神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

【個人で取材】稲取の観光・ランチ・日帰り温泉ランキングを書きました!

更新日:


年間50泊の旅行マニアが、個人で稲取へ旅行し、稲取温泉のおすすめ観光スポットランキングを書きました! まとめやライターに依頼した記事ではありません。定番を押さえつつ、穴場をしっかり紹介する個人ブログです。ランチ、日帰り温泉も紹介。

関連記事

【現地取材】伊豆下田のおすすめ観光スポットランキングを書きました!

ポイント

東伊豆町には、大川、北川、熱川、片瀬、白田、稲取の6つの温泉があります。稲取は、東伊豆で最大規模の温泉地です。ただし、古い住宅地+海沿いに大きな旅館が立ち並ぶ雰囲気で、歓楽街的な魅力では熱川温泉が上回ります。

温泉アクセス特徴旅館泉質共同浴場
大川伊豆大川駅すぐ海沿いの静かな漁師町4軒塩化物泉、硫酸塩泉あり(海沿い)
北川伊豆北川駅すぐ海沿い、そこそこの規模。吉祥亭が代表格。9軒塩化物泉、硫酸塩泉黒根岩風呂
熱川伊豆熱川駅すぐ海沿いに温泉街(歓楽街)。電車からも見える温泉井が特徴。19軒含芒硝弱食塩泉高磯の湯、立ち寄り湯多数
片瀬伊豆熱川・片瀬白田駅の中間海沿いの道路に旅館が数軒。数軒弱食塩泉片瀬館ひいなは立ち寄りあり(多客期除く)
白田片瀬白田駅川沿いの内陸部にある異色の温泉。10数軒食塩泉
稲取伊豆稲取駅徒歩20分海沿いに大きな旅館が立ち並ぶ。30数軒硫酸塩泉記事内で紹介

稲取1位 稲取温泉のまち

稲取温泉は、伊豆東海岸に突き出た、小さな半島部にあります。伊豆稲取駅から、稲取港を通り、海岸へ出ます。右に曲がるとウキウキビーチがあり、そこが稲取温泉の中心部です(駅から徒歩約20分)。

なお、高台を走る135号線(東伊豆道路)からは海岸線に出にくくなります。駅から徒歩で向かう場合、必ず市街地を歩きます。

稲取温泉

稲取港の様子です。稲取温泉の温泉街は寂れてきており、現在は大手の温泉旅館で持っている形です。

済広寺(かやの寺)足湯、海岸線、朝市(土日祝日のみ)くらいしか見どころはなく、早めに旅館に入り、観光は下田や、周辺の観光地、動物園などへ向かう形がおすすめです。


旅行や外出の前に、旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!をお読みください。

稲取2位 港の朝市

港の朝市

駅周辺や温泉街に見どころが少ない稲取温泉のなかで、人気を上げているのが港の朝市です。土日休日、朝8時から12時に開催の、観光向け朝市。11時を過ぎると店じまいするお店もあるため、11時までの訪問がおすすめです。

写真右奥に見える、キンメダイの釜飯を食べられるお店は特に人気があります。

稲取温泉 ところポンチ

港の朝市の締めのデザートには、トコロテンを使ったトコロポンチがおすすめです。

稲取3位 ホテルの展望露天風呂

立ち寄り可能 稲取 東海ホテル湯苑

稲取 東海ホテル湯苑
公式サイト(稲取 東海ホテル湯苑)

稲取 東海ホテル湯苑の5階・展望露天風呂は、稲取温泉でも有数の人気です。立ち寄り湯も行っています。ウキウキビーチの近く。

稲取 東海ホテル湯苑を楽天トラベルで見る 稲取 東海ホテル湯苑をじゃらんで見る

立ち寄り可能 石花海(せのうみ)

石花海(せのうみ)
公式サイト(石花海)

石花海(せのうみ)の展望露天風呂も人気があります。朝の時間も、立ち寄り湯が可能な珍しい旅館です。ウキウキビーチの近く。

石花海(せのうみ)を楽天トラベルで見る 石花海(せのうみ)をじゃらんで見る

宿泊なら 浜の湯

浜の湯
公式サイト(浜の湯)

稲取温泉・浜ノ湯は、宿泊のみですが、展望露天風呂があります。2016年にリニューアルしたばかりで、おしゃれな雰囲気の露天風呂が特徴です。ウキウキビーチの近くではなく、半島の先端部にあります。

浜ノ湯を楽天トラベルで見る 浜ノ湯をじゃらんで見る

稲取4位 注目の新旅館・竜宮の使い

竜宮の使い

伊豆稲取で現在注目されているのは、2018年にリニューアルオープンした旅館・竜宮の使いです。古くなった海沿いの宿泊施設を、デザイナーズホテル風にイノベーションしたものです。

姉妹サイトに宿泊レポートがあります。

【宿泊レポート】伊豆稲取温泉・竜宮の使いは、かけ流しとバイキングがすごくてまだ予約可能!!

竜宮の使い

客室は全て海が見えるデザイナーズルーム。畳にベッドの新発想は、想像以上に落ち着きます。大浴場は、露天風呂はありませんが、海が見え、窓も開けられます。

竜宮の使い

竜宮の使いの注目は、バイキング。シェフが串揚げなどを揚げたてでサーブするほか、刺身の別皿もつきました(取材時)。宿泊費は、驚きの安さです。

竜宮の使いを楽天トラベルで見る

竜宮の使いをじゃらんで見る

稲取5位 高磯の湯

稲取 観光・ランチ・日帰り温泉ランキングでは、稲取駅からの徒歩圏を中心に、2駅北の伊豆熱川駅周辺、2駅南の河津駅周辺までを、範囲としています。

伊豆熱川駅から徒歩15分の場所にある、高磯の湯は、太平洋を望む露天風呂です。上のツイートでは右側の写真です。メリットは、駅から歩け、脱衣所などが整備された大型の施設であること。デメリットは、海面からの高さが少しあり、湯船に座ると海が見えないことです。

一方、ライバルの黒根岩風呂は、この記事のエリアからは外れる、伊豆北川駅を利用します。伊豆北川駅から、北川温泉まで路線バスで移動し少し歩きます。デメリットは、交通の便が悪いことと、脱衣所などが簡素である点。メリットは、海面からの高さが低く、寝転がっても太平洋が見えることです。

稲取6位 金目鯛が出る料理旅館

稲取は、伊豆急が開通するまでは、農業と漁業で成り立つ陸の孤島でした。さらに歴史をさかのぼると、伊豆石の生産で栄えた時期もあります。伊豆急開通後も、小さな旅館が多く、料理の良さでお客を集めていた歴史があります。そのため、現在でも、温泉大浴場よりも料理を売りにする小旅館が残っています。

磯膳 まえだ苑

磯膳 まえだ苑
公式サイト(磯膳 まえだ苑)

その1つが、磯膳 まえだ苑です。金目鯛はじめ、伊豆稲取港で水揚げされた魚介類が並びます。

公式サイト(磯膳 まえだ苑)

金目鯛のしゃぶしゃぶは、なかなかお目にかかることのない料理です。磯膳 まえだ苑では、料理旅館にしては珍しく、屋上に露天風呂を設置し、部屋の改装も進んでいます。

磯膳 まえだ苑を楽天トラベルで見る

磯膳 まえだ苑をじゃらんで見る

稲取7位 雛のつるし飾りまつり

伊豆稲取で、近年取り組まれているのが、雛(ひな)のつるし飾りまつりです。もともと、稲取には、高価な雛飾りを買えないご家庭で、雛のつるし飾りを作る習慣がありました。この習慣は一時期廃れましたが、現在地元の協力で復活し、伊豆稲取駅にも、雛のつるし飾りが飾られています。

稲取8位 済広寺(かやの寺)

済広寺(かやの寺)

済広寺(かやの寺)は、伊豆稲取駅近くにあるお寺です。徒歩で、朝市、足湯、海岸に向かうときの通り道となる場所です。

済広寺(かやの寺)

済広寺(かやの寺)は、小さなお寺ですが、仏像、お地蔵さまなどがとても印象的です。さらに、地下にある参拝ルート(不動消災の道)には、アッと驚くしかけがあります。住職に声をかけ、少額のお布施を収めると、地下に案内されます。

不動消災の道

不動消災の道への入口です!

稲取9位 動物園銀座

伊豆稲取周辺には、3つの動物園があります。もっとも便利で有名なのが、熱川バナナワニ園ですが、新設された体感型動物園 iZooも含め、好みで選びます。

熱川バナナワニ園

熱川バナナワニ園

熱川バナナワニ園は、温泉の熱を利用して、熱帯の動植物を管理しています。

体感型動物園 iZoo

体感型動物園 iZooは、爬虫類・両生類に直接触れることを売りにした新しい動物園です。熱川バナナワニ園との違いは、直接触れることですが、ヘビ、トカゲなどもおり、苦手な人は難しいかも知れません。

伊豆アニマルキングダム

伊豆アニマルキングダム

伊豆アニマルキングダムは、上の2つの動物園に比べ、典型的な動物園で誰でも安心して訪ねられます。欠点は駅から遠く、伊豆らしさはあまり感じられないことです。しかし、2010年にリニューアルされ、ホワイトタイガーを間近に見られるレストランなど、工夫が増えました。

稲取10位 安全度が高い稲取ウキウキビーチ

稲取ウキウキビーチ

稲取ウキウキビーチは、稲取温泉の海水浴場です。海水浴場は、岩で囲まれており、深さや波の高さが安定しており、子ども連れでも安心です。なお、海中も含め砂浜ではなく岩場ですので、脱げにくいサンダルなどが必須。引き潮の時間帯は、泳げるような深さはなく、水遊びのイメージです。

東伊豆海岸の景色が良く、水質が良いため水中メガネ持参の人も多く見られます。堤防の上には、デッキつきの貸しパラソルがあり、電車での訪問も便利。すぐそばにプールもあります。夏休みでも、午前中に到着すれば、比較的すいています。

稲取11位 果樹園銀座

東伊豆は果樹園銀座といえる場所で、とくにみかんの栽培が盛んです。近年注目されているのは、ニューサマーオレンジです。稲取周辺の果樹園では、収穫体験農園 ふたつぼりが便利です。

なお、クルマでしか訪ねられませんが、JA伊豆太陽みかんワイナリーは、珍しい、みかんやニューサマーオレンジのワインを扱っています(伊豆稲取駅からタクシーで7分)。


稲取12位 特急踊り子の名撮影地

特急踊り子の名撮影地

伊豆稲取駅を出て右に向かうと、高台があります。高台からは、海を背景に伊豆稲取駅付近を写真に収めることができます。特急踊り子号の車両は、2種類とも老朽化し、入れ替えが決まっていますので、貴重な写真が撮影できます。

稲取を訪問したあとは、下田へ向かう人が多くいます。稲取とは異なる魅力がありおすすめです。

関連記事

【現地取材】伊豆下田を訪問し おすすめ観光スポットランキングを書きました!

旅行まで2週間 見た目と写真写りを良くする裏ワザ!

関連記事(一部広告を含む)

-神奈川・静岡・山梨(ランチ・観光)

Copyright© トラベルジャーナ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.