【ブラタモリ木更津】全内容・ルートを写真でまとめと要約!|再放送#179

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

NHK番組のブラタモリ木更津編で、タモリさんが木更津の地形・歴史・穴場を紹介しました。この記事では、ブラタモリ木更津編の全内容・ルートを写真でまとめて紹介します!

放送日は5月29日でした。ブラタモリの再放送・無料視聴は、下のボタンから。


とらべるじゃーな!へお越しいただきありがとうございます!


ブラタモリ公式サイト



千葉でブラタモリ内容
現地取材 木更津(#179)木更津は東京の“マブダチ”!?
現地取材 館山(#178)房総リゾート・館山はどうできた?
現地取材 銚子(#136)銚子が日本一の漁港になったのは、銚子漁港の存在が欠かせません。その巨額の建築費を稼ぎだした方法は?
現地取材 ちばらき(#135)現在の数倍の霞ヶ浦に、利根川の付け替え。千葉・茨城県境の人たちは、どのように水と生きてきたのでしょうか?
現地取材 浦安・TDL(#58)2つの川が合流したことが、沖の百万坪を誇る魚介のまち・浦安の原点。しかし都市化と公害が浦安を襲います。

ブラタモリ木更津

木更津駅
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、千葉県の木更津を訪ねます。木更津編のテーマは、木更津と東京は切っても切れない“マブダチ=親友”の関係だった!?です。

「海ほたる」はなぜ作られた?東京湾アクアライン・謎のトンネルを進む

海ほたる ブラタモリ
ブラタモリスタート地点
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、神奈川県と千葉県を結ぶ、東京湾アクアラインの海ほたるからスタート!

ブラタモリのテーマは、木更津は東京のマブダチ(親友)です。


海ほたる シールドマシン
海ほたる

8台を駆使してトンネル部分を掘削した、世界最大級のシールドマシンのモニュメントです。スカイツリーをデザインした、澄川喜一さんがデザインし、裏側にサインが書かれています。

川崎と木更津を結ぶ東京湾アクアラインの総延長は15.1km。

東京湾を横断するのが東京湾アクアトンネル(約9.5km)、木更津側はアクアブリッジ(約4.4km)となっています。その中継地点が、海ほたるです。


トンネル部分は自動車専用海底トンネルでは世界最長。橋は日本一の長さです。全線をトンネルで結ばなかったのは、なぜなのでしょうか? 

川崎側は海が深く、巨大な船舶が通行するためトンネルが不可欠でした。一方、木更津側は、海が浅く、小さな船舶が行きかう海。環境保護や建設費の節約の観点から、橋となりました。

東京湾アクアラインの川崎から海ほたる間は、2本の自動車専用トンネルから成ります。ブラタモリは第3のトンネルにあたる「謎のトンネル」を訪ねます。


ブラタモリは、謎のトンネルに潜入します。

地下の避難トンネルへの入口

地下の歩行者用避難トンネルです(小型に作られた緊急車両も通れます)。直上にある自動車道から、滑り台方式で避難できるのが、避難スロープです。写真で見ると、避難スロープの奥には、トンネルを掘った巨大なシールドマシンの形状の一部が残されています。

海ほたるは、シールドマシンを入れて掘り始める、立坑(発進・到達の作業基地)だったのです。

番組で使用された案内図です。海ほたるは、トンネルと橋の中継地点です。風の塔は、トンネル内の換気を一手に引き受けます。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

効果強めの機能性表示食品(最初おならが増えます)

富士フイルムの糖質ケアサプリメタバリアEX

江戸時代の絵図を見ながら木更津を町歩き|ブラタモリ木更津

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、木更津の町の中心にある八剱八幡やつるぎはちまん神社(地図)を訪ねます。境内には、海上安全と書かれ、船の名前や漕ぎ手の名前が石に刻まれています。

参道はかなり先まで見渡すことができ、まっすぐ向かうと、海にたどりつきます。ブラタモリは、参道をくだり、江戸時代の絵図を見ながら木更津の町歩きをします。

まず、木更津銀座の看板を見ます。

江戸時代からある弁財天(現在の厳島神社)。水槽で亀を見学します(地図)。

木村屋食堂の先の路地を左に入ります(ルートマップは少し下にあります)。

海に近づくと、石垣が特徴の家があります(地図)。かつて神社から海はすぐそばだったのです。

弁財天(厳島神社)まで戻り、北(JR線に沿う方向)へ向かいます。

海に近づくと、飲み屋さんが残る細い路地があります(上の写真のまん中に「居酒屋さんき」の看板が見え、路地に入れます)。(地図

路地には木更津にちなんだ「おとみ」というスナック?がありました。これは、花街の名残です。海のすぐそばに花街があったのです。

ブラタモリのルート(木更津駅を出発点とした場合)

木更津駅…八剱八幡神社…厳島神社(弁財天)…薬丸病院(向かいに石垣の跡)…スズトヨ画材(路地の入口、「居酒屋さんき」「おとみ」など)…(少し後に出てくる木更津会館はすぐ)

お願い 現在上のエリアは未取材です。「#ブラタモリ木更津」にてtwitterに投稿を頂けると、大変助かります。

木更津港と木更津の町
木更津港と木更津の町

ヒット曲「お富さん」の元になった歌舞伎の名作「切られ与三」に描かれた木更津|ブラタモリ木更津

木更津港 歩行者専用橋
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

歌舞伎の名作「切られ与三」に木更津海岸が登場します。

春日八郎 – お富さん

江戸の雑貨問屋の若旦那与三郎は、気立ての良いいい男。しかし、養子という立場から跡取りを譲ったこともあり、勝手気ままを重ねて勘当され、木更津の知り合いに身を寄せます。

与三郎は、木更津海岸でやくざに囲われていた評判の芸者、お富と出会いお互いに惹かれます。

木更津港 潮干狩り

切られ与三 島津亜矢(動画内のYouTube で見るをクリックすると再生できます)

以降、この美男美女が別れと再会を繰り返す歌舞伎の演目『与話情浮名横櫛よわなさけうきなのよこぐし』は、通称「切られ与三」と呼ばれ、人気があります。「切られ与三」の34か所もの傷は、お富との浮気を知った、ヤクザの赤間源左衛門につけられたものです。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、木更津会館(木更津芸寮組合の事務所)を訪ねます。現役の芸者さんに、「お富さん」を披露してもらいます。

ふたりが出会ったのは木更津、奇跡的に再会したのは江戸。木更津と東京は、江戸時代から結びつきが強かったのです。



江戸が木更津に与えた特権とは!?|ブラタモリ木更津

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

ブラタモリは、仲片町を訪ねます。(主なルート

「片町」の地名の由来は、片方が町、片方が海岸という意味です。片町は海岸沿いだったのです。海岸沿いに敷かれた太い道に垂直となる形で、浜降り道と呼ばれる海につながる道が、多数敷かれていました。

より新しい木更津の絵図を見ると、江戸時代の絵図に比べ海が埋め立てられ、道が増え、さらに栄えています。なぜ江戸時代の木更津は、繁栄を謳歌おうかできたのでしょうか?

葛飾北斎『上總ノ海路』
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

江戸時代、木更津は、江戸と木更津を結ぶ「木更津船」の特権が与えられ、房総半島の生活や文化の中心地になったのです。

  1. 年貢米を江戸に輸送する権利。
  2. 江戸で木更津船の船着場を占有する権利(日本橋と江戸橋のあいだ)。
  3. 江戸と上総・安房の往来者を輸送する権利。

この背景には、大坂の陣で木更津が貢献した恩返しという背景があります。ここに、東京と木更津の固い結びつきが見られます。

千葉県教育委員会

ブラタモリは、慶応2年創業の綱島商店を訪ねます。もとは、神奈川県に住んでいた綱島家が、木更津へ移ってきました。江戸と木更津の間でも、人の交流や移住が多く見られたのです。


東京の名所は木更津の山砂利が支えている!?|ブラタモリ木更津

木更津からみた君津の工場群
とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

東京湾は、京浜・京葉工業地帯、横浜港、羽田空港、アクアラインなどが連なる日本経済の中心地です。これらの埋立地のほとんどは千葉の山砂利で造られているのです!

都庁建設にも、千葉の山砂利が利用されています。

ひぞっこさんより

木更津市、市原市、富津市の山間部には巨大な採掘場が多数設けられており、「山砂利銀座」との異名があるほどです。25種類以上とも言われるれきは、どのようにして集まったのでしょうか?

形が丸いのは川の石の特徴。関東山地の砂が、川に運ばれ、房総半島やってきたのです。60万年前、東京湾はまだ陸地だったため、砂は、東京湾になる場所を通り越し、房総に堆積してゆきました。

露頭を見ると、れきが同じ方向に並んでいます。この場所が波打ち際にあり、波で方向がそろったものです。

荒波の記憶

露頭をさらに詳しく見ると、層によって礫の向きが異なります。これは、波の強さによって、寄せる波または返す波のどちらかの影響を受けるからです。

  • 波が弱い時代 礫と礫のあいだに波が入り込むため、寄せる波の影響を受けて向きが決まる。
  • 波が強い時代 礫と礫のあいだに波が入り込む前に波が返すため、返す波の影響を受けて向きが決まる。

地層は、波の強さを記憶していたのです。

荒波が押し寄せた時代に、壊れやすい弱い礫は砂に返り、建設に向いた丈夫な礫だけが残り、粒ぞろいの優れた砂利が完成したのです。

ブラタモリの再放送・無料視聴は、下のボタンから。

千葉でブラタモリ内容
現地取材 木更津(#179)木更津は東京の“マブダチ”!?
現地取材 館山(#178)房総リゾート・館山はどうできた?
現地取材 銚子(#136)銚子が日本一の漁港になったのは、銚子漁港の存在が欠かせません。その巨額の建築費を稼ぎだした方法は?
現地取材 ちばらき(#135)現在の数倍の霞ヶ浦に、利根川の付け替え。千葉・茨城県境の人たちは、どのように水と生きてきたのでしょうか?
現地取材 浦安・TDL(#58)2つの川が合流したことが、沖の百万坪を誇る魚介のまち・浦安の原点。しかし都市化と公害が浦安を襲います。

ブラタモリ公式サイト



コメントをどうぞ(情報ご提供、旅行相談など)

タイトルとURLをコピーしました