【ブラタモリ旭川編】全ルートを写真で紹介!~地形・穴場観光地から再放送まで~ #119

NHK番組のブラタモリ旭川編で、旭川の地形・歴史を踏まえた、穴場観光地を含むルートが紹介されました。この記事では、ブラタモリ旭川編の全ルートを、写真やアクセスなどの情報とともに紹介します。再放送予定も掲載。


とらべるじゃーな!へお越しいただきありがとうございます!


ブラタモリ公式サイト



北海道でブラタモリ内容
網走編(#167)網走刑務所がなぜ理想の刑務所なのか、なぜ網走に建てられたのかなどを扱います。 網走は他の点でも理想的?
釧路湿原編(#141)湿原は時間が経てば必ず、森林化してします。山手線がすっぽり収まる日本最大の釧路湿原は、なぜ湿原のまま?
旭川編(#119)熊も出る大原野から、北海道第2の都市に登りつめた旭川。背景に、屯田兵や、石狩川周辺の地質がありました。
富良野編(#118)北海道の奥地にある丘陵に、開拓の波がたどり着くまでに30年。開拓途中には、十勝岳の噴火に襲われました。
室蘭編(#91)天然の良港である室蘭は、火山のはたらきを背景に持ちます。名所・地球岬や砂鉄の存在から、謎を解きます。
洞爺湖編(#89)中島が美しい洞爺湖は、最大水深180m。しかし、水深1m前後の場所があるのはなぜなのでしょうか?
知床編(#55)ゴジラ岩や断崖絶壁で知られる知床半島を形づくったのは、火山。ヒグマだらけの海岸線を、船で見てゆきます。
小樽編(#23)札幌を超える規模を誇った小樽は、戦後に一気に衰退。タモリさん「どうせ衰退するなら急速冷凍のほうが良い」。
札幌編(#22)明治2年まで7人しか人がいなかった札幌。どのようにして200万都市に発展したのでしょうか。
函館編(#7,8)青函トンネル、そして懐かしの青函連絡船に加え、函館の夜景が美しい理由をブラタモリ流に解き明かします。

旭川とは:ブラタモリ旭川

ブラタモリは旭川駅からスタート。


駅前の商店街(平和通買物公園)を歩きます。ブラタモ旭川編のテーマは、旭川は北のトップランナー。例えば、旭川駅前の商店街(買い物公園)は、昭和44年に誕生した、日本初の歩行者天国です。旭山動物園の先進的な取り組みも知られています。

旭川は、熊も出るような大原野から、北海道第2の都市に上りつめた場所。その背景には、屯田兵の活躍や、石狩川周辺の地質の特質がありました。


屯田兵が発明した、たこ足:ブラタモリ旭川

ブラタモリは、旭川始まりの地のひとつ、東旭川を訪ねます。周囲には、田園が広がっています。

  • アクセス:東旭川駅から徒歩25分

古い絵と説明文を確認すると、明治の中ごろまで、笹と木広がりクマが生息していたことがわかります。自然に水が入ってはける、緩やかな傾斜が稲作に好都合で、自然の用水ともいえる川が多数流れていた東旭川には、明治時代に屯田兵(志願兵)が送り込まれました。

ブラタモリが見学したのは、地図の出発点(〇印)の東側です。傾斜地に作られた水田には、段差が見られます。


なぜ屯田兵が移り住んだのか?

ブラタモリは、明治24年に建てられた、屯田兵が暮らしていたお宅を訪ねます(地図印、一般非公開)。マイナス40度を記録したこともある旭川の地にはふさわしくない、簡素な住宅です。床下には寒さを防ぐために石がぎっしり。中に入ると、すきま風を防ぐために、紙が貼ってあります。

なぜ志願兵である屯田兵は、この地を選んだのでしょうか?

屯田兵宅の間口(道路際の赤と白のポールが目印)を確認すると、非常に広く、奥行きはさらにその5倍(270m)ありました。この条件を目当てに、多くの屯田兵が家族単位で移住してきました。

たこ足で直播きが効率よく

北海道の稲作は、苗を植えても育たない環境のため、直播が求められます。屯田兵は、この厳しい環境に適応した道具を開発しました。たこ足です。1度に16カ所にタネを直播きすることができます。

とらべるじゃーな!
とらべるじゃーな!

効果強めの機能性表示食品(最初おならが増えます)

富士フイルムの糖質ケアサプリメタバリアEX

神居古潭(カムイコタン):ブラタモリ旭川

ブラタモリは、石狩川沿いの景勝地として旭川の観光名所となっている、神居古潭(カムイコタン)を訪ねます。鋭い崖が川に迫る絶景です。

旭川と札幌の間には険しい山地があります。多くの川の流れがここに集まり、山地に突破口を開けたのが、神居古潭でした。

  • アクセス:旭川駅前から、バスで30分。神居古潭下車。

両岸にある険しい山々の成り立ち

北海道は2つのプレートがぶつかり、中央に険しい山脈が形成されています。なぜ、神居古潭が破られたのでしょうか?

ブラタモリは、蛇紋岩を発見します。一見固そうですが、手で崩れる柔らかい石です。険しい山脈に阻まれた石狩川の水は、蛇紋岩を探し当て、切り崩してきました。蛇紋岩の存在が、石狩川を貫通に導いたのです。

旧・神居古潭駅:ブラタモリ旭川

ブラタモリは、旧神居古潭駅を訪ねます。札幌と旭川を結ぶ鉄道も、この地を通ります。崩れやすい蛇紋岩は難工事を招きましたが、これを克服し、旭川に鉄道が開通しました。

  • アクセス:神居古潭の向かい


旭橋と常磐公園:ブラタモリ旭川

ブラタモリは、旭川市街を流れる石狩川にかかる、旭橋を訪ねます。橋を渡ったあと、常磐公園の印付近で、ある建物の痕跡を発見しました。

  • アクセス:旭川駅からバスで6分。本町下車。

旭橋は、市街地と元軍用地を結ぶ橋

旭橋は、川を挟んで南側と北側の市街地を結ぶ、重要な橋です。

48万本ものリベットを使い、屈強な橋になっています。これは軍需に備えたものです。橋の北側には、陸軍第7師団の広大な軍用地があったのです。橋の南側は、軍の需要を見込んで、商人が移り住んできました。

常磐公園にある料亭の痕跡

ブラタモリは、旭橋に近い、常磐公園を訪ねます。大正5年に軍の要求で開園しました。公園内には、料亭があった名残があります(地図印付近)。和楽と呼ばれた、社交と遊びの場所でした。

ブラタモリは、埼玉県大宮でも、料亭の痕跡のある大宮公園を訪ねています。


旭山動物園:ブラタモリ旭川

出典:はむの備忘録

ブラタモリは、行動展示で知られる旭山動物園を訪ねます。旭山動物園は、旭山という山にあります。

出典:はむの備忘録

ブラタモリは、斜面を生かして、地上と水中の両方で見学できるように設計した、アザラシ館を訪ねます。アザラシは、水中で暮らす生き物です。ガラスの柱を上下に垂直に泳ぐなどの行動をします。これを行動展示と呼びます。

旭山動物園は、このように地形を生かした改修を行い、低予算で赤字経営からの回復を果たしています。

出典:はむの備忘録

放送からはカットされましたが、タモリさんはホッキョクグマを見学しています。

旭山動物園の、最新の11月の映像は、北海道の写真家さんのブログ、はむの備忘録(旭山動物園の冬季開園がスタート! キリンの赤ちゃんなどを観賞しました!)に詳しく掲載されています。

北海道でブラタモリ

伊豆天城越え編の現地取材を済ませました

【ブラタモリ伊豆・天城越え編】伊豆・天城の歴史・地形・観光ルートまとめ #104

コメントをどうぞ(情報ご提供、旅行相談など)

タイトルとURLをコピーしました