【ブラタモリ伊豆大島編】全内容・ルートを写真でまとめと要約!|再放送 #164 - トラベルジャーナ

【ブラタモリ伊豆大島編】全内容・ルートを写真でまとめと要約!|再放送 #164


トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

NHK番組のブラタモリ伊豆大島編で、タモリさんが伊豆大島の地形・歴史・穴場を紹介します。この記事では、ブラタモリ伊豆大島編の全内容・ルートを写真でまとめて紹介します!

再放送 ブラタモリの再放送について

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


ブラタモリ便利帳

(最新放送予定)ブラタモリ熱海編のまとめ (再放送について

まとめ  ブラタモリ全放送回のまとめ (都道府県別)
最新  ブラタモリ(Facebook) をいいねすると、最新記事を自動入手。
書籍版  書籍版ブラタモリ(Amazon)
Twitter ブラタモリ(Twitter)では、独自の取材情報もシェア。

ブラタモリ
東京でブラタモリ内容
現地取材 白金(#137)江戸時代には、茶畑と別が広がるのどかな場所でした。高級住宅地の4条件が揃ったのはなぜ?
現地取材 豊洲(#121)防波堤の痕跡から豊洲は海沿いの場所。戦後、日本が開発できる貴重な場所となりました。
現地取材 田園調布(#96)畑が広がる田園調布はどのように高級住宅街に? 放射線状の道には意外な目的地がありました。
現地取材 吉祥寺(#94)駅前に斜めの道はなぜ? ブラタモリは、井の頭公園の水の流れを確かめつつ過去を探ります。
現地取材 目黒(#57)目黒は江戸のリゾートだった? ブラタモリは目黒飴などをヒントに、歴史や地形を探ります。
現地取材 高尾山(#47)高尾山は、左右で森の明るさが違うようです? これがブラタモリ高尾山編の最大の謎です。
現地取材 東京駅(#SP)東京駅前に江戸城の石垣が? タモリさんは来訪記念にタイルを張って帰りました。
東京駅周辺(丸の内・皇居・桜田門)(#SP)今は丸の内に本社を構えるのがステータスですが、江戸期は大名屋敷がステータスでした。

ブラタモリ 久々の撮りおろし

新型コロナでロケを中止していたブラタモリでは、アンコールスペシャルを放送していました。今回は、先週に続き、久々の撮りおろし。
ただし、葉山と伊豆大島の回は、新型コロナ前に収録済み。首都圏に近く、観光客が押し寄せる危惧から、お蔵入りしていました。

アンコと椿|ブラタモリ伊豆大島

東海汽船より

ブラタモリは、伊豆大島を訪ねます。伊豆大島は、伊豆諸島で最大の火山島。東京都に属し、東京からジェットフェリーで1時間45分でつきます。伊豆・伊東からなら、わずか45分です。玄関口は、天候によって、西部の元町もとまち港、北部の岡田おかた港となります。

関連 伊豆1泊2日旅行 穴場・温泉・絶景ベスト22|車なしでもOK、コロナ後対応のモデルコース!

ブラタモリは、伊豆大島の南にある波浮港はぶみなとからスタート。

タモリさんは、波浮港見晴台(地図)でアンコ椿は恋の花の石碑を見つけ、歌詞を確認します。

伊豆大島と言えば、都はるみの歌と映画「アンコ椿は恋の花」にあるように、アンコと椿が有名です。

ブラタモリ
ブラタモリ

アンコとは、いったい何のことでしょうか?

東海汽船より

アンコとは、目上の女性に対する敬称で、お姉さんが訛ったものとされています(姉っこ、姉こ、……、あんこ)。特徴は、絣の着物に前垂れ、頭に手ぬぐいです。特別な衣装ではなく、普段着や作業着として、使われていました。現在では、この衣装を着た女性の通称として、使用されています。

伊豆大島の2大名物である、アンコと椿は、島の人の暮らしをどう支えているのでしょうか?

映画「アンコ椿は恋の花」の冒頭

  • 1人の工員が、旅先の伊豆大島で、バスガイドの島娘・明子を紹介され、互いに好意を持った。しかし、明子には旅館の息子との縁談がもちあがっていた。
  • 東京に帰った工員・修一は、旋盤の技術で技能オリンピックに出場するため、特別な訓練を受ける。訓練の邪魔になると、明子の手紙は、届かなかった。
  • 伊豆大島では、島娘・明子は、妹のはるみに歌の勉強をさせるため上京し、汽船会社に勤め始めた。はるみは、無事にオーディションに合格し、歌手となった。
  • 旅館の息子と、工員・修一との愛情の板ばさみに悩む明子は、「貴方が旋盤から離れ難いように、私も故郷を捨てることが出来ない」と修一に伝えた。

波浮港の街並み|ブラタモリ伊豆大島

ブラタモリは、伊豆大島の南端にあたる、波浮港(地図)周辺の街並みを見学します。古い旅館などがある、風情ある街並みです。

波浮港は、丸い形に特徴があります。もとは、火口だったのです。伊豆大島には、火口が多くあります。波浮港は、風待ちの港として、賑わっていました。

ブラタモリ
ブラタモリ

波浮港が賑わった理由は、他にもあります。どのような理由でしょうか?

波浮港は、近くの海底火山の作用で海底が浅く、魚が多く獲れました。波浮港では、恋や別れも生まれ、恋の歌を生んだとも言えます。

元町 謎のハマンカーの正体とは?|ブラタモリ 伊豆大島

ブラタモリ
ブラタモリ

川のない伊豆大島では、水はどのように確保していたのでしょうか?

日本山岳会

ブラタモリは、伊豆大島の玄関口の1つ、元町を訪ねます。地面にある、黒いコンクリートのブロックのようなものの正体は、何なのでしょうか? (地図
同種のもう少しわかりやすいものも発見しました。これらは、井戸の跡だったのです。

ハマンカーとは、浜の川という意味で、井戸を表していたのです。

ブラタモリ
ブラタモリ

伊豆大島は、火山性のスコリアから成っており、水が染み込んでしまい、川ができなかったのです。

スコリアには、雨水と海水が染み込みますが、比重の関係から、雨水と海水は混ざりません。井戸からは、雨水だけが湧く仕組みでした。

しかし、雨水を取りすぎると海水が侵入し、飲み水には不向きとなります。飲み水は、どのように確保していたのでしょうか?

飲み水の確保

ブラタモリは、山の中に入ります。そこには、真水が溜まった場所がありました。凝灰角礫岩が見られます。凝灰角礫岩の層は、水を通しにくいため、そこに水が溜まっていたのです。

用語 凝灰角礫岩 … 火山砕屑岩さいせつがんの一種で、火山砕屑物と呼ばれる、火山灰や岩片などから形成された岩。

アンコさんは、頭におけを乗せて、山の奥まで、水を汲みに訪れていたのです。大変な重労働でした。

伊豆大島では、大島温泉ホテル(楽天)が特に人気を集めています。

タモリさん、97歳・元アンコさんを訪ねる

タモリさんは、97歳のアンコさんを訪ねます。おけに8分目の水を入れ、椿の花を入れると、水面が安定し、水がこぼれなかったと言います。頭に載せていたのは、狭い山道でも歩きやすかったからだと言われています。

おけは、真水を運ぶのに使われましたが、ときに塩の代わりとなる、塩水も運ばれました。塩水が発酵し、くさやができる、くさや液が生まれました。

アンコさんは、頭の上に板を敷き、大人の男性を1人か2人乗せることもでき、大島観光のブームのさいには、人気の出し物となりました。


精油工場で椿油のお役立ちを見学

東海汽船より

ブラタモリは、伊豆大島の中心・元町に戻り、高田精油所を訪ねました。(地図

東海汽船より
椿油づくり
  • 1
    椿の実を集める
    なじみのお客さんから拾い集めた椿の実の提供を受けます
  • 2
    乾燥、選別
  • 3
    粉砕
    粉砕機を使用します
  • 4
    蒸す
    水分を増やすために蒸します
  • 5
    油を搾る
    圧搾機(上の写真)を使用します

椿油は、整髪料などに使われます。椿油はサポニンを含み、大島では、椿の実の絞りかすから出た椿油を、シャンプーとして使われていました。

椿油は甘さがあり、(高価なため滅多に使われませんが)実は揚げ物にもふさわしいものです。

ブラタモリが紹介した高田製油所の椿油は、Amazonで購入できます。


なぜ大島には椿がたくさん?

ブラタモリ
ブラタモリ

なぜ伊豆大島には、椿がたくさん育てられているのでしょうか?

ブラタモリは、伊豆大島の北の港である岡田おかたを訪ねます。風速10m超えが、年間100日以上ある伊豆大島では、防風林として、椿が植えられたのです。なぜ、椿が選ばれたのでしょうか?

椿は葉は厚く、塩や火山灰に強く、伊豆大島に適していました。もともと、火山灰の土に、椿が合っていることも、椿が自生していた理由です。自生していた椿に、人の手が加わることで、伊豆大島には、現在300万本もの椿があります。

『大島風俗』という古い絵図にも、アンコさんや椿が出てきます。アンコと椿は、島の厳しい環境が生んだ、伊豆大島独自のものだったのです。

亡くなった母が搾りたて椿油であげた天ぷらは絶品だと言っていました。気仙沼(宮城県)の母の家の近くには種を突いて絞ってくれる家があったそうです。100年前の絞り器や絵図に描かれた油絞りの様子を見、母の子供時代を想像することができました。

関連 伊豆1泊2日旅行 穴場・温泉・絶景ベスト22|車なしでもOK、コロナ後対応のモデルコース!

ブラタモリ便利帳

(最新放送予定)ブラタモリ熱海編のまとめ (再放送について

まとめ  ブラタモリ全放送回のまとめ (都道府県別)
最新  ブラタモリ(Facebook) をいいねすると、最新記事を自動入手。
書籍版  書籍版ブラタモリ(Amazon)
Twitter ブラタモリ(Twitter)では、独自の取材情報もシェア。

ブラタモリ
東京でブラタモリ内容
現地取材 白金(#137)江戸時代には、茶畑と別が広がるのどかな場所でした。高級住宅地の4条件が揃ったのはなぜ?
現地取材 豊洲(#121)防波堤の痕跡から豊洲は海沿いの場所。戦後、日本が開発できる貴重な場所となりました。
現地取材 田園調布(#96)畑が広がる田園調布はどのように高級住宅街に? 放射線状の道には意外な目的地がありました。
現地取材 吉祥寺(#94)駅前に斜めの道はなぜ? ブラタモリは、井の頭公園の水の流れを確かめつつ過去を探ります。
現地取材 目黒(#57)目黒は江戸のリゾートだった? ブラタモリは目黒飴などをヒントに、歴史や地形を探ります。
現地取材 高尾山(#47)高尾山は、左右で森の明るさが違うようです? これがブラタモリ高尾山編の最大の謎です。
現地取材 東京駅(#SP)東京駅前に江戸城の石垣が? タモリさんは来訪記念にタイルを張って帰りました。
東京駅周辺(丸の内・皇居・桜田門)(#SP)今は丸の内に本社を構えるのがステータスですが、江戸期は大名屋敷がステータスでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました