【ブラタモリ法隆寺】全内容・ルートを写真でまとめと要約! 浅野里香アナデビュー回 #161 - トラベルジャーナ

【ブラタモリ法隆寺】全内容・ルートを写真でまとめと要約! 浅野里香アナデビュー回 #161


とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

NHK番組のブラタモリ法隆寺編で、タモリさん推奨の法隆寺の歴史・地形を踏まえた観光ルートが紹介されました。この記事では、ブラタモリ法隆寺編の全ルートを、写真やアクセスなどの情報とともに紹介します。

再放送 … 5月19日(火)午後11:45~午前0:30(45分)


次回は「トラベルジャーナ」で検索を!|旅行取材年100日 運営者プロフィール


ブラタモリ便利帳

まとめ  ブラタモリ全放送回のまとめ (都道府県別)
最新  ブラタモリ(Facebook) をいいねすると、最新記事を自動入手。
書籍版  書籍版ブラタモリ(Amazon)
Twitter ブラタモリ(Twitter)では、独自の取材情報もシェア。

5月23日(土)のブラタモリは、富士山スペシャルです。

ブラタモリ奈良県のおさらい

奈良県でブラタモリ内容
法隆寺(#161)法隆寺 〜なぜ法隆寺は1400年愛され続けるのか?〜
奈良(#10,#11)・奈良発展の秘密は“段差”にあり?
・観光地・奈良はどう守られた?

法隆寺|ブラタモリ法隆寺

663highland – 投稿者自身による作品

浅野里香アナのデビュー回となります。自己紹介では、番組を見たことがあると、浅野アナ。

ブラタモリは、奈良県の斑鳩町にある法隆寺を訪ねます。法隆寺は、飛鳥時代に建立され1400年続く、現存する世界最古の木造建築として知られます。日本初の世界遺産。

テーマは、法隆寺はなぜ1400年愛されるのか。

法隆寺は誰が作ったお寺?

ブラタモリ
ブラタモリ

法隆寺は誰が作ったお寺なのでしょうか?

尋ねられた浅野アナは、知識がありませんでしたが、タモリさんに、〇〇と教えられます。遣隋使など外交に尽力したことで知られます。

国宝・釈迦三尊像

ウィキペディアのパブリック・ドメインによる

ブラタモリは、西院伽藍さいいんがらんを訪ねます。法隆寺の西側のエリアにあたり、金堂や五重塔があります。

  • アクセス:JR法隆寺駅から徒歩15分、バス8分(地図

ブラタモリは、国宝・釈迦三尊像を見学します。二等辺三角形の形や、アルカイックスマイル(唇の両端が少し上向きで微笑みを浮かべたような表情)で知られます。

四天王立像は、鬼を踏みつけず、乗っているのが特徴。阿弥陀浄土図は、もっとも有名な壁画です。

釈迦三尊像は、聖徳太子像?

釈迦三尊像の非公開の裏側には、釈迦三尊像が作られた由来が書かれています。「尺寸王身」とあり、お釈迦様は、聖徳太子と同じ大きさ(身長175cm)に作られていることが分かります。

ブラタモリ
ブラタモリ

釈迦の姿と聖徳太子の像を兼ねているのですが、聖徳太子が、自分で作ったとしたら不自然。なぜなのでしょうか?

[1つ前の答え]聖徳太子

法隆寺の非公開エリア|ブラタモリ法隆寺

ブラタモリは、法隆寺の非公開エリアを訪ねます。草の生えた空き地に、巨大な石があります。塔心礎と呼ばれる、柱の礎石であり、かつてここに塔があったようです。どういうことでしょうか?

この、若草伽藍は、最初の法隆寺だったのです。法隆寺は2つあったということです。

  • 最初の法隆寺 … 現在は若草伽藍として空き地
  • 現在の法隆寺 … 聖徳太子の没後、再建されたもの

新しい法隆寺に〇〇の人が聖徳太子を祀ったと考えると、釈迦の姿と聖徳太子の像を兼ねていることが納得できます。

最初の法隆寺の姿は?

礎石の位置から、2つの建物(金堂と塔?)があったのではないかと、ブラタモリは推測しました。聖徳太子が建てた最初の法隆寺の様子は、発掘された痕跡からうかがい知ることができます。火災にあったことや、仏教画として蓮の花が描かれていたことが、分かりました。

古い法隆寺はわずか63年で焼失しましたが、新しい法隆寺は、1300年残存し、世界最古木造建築となっています。


法隆寺の金堂・五重塔・廻廊

法隆寺には、世界最古の木造建築が、複数あります。その意匠は、当時の流行だったのか、法隆寺だけが特異だったのかは、分かっていません。類例となる建築や資料が、残っていないからです。

写真 中央が中門。左は金堂、右は五重塔(左右にスクロールできます)。

ブラタモリは、中門の柱を見学します。パルテノン宮殿にもある、 エンタシスと呼ばれる上に行くほど細くなる形状が特徴です。美観だけでなく、柱は下から3分の1に力がかかるため合理的な設計です。

後世の人は、埋め木で補修をしながら、法隆寺の柱を守ってきました。

663highland – 投稿者自身による作品

ブラタモリは、廻廊を見学します。屋根のはりは飛鳥時代のオリジナルと、江戸時代の修繕が混じり合っています。タモリさんが角に立ち、左右を見比べると、渡されたはりに違いがあります。

  • 左側 わずかにアーチ型に渡されている
  • 右側 まっすぐ渡されている

実は、左側が飛鳥時代のオリジナル。右側は江戸時代に修繕されたもので、江戸時代の美学が反映していると思われます。

663highland – 投稿者自身による作品

金堂の四隅には、のきを支える支柱(2階部分)や裳階もこし(1階部分の補助的な屋根)があります。支柱は、建築の弱点を補うために、追加されたものです。支柱のりゅうの装飾も、後世の美意識から付け加えられたものです。


法隆寺が守られた秘密は地形にあり?

ブラタモリは、西院伽藍の北西を訪ねます。谷筋となっており、西院伽藍へかけて、登り道となっています。

ブラタモリ
ブラタモリ

西院伽藍は、尾根を削って建てられたのです。なぜなのでしょうか?

[1つ前の答え]後世

これは、川の堆積物からなる平地よりも〇〇地盤に建て、法隆寺を守るためでした。このことも、法隆寺が1300年続いた理由の1つです。

(注)法隆寺は、西院伽藍、東院伽藍の2エリアから成ります。

ヒント 法隆寺が1300年続いた理由 … 合理的な建築(中門のエンタシスの柱など)、後世の人が独自性を多少加えつつ修繕、尾根の立地。

なぜ斑鳩に建てられた? ブラタモリは、その秘密を探りに明神山へ

ブラタモリ
ブラタモリ

法隆寺があるのは、飛鳥の都から遠く離れた、奈良県生駒郡斑鳩町です。なぜ斑鳩いかるがに建てられたのでしょうか? 

[1つ前の答え]強い

ブラタモリは、その秘密を探りに、周囲を一望できる明神山を訪ねます。東側には奈良盆地が見え、左側には大阪平野が見え、百舌鳥・古市古墳群もあります。百舌鳥・古市古墳群や、東西のルートの重要性は、ブラタモリ堺編で紹介されています。

大阪平野と奈良盆地をさえぎる、生駒山地と金剛山地の間を大和川が流れ、海から奈良盆地の飛鳥の都へ行くには、必ず斑鳩を通ります。隋からの使者も、大和川を上りました。法隆寺を〇〇の人に見せたいというのが、聖徳太子が斑鳩を選んだ理由の1つです。国際的に、飛鳥(日本)の力を認めさせるためのものでした。

ブラタモリ便利帳

まとめ  ブラタモリ全放送回のまとめ (都道府県別)
最新  ブラタモリ(Facebook) をいいねすると、最新記事を自動入手。
書籍版  書籍版ブラタモリ(Amazon)
Twitter ブラタモリ(Twitter)では、独自の取材情報もシェア。

[1つ前の答え]多く(多数)

ブラタモリ奈良県のおさらい

奈良県でブラタモリ内容
法隆寺(#161)法隆寺 〜なぜ法隆寺は1400年愛され続けるのか?〜
奈良(#10,#11)・奈良発展の秘密は“段差”にあり?
・観光地・奈良はどう守られた?

ブラタモリ京都府のおさらい

京都でブラタモリ内容
現地取材 比叡山編(#143 144)比叡山は、日本の仏教の母。最澄はどのような教えを説いていたのでしょうか?
現地取材京都御所編(#142)天皇の住まいだった京都御所が、なぜ今の場所にできたのかを探ります。消えた天井川に大きな関わりが?
京都西陣編(#139)織物の町・西陣はどうできたをテーマに、西陣織特有の織り方から応仁の乱の実際までを探ります。
現地取材宇治編(#103)日本3大茶の1つが宇治茶。宇治川、平等院鳳凰堂の湧き水などをめぐり、その秘密を探ります。
現地取材銀閣寺・東山編(#102)将軍・義政が隠居のために建てた銀閣は、引き算の美が特徴。義政のどんな思想が読み取れるのでしょうか?
現地取材京都祇園編(#70)舞妓さん・芸妓さんが歩く、日本一の花街である祇園。祇園は、意外にも分業制で成り立っていました。
現地取材清水寺(#69)清水寺は、はるか西の嵐山の辺りと同じ地層。なぜなのでしょうか? 崖の交差点に立つ清水の立地を探求。
伏見編(#37)外国人が選ぶ観光地第1位・伏見稲荷大社の千本鳥居が有名。秀吉は伏見の2つの城に4年間居住しました。
嵐山編(#36)風景写真でおなじみの渡月橋や天龍寺の紅葉は、自然と人為の力が合わさってできた絶景でした。
新春特番(おどいなど)京都の郊外にある盛り土(おどい)。応仁の乱で荒廃した京都を広げて、守る豊臣秀吉の思いが見られます。

5月23日(土)のブラタモリは、富士山スペシャルです。

トラベルジャーナ
トラベルジャーナ

次回は「トラベルジャーナ」で検索してください。当ページは、少し下の「B! はてブ」マークで、スマホにかんたんに保存できます。

2泊 夏!関東圏2泊3日旅行 コロナ後も安心の温泉・穴場・近場・絶景10選
1泊 夏!関東圏1泊2日旅行 コロナ後も安心の温泉・穴場・近場・絶景23選

関連がある記事やスポンサーリンク


サイト運営者:とらべるじゃーな!



年間に約100日、取材と仕事を兼ねた旅行に出かけ、ブログに記録しています! 東京都在住。関東甲信越+伊豆の旅行のアドバイス(無料)や旅館、飲食店様の取材依頼はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました