【ブラタモリ鳥取砂丘編】鳥取砂丘の歴史・地形・散歩ルートまとめ #111


トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

NHK番組のブラタモリ鳥取砂丘編で、鳥取砂丘の歴史・地形を踏まえた観光ルートが紹介されました。この記事では、ブラタモリ鳥取砂丘編のルートを、アクセスなどの情報とともに紹介します。

内容はもくじから

ライターに外注するメディアとは異なり、旅行年50泊の専門家 (証明写真)が、すべての記事を担当しています。


ブラタモリ便利帳

(最新放送予定)ブラタモリ熱海編のまとめ (再放送について

まとめ  ブラタモリ全放送回のまとめ (都道府県別)
最新  ブラタモリ(Facebook) をいいねすると、最新記事を自動入手。
書籍版  書籍版ブラタモリ(Amazon)
Twitter ブラタモリ(Twitter)では、独自の取材情報もシェア。

鳥取砂丘とは|ブラタモリ鳥取砂丘

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

東西2キロ、南北1.5キロに渡って続く鳥取砂丘は、その日本離れした雄大な風景が魅力です。日本の砂丘の代表格とされ、毎年200万人もの観光客が訪ねてきます。

主なものだけで日本30か所もある砂丘のなかで、鳥取砂丘は、最大規模という訳ではありません。青森県の猿ヶ森砂丘は、東西に1~2km、南北の長さは実に約17kmもあります。

なぜ鳥取砂丘は、人をひきつける日本一有名な砂丘になったのでしょうか?

タモリさん鳥取砂丘へ|ブラタモリ鳥取砂丘

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

ブラタモリは、鳥取砂丘の入口に到着します。階段を上がると、すぐに鳥取砂丘です。鳥取砂丘の名物はラクダ!

  • アクセス:鳥取駅から鳥取砂丘(砂丘会館)までバスで約20分。

タモリさんは、ラクダと一緒に記念撮影をします。番組で紹介されたのは、白い体毛が特徴のラクダのリサちゃんです。

ブラタモリは、高低差40メートル(海からの高さは45m)の馬の背を目指します。

馬の背は、鳥取砂丘を代表するスポットです。左手に池(通称:オアシス)を見ながら、山頂を目指します。池へ落ちる斜面の角度を問われたタモリさんは、30度と即答! 砂が安定する、安息角という用語での説明も完璧でした。

  • 安息角:土砂などが滑り出さない最大の角度

馬の背の頂上からは、360度の絶景を眺めることができます!

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

ブラタモリは、馬の背の山頂の少し先(南西)で、風紋を観察しました。日本海からの強風が、鳥取砂丘の美しさに関係しています。

馬の背の頂上からラクダに乗った場所を眺めると、ラクダの場所にも高まりがあります。鳥取砂丘は、2つの高まりが、すぐそばに並んでいるのが特徴です。その景観が、多くの人々を引きつけています。

  • 馬の背 … 第2砂丘列
  • ラクダの場所 … 第3砂丘列

鳥取砂丘の成り立ち|ブラタモリ鳥取砂丘

鳥取県生活環境部 砂丘事務所より

ブラタモリは、馬の背(第2砂丘列)から、ラクダに乗った第3砂丘列に戻ります。

参考 第1砂丘列は砂丘の北西にある、短い目の砂丘列です。

ブラタモリ
ブラタモリ

タモリさんが、ラクダの高まり(第3砂丘列)を観察すると、硬い赤い土が発見されます。これはどんな地層なのでしょうか?

赤い土は、火山灰の地層です。一般に、砂丘は風で移動しますが、硬く赤い土でパックされた、ラクダの高まり(第3砂丘列)は、場所が固定された珍しい砂丘列なのです。

  • 馬の背(第2砂丘列) … 徐々に海風で内陸に移動する。
  • ラクダの高まり(第3砂丘列) … 位置を変えない。

上の組み合わせから、砂丘列が至近距離で隣り合う、貴重な光景が誕生しました。砂丘を覆う、硬く赤い土の存在が、鳥取砂丘の魅力を高め、多くの人が訪ねる場所になったのです!

赤い土の秘密(鳥取大学乾燥地研究センター)

ブラタモリは、鳥取砂丘の南西にある、鳥取大学乾燥地研究センターを訪ねます。

鳥取大学乾燥地研究センターでは、研究用に地面が掘削されており、鳥取砂丘の地中の様子が分かります。500キロ以上離れた、鹿児島(姶良あいら)などに由来する薄い地層があり、その下に、中国地方の最高峰・大山に由来する厚い地層が存在していました。

この大山の火山灰が、砂丘列をパックしていた、硬く赤い土の正体だったのです。

砂丘なのに湧き水?

乾燥したイメージの鳥取砂丘ですが、鳥取大学乾燥地研究センター敷地内などには、澄み切った清らかな水が湧き出しています(一般非公開)。実験用にわさびを栽培しています。

湧き水は、温度が一定で、冬温かく夏冷たいため、地元では生活用水全般に利用されています。

鳥取の観光砂丘はなぜ開発されなかった?|ブラタモリ鳥取砂丘

出典:鳥取県生活環境部 砂丘事務所

もとの鳥取砂丘は、現在の観光砂丘の、何倍もの面積がありました。徐々に農地や宅地として開発され、飛行場も作られました。

ブラタモリ
ブラタモリ

現在の観光砂丘は、なぜ開発の波を逃れ、残存したのでしょうか?

観光砂丘の場所は起伏があり、陸軍が演習場として所有していたのです。2009年には、鳥取砂丘内で銃弾も発見されています。演習場は、戦後、観光地として生まれ変われ、昭和30年に国立公園に指定されました。


白兎海岸と白兎神社|ブラタモリ鳥取砂丘

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

ブラタモリは、白兎海岸を訪ねます。イナバノシロウサギの神話の舞台とされています。

鳥居が立つのは、うさぎが住んでいたとされる、沖の島です(隠岐の島を指す説もあります)。

イナバノシロウサギの要約(何種類かあります)

  • 昔々、海の向こうの沖の島に白うさぎが住んでいたそうな。
  • 白うさぎは、食べ物の草がたくさん生えた、本土へ渡りたいと願っていた。
  • 白うさぎは、サメに一族の数を数えたいと言い本土まで並ばせ、その背を歩いた。
  • だまされたと知ったサメは、白うさぎの皮をはいだ。
  • 1人目の旅人は、海水で体を洗い乾かすように言うが、ひどくなってしまった。
  • 2人目の旅人の言う通り、真水とがま(植物)の穂を使うと、元通りになった。
  • 助けた旅人は、大国主(おおくにぬし)の神さまだったそうな。

関連(大国主大神):ブラタモリ紹介 出雲大社の歴史・地形・見どころ

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

ブラタモリは、白兎神社を訪ねます。

境内にはうさぎの置物があり、シロウサギが体を洗ったとされる池が残ります。

この池は、別名、不増不減の池と呼ばれます。

ブラタモリ
ブラタモリ

雨が降っても降らなくても水位が変わらない、不増不減の池には、どのような秘密があるのでしょうか?

池の底には安山岩で覆われており、流れ込んだ湧水は、地中に浸透しないのです。これが不減の理由です。一方、一部が砂丘とつながっており、水の逃げ道もあります。これが不増の理由です。

砂丘のキワに池があることが、不増不減の神秘の背景にあったのです!

ブラタモリ鳥取砂丘編は、ブラタモリ松江編ブラタモリ出雲大社編とあわせて訪問できます。

ブラタモリ便利帳

(最新放送予定)ブラタモリ熱海編のまとめ (再放送について

まとめ  ブラタモリ全放送回のまとめ (都道府県別)
最新  ブラタモリ(Facebook) をいいねすると、最新記事を自動入手。
書籍版  書籍版ブラタモリ(Amazon)
Twitter ブラタモリ(Twitter)では、独自の取材情報もシェア。

コメント

タイトルとURLをコピーしました