は、日本の仏教の母。最澄はどのような教えを説いていたのでしょうか?
彦根編(#93)徳川家康は、なぜ彦根に城を建てたのでしょう。西には琵琶湖、東には? そして北側の住宅地を探ると。

京都でブラタモリ

新しい順記事へのリンク概要
京都御所編( #142)天皇の住まいだった京都御所が、なぜ今の場所にできたのかを探ります。消えた天井川に大きな関わりが?
宇治編(#103)日本3大茶の1つが宇治茶。宇治川、平等院鳳凰堂の湧き水などをめぐり、その秘密を探ります。
銀閣寺・東山編(#102)将軍・義政が隠居のために建てた銀閣は、引き算の美が特徴。義政のどんな思想が読み取れるのでしょうか?
京都祇園編(#70)舞妓さん・芸妓さんが歩く、日本一の花街である祇園。祇園は、意外にも分業制で成り立っていました。
清水寺編(#69)清水寺は、はるか西の嵐山の辺りと同じ地層。なぜなのでしょうか? 崖の交差点に立つ清水の立地を探求。
伏見編(#37)外国人が選ぶ観光地第1位・伏見稲荷大社の千本鳥居が有名。秀吉は伏見の2つの城に4年間居住しました。
嵐山編(#36)風景写真でおなじみの渡月橋や天龍寺の紅葉は、自然と人為の力が合わさってできた絶景でした。
新春特番(おどい)京都の郊外にある盛り土(おどい)。応仁の乱で荒廃した京都を広げて、守る豊臣秀吉の思いが見られます。

【2015年】長崎 ブラタモリ#1 #2

東京から遠い長崎港は、なぜ国際的な港になったのでしょうか?  タモリさんは、長崎を歩いたあと、最後の炭鉱である池島炭鉱に船で向かいます。

記事はこちらから

金沢 ブラタモリ#3・#4


出典:金沢市キッズページ

金沢城の隠れたみどころは、町なかの痕跡とさまざまな石垣! 利家・利恒・綱紀時代の石垣を比較し、技法の変化や時代背景を探る力作の回です。

記事はこちらから
 

鎌倉 ブラタモリ#5 #6【現地取材済】

なぜ、鎌倉に幕府ができたのでしょうか? ブラタモリは、鎌倉の地形に注目します。タモリさんは、鎌倉の海沿いの傾斜から、古い港である和賀江嶋や土手の存在を探り当て、極楽寺切通しにも足を延ばします。

記事はこちらから
 

函館 ブラタモリ#7 #8

函館の夜景はなぜ美しいのでしょうか? ブラタモリは、坂や地形に注目し、その謎を解き明かします。函館山に眠る、陸軍要塞も探索。

記事はこちらから

川越 ブラタモリ#9【現地取材済】

なぜ川越は小江戸と呼ばれるのでしょうか? 川越に見られる黒い壁は、江戸の武家屋敷の特徴である江戸黒。ブラタモリは、町火消しの道具がデザインされたマンホールからヒントを得ます。

記事はこちらから
 

奈良 ブラタモリ#10 #11

奈良の平城宮跡には、不思議な点が。なぜ近鉄の線路がわが物顔で横切り、見おろすように興福寺が建てられているのでしょうか? 地形から奈良時代を探る、ブラタモリの本領発揮です。春日神社、東大寺大仏殿も訪問!

記事はこちらから

東京駅 ブラタモリスペシャル#13.5【現地取材済】

この回のブラタモリは、特別番組のため通し番号はありません。便宜的に13.5としています。2012年の大改修工事を経て、東京駅の特徴である独自のレンガ工法は残存しているのでしょうか? さらに、狭小だった東京駅の工夫である、行ってこい階段とアロマ珈琲を訪ねます。鉄鉱ビルにはタモリさんが貼ったタイルも。

記事はこちらから
 

松江 ブラタモリ#14

悲願の国宝指定につながった、松江城のくぎ穴をブラタモリは見学。湿地帯に作られたことがよく分かる遊覧船に乗船します。そして、松江の生命線とも言える国交省松江堀川浄化ポンプ場へ。

記事はこちらから
 

出雲大社 ブラタモリ#15

かつては、砂丘のそばにあり栄えていなかった出雲大社。ブラタモリは、古い参道をたどり、15階建ての高さとも言われる繁栄期の出雲大社の痕跡を探ります。出雲大社繁栄の秘密を、そば屋さんが保管する版画から探ります。

記事はこちらから
 

軽井沢 ブラタモリ#16

軽井沢繁栄の奇跡をブラタモリは探ってゆきます。そもそもなぜ標高800mの場所に、高大な平地が誕生したのでしょうか? 宿場町が寂れ寒村になった軽井沢の転機は、旅館から靴屋になったお店にヒントがあります。

記事はこちらから

福岡・博多 ブラタモリ#17 18

出典:福岡市

混同されがちな福岡と博多の違いがよく分かる回です。ブラタモリは、博多の大通りに太閤町割りの痕跡を探ったあと、聖福寺付近で、鎌倉時代までタイムスリップします。タモリさんのふるさとで、路面電車と300円で乗れる新幹線も見学。

記事はこちらから

富士山 ブラタモリ#19#20#21

ブラタモリ富士山編では、富士山がなぜ美しい形になったのかを探ります。タモリさんは、溶岩の硬さの問題、なぜふたこぶラクダが独立峰になったのか、どのように雪で荒れた山肌がなめらかになったのかを、3日間に分けて探ります。

記事はこちらから

札幌 ブラタモリ#22

かつて泥炭地や低湿地が広がっていた札幌。ブラタモリは、札幌がどのように200万都市になったのかを探ります。すすきのを訪ね、原点となった薄野遊郭を知ります。

記事はこちらから

小樽 ブラタモリ#23

かつては札幌をしのぐ町だった小樽。ブラタモリは、産業構造の変化に取り残され、衰退していた小樽が、どのように観光都市として復活したのかを探ります。タモリさんの結論「どうせ衰退するなら急速冷凍のほうが良い」?

記事はこちらから

軽井沢への道(碓氷峠) ブラタモリ#24

ブラタモリは、難所で名高い碓氷峠に向かって歩きますが、案外なだらからなのはなぜ? タモリさんは、国境の熊野皇大神社付近に、分水嶺を探します。めがね橋や、鉄道文化むらにも。

記事はこちらから

日光東照宮 ブラタモリ#25【現地取材済】

良く知られる日光東照宮ですが、ブラタモリは石段の原材料、さらに、足元の石畳がひし形であることに目をつけます。人気の彫刻、眠り猫は、何を示しているのでしょうか?

記事はこちらから

奥日光 ブラタモリ#26【現地取材済】

奥日光が国際観光地になったきっかけは、ある旅行記にあった? ブラタモリは、華厳の滝と、横に流れる頭龍の滝から、奥日光の壮大な地形図をひも解きます。戦場ヶ原を経て、穴場の奥日光温泉も紹介。

記事はこちらから

熱海 ブラタモリ#27【現地取材済】

ブラタモリは、熱海の奥座敷・錦ヶ浦の有名ホテルを訪ね、熱海に温泉が沸いた秘密を突き止めます。温泉街に戻り、観光客が余り訪ねない大湯間欠泉跡へ。さらに別荘地熱海の面影を残す、日向別邸(工事閉館中)へ。

記事はこちらから

小田原 ブラタモリ#28【現地取材済】

鉄壁の守りを誇った小田原城。ブラタモリは、東西南北の守りを確認してゆきます。徳川家康の小田原城攻めの陣地跡も見学。

記事はこちらから

松山 ブラタモリ#29

松山の大敵は洪水。ブラタモリは、城や城下町が洪水をどう逃れてきたのかを探ります。商店街・銀天街に、湊町の地名がある理由を探ったタモリさんは、全国でも珍しい線路の直交を見学!

記事はこちらから

道後温泉 ブラタモリ#30

縄文時代から存在したとも言われる道後温泉。ブラタモリは、道後温泉本館付近の傾斜から道後温泉が沸いた理由を探ります。戦国時代の城の名残りや、明治期に道後温泉を盛り立てた、名物町長も紹介。

記事はこちらから

沼田(真田丸スペシャル) ブラタモリ#31

ブラタモリが訪ねたのは、フランスの教科書にも掲載された沼田。3つの川は、どのような地形を織りなしているのでしょうか? 天空の城下町と言える沼田へは、沼田駅から階段を登って向かいます。タモリさん絶賛のとんかつとみたも。

記事はこちらから

沖縄・首里城 ブラタモリ#32

首里城を訪ねたブラタモリ。まず気づいたのは、不思議な曲線状の石垣です。タモリさんは、首里城で必見と言える、アーチ門、隅がしら、布積み、相方積みを見て回ります。さらに、戦禍にあった泡盛の歴史を探ります。

記事はこちらから

那覇 ブラタモリ#33

現在の那覇は、もともと湿地帯や畑が広がる場所でした。ブラタモリは、まず首里城とあるルートで結ばれていた古い那覇を探ります。そして、内陸で再出発した、現在の那覇の成り立ちを追いかけます。

記事はこちらから

熊本城 ブラタモリ#34 35

熊本城は鉄壁の守りが特徴。加藤清正は臆病だったのでしょうか? ブラタモリは、同様で知られる「せんば山」の正体を探ります。それは、熊本城を守るためのものだった? そして、熊本城の南にAso-4なるものを訪ねます。

記事はこちらから

【2016年】京都・嵐山 ブラタモリ#36

平安時代の嵐山の中心は、いまの嵐山公園(亀山地区)の場所でした。ブラタモリは、室町時代の自然観が分かる天龍寺と断層崖(がい)を訪ねます。さらに、保津峡駅の北側で興味深い岩石を発見!

記事はこちらから

京都・伏見 ブラタモリ#37

伏見は日本の首都だった? ブラタモリは、伏見城を訪ねますが、本丸は遊園地の建物で、場所もずれているようです。町なかに、城下町の痕跡を探ります。ブラブラ歩いていると、秀吉絶賛の練りようかんを発見!

記事はこちらから

横浜 ブラタモリ#38

かつての横浜は、小さな漁村に過ぎなかった? ブラタモリは、横浜の原点を探るために、もとの横浜である「神奈川」の町を訪ねます。

記事はこちらから

志摩 ブラタモリ#39

リアス式海岸の美しい地形で知られる志摩。ブラタモリは、その成り立ちを探ります。タモリさんは、志摩を歩き、かつお節工場を見学。あわびと並ぶ、志摩の宝です。最後に、御木本幸吉(故人)が確立した、真珠の生産技術を学びます。

記事はこちらから

伊勢神宮 ブラタモリ#40#41

出典:伊勢市観光協会

伊勢神宮内宮は、河岸段丘だった! ブラタモリは、河岸段丘の利用法を探りながら、 建物をコピーする式年遷宮の仕組みを学びます。外宮へ向かったタモリさんは、 611軒あった御師宅のうちただ1軒残る御師宅を訪ねます。

記事はこちらから

横須賀 ブラタモリ#42【現地取材済】

ペリーはなぜ浦賀(横須賀)にやってきたのでしょうか? ブラタモリは、横須賀の地形から謎を解きます。普段は公開しない、横須賀本港のドライドックや空母、ロナルド・レーガン号にも立ち入ります。

記事はこちらから

新潟 ブラタモリ#45【現地取材済】

新潟市の中心と言えば新潟駅? 実は古町が中心。しかし、かつての中心は古町ではなく意外な場所にありました。ブラタモリは、古町をベースに、新潟の発展の歴史を探索します。

記事はこちらから

佐渡 ブラタモリ#46

佐渡と言えば金山。山が2つに割れた道遊の割戸(どうゆうのわりと)が、佐渡金山の原点です。江戸時代には、地下650mまで堀り進められましたが、どのような背景があったのでしょうか? ブラタモリは金山の歴史の全てを明かします。

記事はこちらから

高尾山 ブラタモリ#47【現地取材済】

都民の行楽地としておなじみの高尾山。ブラタモリは一歩踏み込み、左右で森の明るさが違うポイントを探し当てます。世界遺産にも劣らない、高尾山の豊かな自然は、聖武天皇、北条氏、そして徳川家に関係がある? 幻の京王御陵線も探索。

記事はこちらから

広島 ブラタモリ#48

原爆ドーム近くのしらかみしゃ(白神社)は海のムード? ブラタモリは、広島の原点を探ります。タモリさんは、広島で巨大プロジェクトの痕跡を発見。「江戸堤」と命名します。広島の発展の歴史が分かります。

記事はこちらから

宮島 ブラタモリ#49

宮島が信仰の対象になったのは、ある形から。ブラタモリは厳島神社を訪ね、厳島神社を海水から守る、根継、非常石、そしていかだに似た工夫を見学します。さらに足を延ばし、紅葉谷川の景観を守った特別な砂防工事や、宮島のすべてを作った、花崗岩特有の節理の秘密に迫ります。

記事はこちらから

富士の樹海 ブラタモリ#50#51

ブラタモリは富士の樹海へ。針葉樹林の青木ヶ原樹海のなか、広葉樹林を見つけますが、そこに樹海の地形の成り立ちが隠されていました。さらに、貞観の噴火がのこした富士風穴へ。昭和天皇が訪ねるほど貴重だった理由は?

記事はこちらから

富士吉田(富士山麓) ブラタモリ#52

  • 忍野八海はかつてどんな目的で利用されていた?
  • 鳥居のある富士みちに今も残る御師宅。
  • 雪代を利用した富士吉田の古い町。
  • 富士吉田の用水も、雪代を利用していた?
記事はこちらから

大阪 ブラタモリ#53

大阪はなぜ日本一の商都に?

  • かつての大阪は半島部で、周囲を海に囲まれていた?
  • 織田信長は、なぜ大阪を日本一の場所と考えた?
  • 大阪の町の境界線は、なぜ道路と無関係な場所にあるのか。
  • きれいな街路の大阪と雑然とした街路の大阪。公(おおやけ)と町人に関係があった?
記事はこちらから

大阪城・真田丸 ブラタモリ#54

大阪城はなぜ難攻不落

  • 豊臣秀吉が作った大阪城は、地下にすっぽり埋められていた?
  • 大阪城の北側。豊臣方の防衛の成功の秘密は、自然堤防にあった。
  • 大阪城の南側の守りのわずかな痕跡は?
  • 真田丸は、大阪明星学園の北側か?
記事はこちらから

知床 ブラタモリ#55

世界遺産・知床は“火山”のおかげ!?

  • 知床観光の起点ウトロ温泉には、ゴジラ岩?
  • 船から見る知床半島。柱状節理から分かる、知床半島の成り立ちは?
  • 流氷がもたらす食物連鎖とは。
  • 知床半島、国後島、択捉島は、太平洋プレートが作ったしわだった?
記事はこちらから

目黒 ブラタモリ#57【現地取材済】

目黒は江戸のリゾート!?

  • 目黒は江戸のリゾートだった。その中心はどこ?
  • 徳川家康が、不動明王のコピーを作った理由は?
  • 江戸時代の人気スポットだった行人坂。
  • 目黒雅叙園の百段階団は、細川越中守の屋敷跡の料亭の名残り。
記事はこちらから

【2017年】のブラタモリ

浦安 ブラタモリ#58【現地取材済】

なぜ浦安は“夢と魔法の町”になった?

  • 浦安の繁栄を決定づけた、境川の役割とは?
  • 海の神である大綿積神をまつる清瀧神社や旧大塚家住宅は、かつての浦安の中心。
  • 浦安魚市場の焼きアサリ、焼きハマグリ。
  • 漁業を放棄し、沖の百万坪を埋め立て。住民の決断とは。
記事はこちらから

さぬきうどん ブラタモリ#59

なぜ“さぬきうどん”は名物になった?

  • 香川には讃岐うどん店が700店!
  • 小麦づくりを生んだ、香川の水不足の理由とは?
  • 宇多津駅周辺に見られる石垣は、さぬきうどんと深いかかわり。
  • さぬきうどん発祥の地は滝宮天満宮?
記事はこちらから

こんぴらさん ブラタモリ#60

人はなぜ“こんぴらさん”を目指す?

こんぴらさん 本宮
  • 金毘羅(こんぴら)さん信仰を広げたのは、飴だった?
  • 金刀比羅宮(ことひらぐう)の宝物、流し樽とは。
  • こんぴらさんが建つ象頭山(ぞうずさん)は、アメリカ合衆国に良くある地形?
  • ことでん(琴電)、JR以外に第3の参詣鉄道が存在した。
記事はこちらから

別府温泉 ブラタモリ#62 63

別府はなぜ 日本一の温泉に?

  • 別府温泉の南北には断層が。別府は火山性の〇〇地だった?
  • 別府温泉(狭義)を訪ねてわかった、別府の湯の複雑な成り立ち。
  • 塚原温泉にある、別府温泉のおおもとの噴火口。
  • 旧別府港の開港が一大温泉都市の原点だった?
記事はこちらから

神戸 ブラタモリ#64 65

神戸はなぜ1300年も良港なのか?/神戸はなぜ“ハイカラ”なのか?

  • 神戸港が深く穏やかな港になった理由とは。
  • 神戸港の前身、大輪田の泊、兵庫津(ひょうごのつ)の痕跡はどこに?
  • 急峻な六甲山地が神戸の発展をもたらした。
  • ハイカラな神戸を生んだ雑居地。なぜ雑居地が認められたのか?
記事はこちらから

奄美大島 ブラタモリ#66 67 68

自然をいかした 奄美の“宝”とは!?/なぜ奄美は 生き物の楽園!?

  • 大島紬の製法は?
  • 黒糖地獄から奄美を救ったソテツ。
  • 奄美に豊富な固形種が残っているのはなぜ?
  • マングローブの不思議な生き物たち。
記事はこちらから

京都・清水寺 ブラタモリ#69

人はなぜ清水を目指す?

  • 清水の舞台 西暦1100年頃の藤原成通のエピソードとは?
  • 清水の舞台は、崖の交差点ってどういうこと?
  • 尾根を結ぶ場所にある産寧坂(三年坂)。
  • 清水寺はあの世への入り口だった?
記事はこちらから

京都・祇園 ブラタモリ#70

日本一の花街・祇園はどうできた?

  • お茶屋だけではない。祇園は分業によって成り立っていた?
  • 今の祇園は、もともとは、建仁寺の敷地内だった?
  • 大正時代、八坂神社の西楼門が移動した理由とは。
  • 江戸時代、鴨川の上に祇園が引っ越した?
記事はこちらから

箱根 ブラタモリ#71・72

箱根の地獄が 極楽を生んだ!?/鉄壁!箱根の関所は なぜ破れない!?

  • 箱根の地形、複合カルデラの成り立ちとは?
  • 箱根七湯のうち四つを抱える伝統の宮ノ下温泉。
  • 芦ノ湖を生んだ、箱根の最高峰とは?
  • 箱根関所はなぜ鉄壁なのか。
記事はこちらから

尾道 ブラタモリ#73

なぜ人は尾道に魅せられるのか?

  • 千光寺から見る尾道の3つの魅力。
  • 千光寺の至る所にある巨大な岩が尾道の始まりだった?
  • 浄土寺が飼っていた伝書鳩は誰のために?
  • 尾道水道の景色が生まれた背景。
記事はこちらから

倉敷 ブラタモリ#74

なぜ美しい町並みが倉敷に?

  • 倉敷の中心、美観地区。なぜ空襲を免れたのか?
  • 海だった倉敷を干拓し新田開発を進めたのは、商人だった?
  • 倉敷に紡績工場が多いのはなぜ。
  • 大原美術館の城郭のようなデザインに見られる、倉敷の思想とは?
記事はこちらから

名古屋 ブラタモリ#75 76 90【現地取材済】

名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?/尾張名古屋は徳川家康でもつ

  • 堀川の河口にみる工業都市名古屋の原点。
  • 堀を走っていた電車と陶磁器(瀬戸物)の関係は?
  • 名古屋城の搦手馬出と石垣に見る、徳川の狙いとは?
  • 東海道は海を渡っていた? 七里の渡しとは。
記事はこちらから

大宮 ブラタモリ#77【現地取材済】

なぜ大宮は 鉄道の町になったのか?

  • 武士のための宿場町だった大宮。それが裏目に出たのはなぜ?
  • 大宮公園に料亭があったのはなぜか。
  • 高崎線、東北線の分岐点が大宮になった理由。
  • 大宮鉄道工場を引き継ぐ、大宮総合車両センターとは?
記事はこちらから

秩父 ブラタモリ#79【現地取材済】

秩父はず~っと日本を盛り上げた!?

  • 秩父の象徴。武甲山と歩んできた秩父の歴史。
  • 橋立堂に見られる2つの地層の重なりとは。
  • 龍石寺。秩父の札所と関係のある、不思議な盛り上がりの正体は?
  • 伝統の織物、秩父銘仙が発達した地形上の理由とは?
記事はこちらから

長瀞 ブラタモリ#80

なぜ長瀞は人をひきつけるのか

  • 長瀞の岩畳を作った節理と片理とは?
  • なぜ長瀞の赤壁は、ずっと真っすぐなの?
  • タモリさんも立ち寄った長瀞のかき氷店とは。
  • 伝統の織物、秩父銘仙が発達した地形上の理由とは?
記事はこちらから

高野山 ブラタモリ#82 83 84

高野山は空海テーマパーク!?/高野山は なぜ“山上の仏教都市”に?

  • 高野山への正式な参道は船から?
  • 高野山の六角経堂の持ち手は何に使うのか。
  • ブラタモリ高野山が言及した10のお墓とは。
  • 高野山の食料と後継者集めの方法は?
記事はこちらから

高知 ブラタモリ#85

高知の町は なぜ龍馬を生んだ?

  • 堀の痕跡に見る徹底された身分制度。
  • はりまや橋を有名にしたよさこい節。
  • 海岸に見られる様々な岩石が、高知を発展させた?
  • 坂本龍馬が、暗殺の1か月半ほど前に訪れた場所とは。
記事はこちらから

黒部ダム ブラタモリ#86 87

黒部ダムは なぜ秘境につくられた?

  • 黒部ダムの難工事。その苦労とは?
  • 黒部ダムの建設に選ばれた理由は花崗岩だった?
  • なぜ北アルプスには2つの山脈ができたのか。
  • アーチ型と重力型を併用した黒部ダムの設計とは。
記事はこちらから

立山 ブラタモリ#88

北アルプス・立山は なぜ神秘的?

  • 日本一高い場所にあるみくりが池温泉とは?
  • 室堂平には、氷河が流れていた?
  • 広大な弥陀ヶ原は、どのようにできたのか。
  • 称名滝(しょうみょうだき)の成り立ちとは?
記事はこちらから

洞爺湖 ブラタモリ#89

なぜ “世界の洞爺湖”になった?

  • なぜ洞爺湖のなかに、中島が存在するの?
  • 洞爺湖温泉は、1910年生まれの新しい温泉?
  • 昭和新山の不思議な形の訳。
  • 有珠山噴火の教訓を伝える工夫とは。
記事はこちらから

室蘭 ブラタモリ#91

工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?

  • 室蘭の夜景。タモリさんおすすめのコースは?
  • 絵鞆半島(えともはんとう)に見られる3つの地層とは。
  • 室蘭のイタンキ浜で発見される砂鉄。どういうこと?
  • タモリさんが訪ねた「やきとり」屋さん。
記事はこちらから

岐阜 ブラタモリ#92

岐阜は 信長が夢見た“平和の都”!?

  • 岐阜の命名者は、織田信長だった?
  • 急峻な岐阜城は難攻不落?
  • 岐阜城にチャート(放散虫などの殻や骨のかけらが海底に堆積)が見られる理由。
  • 川原町はかつては川中島。どんな役割を果たしていた?
記事はこちらから

彦根 ブラタモリ#93

なぜ 家康は“彦根がイイ”と思った?

  • なぜ彦根の守りは鉄壁なのか。西に琵琶湖、東に?
  • 彦根城の北側に、かつて広がっていたもの。
  • 彦根城を守った南側の人々とは?
  • 彦根で仏壇が名産品である理由。
記事はこちらから

吉祥寺 ブラタモリ#94【現地取材済】

なぜ 人は吉祥寺に住みたがるのか?

  • 井の頭公園には、なぜ豊富な水が沸いたのか?
  • 玉川上水は、なぜ高い場所を通っているのか。
  • 吉祥寺駅北側の道はなぜ斜め?
  • 吉祥寺の北にある、長い長い家の理由とは。
記事はこちらから

【2018年】のブラタモリ

宝塚 ブラタモリ#95

ナゼ宝塚は“娯楽の殿堂”になった?

  • 宝塚大劇場のある場所は、人が住めない場所だった?
  • 宝塚の東にある高台の集落・小浜とは。
  • 明治17年、宝塚温泉の発見がもたらした変化とは?
  • はなの道に松が目立つ理由とは。
記事はこちらから

田園調布 ブラタモリ#96【現地取材済】

田園調布は どう超高級住宅街になった?

  • 田園調布をクモの巣状にした、東急の狙いとは?
  • 田園調布は、サラリーマン向けの町だった?
  • 台地のきわにあるそば屋の屋号が兵隊家である理由。
  • 懐かしの多摩川園。
記事はこちらから

有馬温泉 ブラタモリ#97

有馬温泉♨人気は なぜ冷めない?

  • 有馬温泉のお湯はなぜ赤いの?
  • 火山がないのにお湯が沸く、有馬温泉の秘密。
  • 秀吉が作った湯殿は、どんな点が画期的?
  • タモリさんが訪ねた、炭酸せんべいのお店とは。
記事はこちらから

鹿児島 ブラタモリ#98 99

なぜ鹿児島は 明治維新の主役となれた

  • 貧弱な堀と石垣が守る鶴丸城(鹿児島城)。なぜ?
  • 鹿児島のシラスは、桜島から来たのではなかった!
  • シラス、たんたど石、小野石。それぞれの違いとは。
  • 関吉の疎水溝は、溶結凝灰岩をうまく利用していた?
記事はこちらから

宮崎 ブラタモリ#100

なぜ 宮崎は“南国リゾート”になった?

宮崎は、昭和40年代後半、新婚旅行のメッカとなり、全国の新婚の約4割が来訪した時期もあります。なぜ、より南にある沖縄や鹿児島を差し置いて、宮崎が南国リゾートとして人気を集めたのでしょうか?

記事はこちらから
 

京都銀閣寺・東山 ブラタモリ#101 102

美しきニッポンの始まりは、東山の奥にあり

銀沙灘(ぎんしゃだん)、向月台、同仁斎、千代の槇(まき)など、銀閣の要所を1つ1つ検討して行きます。

記事はこちらから

京都宇治 ブラタモリ#103

なぜ宇治は茶どころになったのか?

京都市の南15キロに位置する宇治市は、鎌倉時代以来、日本三大茶と呼ばれています。当初は、京都の栂尾が中心でしたが、南北朝時代末期に、宇治のお茶が大きく発展しました。なぜ、宇治のお茶づくりが発展したのでしょう。

記事はこちらから

伊豆(天城越え) ブラタモリ#104 105【現地取材済み】

どうして越えたい天城越え。

天城越えは、中伊豆を南北に越える険しいルート。なぜ人は、苦労して天城峠をめざしたのでしょうか?

記事はこちらから

萩 ブラタモリ#106

萩はなぜ世界遺産になったのか?

萩は、関ヶ原の戦いで敗れ、広島城を追われた毛利輝元がひらいた城下町。幕末の英雄や総理大臣を多く輩出しています。江戸時代の美しい町並みが保存され、年間240万人もの観光客が訪問。平成27年には、世界文化遺産に認定されましたが、どのような理由だったのでしょうか?

記事はこちらから
 

伊豆・下田  ブラタモリ#107【現地取材済み】

開国後、ペリーが滞在を許された伊豆・下田。下田には江戸時代には、ペリーが驚くほど最先端の町でした。ブラタモリは、なまこ壁や伊豆石にその名残を見てゆきます。なぜ、江戸から遠い下田が、江戸時代に独自の発展を遂げたのでしょうか?

なぜ下田は開国の地になったのか

【ブラタモリ伊豆・下田編】下田の歴史・地形・観光ルートまとめ #107

関門海峡  ブラタモリ#108

関門海峡は、本州と九州の間にある海峡です。津軽海峡や瀬戸内海に比べ、早い段階で橋やトンネルが開通したのは、幅が狭いところで700mに過ぎないことが背景した。その反面、海流が急で、航行には特別な工夫が必要。ブラタモリは、関門海峡の工夫を見てゆきます。

関門海峡は、なぜ「関門」?

【ブラタモリ関門海峡編】下関・門司の歴史・地形・観光ルートまとめ #108

那須  ブラタモリ#110

那須一帯は、もともとは石が広がる荒れ地でした。現在は、さまざまな観光スポットのほか、御用邸もあります。どのように那須は、一大リゾートになったのでしょうか? ブラタモリは、那須の発展の歴史を探ってゆきます。

【ブラタモリ那須編】那須の歴史・地形・観光ルートまとめ #110

鳥取砂丘  ブラタモリ#111

鳥取砂丘が人を引きつける魅力とは?

鳥取砂丘は、数ある砂丘の中で最大規模という訳ではありません。なぜ鳥取砂丘は、人をひきつける日本一有名な砂丘になったのでしょうか?

【ブラタモリ鳥取砂丘編】鳥取砂丘の歴史・地形・観光ルートまとめ #111

宇都宮  ブラタモリ#112【現地取材済み】

宇都宮は、江戸にとって欠かせない重要な町だった?

東京から新幹線で1時間弱の宇都宮は、名物の餃子もあり、多くの観光客が訪ねます。ブラタモリは宇都宮駅西口からスタートします。宇都宮は、江戸にとって欠かせない重要な町だったというのはどういうことでしょうか?

【ブラタモリ宇都宮編】宇都宮の歴史・地形・観光ルートまとめ #112

箱根  ブラタモリ#114  71  72

ブラタモリ箱根編は合計3回の放送。箱根の温泉編(#114)、箱根編(#71)、箱根関所編(#72)の順に、紹介地をまとめました。

【ブラタモリ箱根】箱根の温泉・箱根・箱根関所の歴史・地形・観光ルートまとめ #114 71 72

湘南  ブラタモリ#115

湘南人気のヒミツは“いとしのヘリ”にあり♪

湘南といえば、江ノ島など、あの一帯のイメージですが、そもそも湘南とはどのエリアを指すのでしょうか? 聞き取り調査の後、ブラタモリは、江戸時代に湘南と呼ばれていた場所を目指します。

【ブラタモリ湘南編】湘南の歴史・地形・観光ルートまとめ #115

有田  ブラタモリ#116  117

なぜ世界の有田焼きになった?

佐賀県の有田町は、陶器市に100万人以上が訪ねる焼き物の町です。日本の磁器が生まれた地であり、江戸時代には、はるかヨーロッパでもブームとなりました。なぜ有田に、このような優れた磁器が生まれたのでしょうか?

【ブラタモリ有田焼編】有田の歴史・地形・観光ルートまとめ #116 117

富良野  ブラタモリ#118

富良野・美瑛の合言葉 残りモノには福がある

ブラタモリ富良野・美瑛編のテーマは、残りモノには福がある、です。 パッチワーク状の景観で知られる美しい丘が、開拓の残りモノだったとは、どういうことでしょうか?

【ブラタモリ富良野・美瑛編】歴史・地形・観光ルートまとめ #118

東尋坊(福井) ブラタモリ #120

東尋坊・恐竜。福井名物はなぜ生まれた?

東尋坊の絶景はなぜ生まれたのか? 特有の柱のような地層をてがかりに、ブラタモリが突き止めます。さらに見逃しがちな三国港突堤の構造の秘密や、福井になぜ恐竜の化石が大量に出土するのかを、地形の観点から解き明かします!

【ブラタモリ東尋坊(福井)編】全ルートを写真で紹介!~地形・再放送・穴場観光地~ #120

豊洲 ブラタモリ #121

【ブラタモリ豊洲(市場)編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #121

太宰府天満宮 ブラタモリ #新春sp

【ブラタモリ太宰府天満宮編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #新春sp

ローマ ブラタモリ #122

【ブラタモリローマ編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #122

パリ ブラタモリ #126

【ブラタモリ・パリ編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #126

ちばらき ブラタモリ #135

【ブラタモリ・ちばらき編】全ルートを写真で紹介!~再放送と地形・穴場観光地~ #135

ブラタモリは、最近の回なら視聴可能!

最近の回なら、無料でスマホから見ることができます。

【ブラタモリ見逃した?】再放送予定と時間帯、無料配信もあります

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

-ブラタモリ全放送回まとめ

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.